2016.04.28 ブログ

海外留学中に「できるだけ多くの現地人の友達を作りたい」、しかし、「海外でどうやって探せば良いのかわからない」という相談をよく受けます。
現地人の友達をつくるのは意外に難しい!?いいえ、そんなことはありません。
友達は向こうからやっては来ません!友達をたくさん作るには自分自身の行動あるのみです。どんな方法があるのかを紹介します!

 ボランティア

ボランティアに参加する

海外では日本よりもボランティア活動が活発です。現地の人々は日常的に仕事の休みや学校の休暇を利用してボランティアに参加しています。そのためボランティア先ではボランティア団体の職員だけでなく、一般の現地人の人々と出会う機会があります。国籍も、バックグラウンドも、言葉も超えて、みんなで協力し合って一つのことを成し遂げる経験を通して、現地の人々と交流を図ることができます。英語を使って自然に現地の人々と交流を測るのにはボランティアがよいでしょう。

キャリアエクスチェンジでは様々なボランティアプログラムがあります。現地に行ってから自分で見つけるのは自信がない、という方は是非ご利用ください。

 NPOボランティア

大学の社会人向けコースを受講する

アメリカやイギリスなど欧米では社会人になってからも引き続き勉強するのが当たり前。より良いキャリアを求めて仕事が終わってから社会人向けのコース(Continuing Studies)受講のために近隣のカレッジなどに通っています。クラスメートとして現地の社会人の人々と交流を持つことができ、ビジネスネットワークを広げることができます。また自分が興味のある分野、仕事で必要となるスキルを英語で学べますので、英語環境で専門分野を学ぶ留学を希望される方には最適です。

キャリアエクスチェンジでは現地の社会人と一緒に学ぶことができる社会人向けコースの手配が可能です。

 カナダビジネス留学 講義

Meetupを利用する

Meetup (ミートアップ)を知っていますか?
ニューヨークで生まれたプラットフォームサービス、現在世界中で2,500万人以上が参加しています。共通の地域や興味に関するコミュニティを簡単に始めたり運営することを可能にしたサービスです。自分の住んでいるエリア、興味のあるキーワードを入れて検索すると、交流会の情報が一覧で出てきます。
「Language Exchange」とキーワードを入れると、外国人と言葉の交流を持ちたいコミュニティーの案内が出てきます。「日本語」限定の交流会もあります。
または自分の興味のあること、例えばサッカーが好きならばサッカーチームの部員募集、アニメが好きならばアニメを語り合う交流会の募集などなど、様々な分野で交流会の情報が出てきます。自分と同じ年代や、同じ職業で、友達を探すこともできます。
共通のコンテンツがあることで話が弾みやすく、英語力を気にせずに話ができるのが良いところです。同じ趣味を持った現地の人々と交流したい、日本に興味がある現地の人々と交流したい、という希望をお持ちの方には最適です。

Dollarphotoclub_26209413

1年くらいの長期留学であっても、あっという間に時間は過ぎ去っていきます。英語に自信がない、何を話して良いかわからない、なんてネガティブなことは考えないで、様々な機会やツールを利用して、どんどん現地の人と会うようにしていきましょう。
現地人の友達ができると、留学が俄然面白くなってきます。英語を話す時間も増えます。せっかく海外留学のチャンスを得たのですから、最大限に現地にいる強みを利用しましょう。