プログラム資料はこちら

  • 開始時期: 毎4週間
  • 期間: 1年間(6+6)〜
  • 年齢条件: 高校卒業以上
  • 英語レベル条件: TOEFL508点、IELTS5.0又はTOEIC700点以上 (TOEICの場合エッセイ、インタビュー要)
  • 滞在タイプ: ホームステイ
  • ビザの種類: 学生ビザ+Coopインターンシップビザ
学校名: Arbutus College
住所: 473 West Hastings Street,Vancouver, BC V6B 1L4Canada
平井 良江
平井 良江
students-in-classroom

Arbutus Collegeは、ビジネストレーニングとコミュニケーション能力を組み合わせた、独自のプログラムを提供する私立のビジネス専門学校。
専門分野での資格取得を目的とした生徒のほとんどが、卒業後に学んだスキルを活かし国際社会で活躍している。また、バンクーバーでは唯一日本語−英語の翻訳通訳コースも受講する事ができる。学校の規模もあまり大きくはない為、生徒同士、また生徒と先生の間で交流が多く持てる学校。
ビジネスマネージメント、国際貿易、通訳翻 訳など幅広いプログラムと、インターンシップも扱っているので、キャリアアップ留学や、仕事の 選択の幅を広げたい方にお勧め。
また、ビジネス・マネージメントや、ホテル・マネージメントでは、それぞれ CIMやAH&LAと言った国際的に認識されている資格が取得できるだけではなく、提携大学への編入も可能。最初の2年を当校で勉強し、最後の1年をRoyal Roads大学、あるいはUniversity Canada West大学で勉強することで、通常4年かかる大学学位が3年で取得可能。

学生はビジネス科目の他、実際にビジネスをするうえで欠かせないコミュニケーション能力やコンピューター技術を中心に学びます。
Arbutusは学術的でプロフェッショナルなビジネス課程に加え、学生にとって英語でのコミュニケーション能力が十分に養えるようカリキュラムが構成されています。
経験豊富で現在もビジネスの専門家として活躍する教師陣はもちろん、丹念に制作されたプログラムによって学生が満足できるような環境を提供しています。

コース種類

IELTS-class
【ビジネスプログラム】
●Marketing/マーケティング
●International Trade/国際貿易(FITT資格取得)
●Business Management/経営管理
●Hospitality Management/ホスピタリティ マネージメント
●Office Administration/事務・秘書

【その他プログラム】
●Translation & Interpretation/翻訳・通訳

人気コース

●Translation & Interpretation/翻訳・通訳

年々、スキルアップを目的とした留学希望者が増えていますが、実際に留学を就職に活かせていない方も多く見受けられます。
最大の理由として挙げられるのが、ビジネスで使える英語を習得していないと言うことです。
そこでArbutusでは、専門知識(翻訳・通訳)+コミュニケーション(ビジネス英語)がバランスよく学べる独自のカリキュラムを提供しています。
翻訳・通訳コースでは、英語、日本語の向上にとどまらず、状況に応じた翻訳・通訳テクニックから、翻訳・通訳者の心得までを経験豊かな講師より学んでいただきます。

更に、大学へのトランスファーコースもあり、Diplomaを取得した学生は、ロイヤルローズ大学への2年分の単位移行が認められています。

●Business Management/ビジネスマネージメント

ビジネスがグローバル化している今日、英語による高いコミュニケーション能力が必要になっています。また、ビジネスマネージメント・組織の仕組みや運営、管理を知ることはビジネスパーソンにとって欠かせないビジネスの知識。このプログラムでは、カスタマーサービス、職場のチームワーク、そこに必要となる高いコミュニケーション能力を身に付けるカリキュラムが提供されています。講師軍は銀行や国際貿易、製造、小売業界等で経験があるビジネスのプロたち。
「実践で使える知識」を身につけることを目的といるコースですので、企業研修も充実しています。ビジネスマネジメントプログラムは全部で12コースありますが、そのうち6つのプログラムで企業研修を実施しています。
コース期間は、2ヶ月~32ヵ月となっており、学生たちが自由に選べるようになっています。

Coopプログラムについて

Social-program-SC-birthday

学生のための就労ビザであり、有給でのインターンシップが可能になります。
Co-opビザを取得するには、学生ビザを持っていることが申請する条件であり、就労は学生ビザ期間の50%以下、また学習時間より就労時間が上回らないことがルールとして決まっています。つまり1年間コースの場合は、最長6ヵ月間のインターンシップ(基本有給)ができることになります。
Co-opは学校のプログラムの一部として実務経験をするためのビザですので、本来は就労目的のビザではありません。Co-opビザでの実習は、学校のプログラムに必要不可欠な内容であることが推奨されています。実習先や実習内容については学校からの承認が必要な為、インターンシップ先のサポートは学校が行ってくれることが多く、学生は学校のサポートの元、現地でインターンシップ先を探すことができます。

学校公式You Tubeリンク