【最新】アメリカNY・LAダンス留学再開情報

2021.04.09 ブログ

アメリカでは多くの語学学校・カレッジがすでに再開していて、現在、短期留学・長期留学いずれも参加可能となっており、徐々に出発される日本人留学生も多くなってきました。留学先の都市によって多少の違いはありますが、ハイブリットコースといわれる、対面授業とオンライン授業がミックスされた時間割で開講されています。

そんな中、なかなか再開されなかったのが、エンタメ系留学プログラムです。特にダンス留学はオンラインレッスンに限界があることから、対面での完全再開が待たれていました。しかし、ワクチン接種が進んでいるアメリカでは、オンサイトでのダンスレッスンがどんどん再開してきています。

今回はアメリカ・ロサンゼルス及びニューヨークのダンス留学の最新再開情報をご案内いたします。

ニューヨーク

BDC ブロードウェイダンスセンター

2021年4月現在、全てのレッスンはオンラインでの提供となっています。
完全再開時期は10月を予定しています。現在下記開始日の願書を受け付けています。
2021年10月4日
2022年1月24日
2022年4月4日

Peridance Center ペリダンスセンター

2021年4月現在、ハイブリッドコースの提供をしています。留学可能です。

Steps on Broadway ステップスオンブロードウェイ

2021年4月現在、全てのレッスンはオンラインでの提供となっています。しかし5月より少しずつスタジオでの対面レッスンを再開していくとのこと。
学生ビザ留学生プログラムの受入は、2021年9月開始より再開します。
Stepsは毎月1日に開始日が設定されています。

ロサンゼルス

Millennium Dance Complex ミレニアム

2021年4月1日よりスタジオでのレッスンが再開されました。

Edge Performing Dance Studio エッジ

対面授業再開予定なし(2022年にNohoで新たにスタジオ再開予定)

Playground LA  プレイグラウンド

対面授業再開予定なし

Movement Lifestyle  ムーブメントライフスタイル

完全クローズ

2021年5月からブロードウェイミュージカルが再開します。そして9月のシーズンオープニングには、完全再開するということで、チケットが発売される予定になっています。人気の演目は今からプラチナチケットになるのでは?と言われています。

2020年にダンス留学に出発できなかった方がたくさんいらっしゃるとおもいます。2021年ダンス留学は再開されていますので、ご興味がある方は是非キャリアエクスチェンジまでお問い合わせください。

2022年1月再開|2週間の超短期留学でビジネス修了証を取得!

2021.03.23 ブログ

すでに2022年に留学を検討されている方に!!世界に展開する語学学校スタッフォードハウスの本格的なビジネスプログラムは、これまでの4週間ビジネス修了証取得プログラムに加え、2週間の超短期で修了できる新しいプログラムが登場します!

2022年1月からスタッフォードハウスの、イギリス・ロンドン、カナダ・トロントおよびカルガリーのキャンパスで受講できるようになります。

英語に自信がない方は英語を学んだあとにビジネスを学ぶこともできますし、英語スキルが十分ある方はビジネス修了証取得プログラムだけの受講も可能です。忙しいビジネスパーソンや、学生の方に最適な留学プランです。

このプログラムは、3つのビジネス専攻があり各2週間または4週間で修了できます。すべての専攻を受講する場合は最短6週間です。
マーケティング
プロジェクト管理
ビジネス管理

スタッフォードハウスのビジネス修了証取得プログラムは、講義スタイルの授業、プロジェクトベースの課題を特徴としており、留学生にユニークな学習体験を提供し、ビジネススキルを向上させ、キャリアアップに有効です。

2週間のビジネス修了証取得プログラムは、業界で経験豊富な教師による授業、現地企業訪問、ネットワーキングイベント、ゲストスピーカーなど、4週間のコースと同様の内容を提供します。

2021年、ビジネス修了証取得プログラムはすべてオンライン開講となっています。対面授業でのプログラム再開は2022年1月からとなります。

2021年カナダワーホリ募集開始

2021.03.03 ブログ

2020年はコロナの影響でワーホリの許可証を持っていても渡航できなかった人、またワーホリのInvitationを待ったまま申請が終了してしまったという方も多くいらっしゃると思います。

2021年もワーホリ申請自体行われないのではないかと予測していましたが、2021年3月1日より事前登録が開始しました!!ただ、今年も色々条件があるようですのでご案内いたします。

CICウェブサイト参照

Japan — Working Holiday

Quota: 6500
First round of invitations: To be announced
Final round of invitations: To be announced
Invitations issued to date: Not applicable
Spots available: 6500
Candidates in the pool: 0

募集人数は例年と変わらず6500人となります。

2021年度申請に追加された新たな条件

①ジョブオファーを持っていること
こちらは許可証が取れてからではなくワーホリビザの本申請の時点、ビザも入国時期も何も決まっていない状態でジョブオファーを入手しなければなりません。

Point!

キャリアエクスチェンジでは、トロントエリアにてジョブオファーのお手配代行を行っております。ご興味のある方はお問い合わせくださいませ。

②入国後すぐに仕事を開始すること
通常ワーホリだと最初の数か月語学学校に通い慣れたころにアルバイトを開始するパターンが多いと思いますが、今年は入国後すぐ仕事を開始する必要があります。ただ、開始時期については指定がありますが勤務時間や勤務期間の制限が設けられているわけではありませんし、飲食店であれば夕方から夜のシフトになれば日中語学学校には通うことが可能です。

カナダ語学学校情報は以下をご参照くださいませ。

トロント語学学校一覧

バンクーバー語学学校一覧

カナダ入国規制のアップデート~政府指定ホテル~

2021.03.04 ブログ

~~~~2021年3月4日追記~~~~~

政府指定ホテルリスト(バンクーバー・2021年3月4日時点)

【重要】
ルームタイプはgovernment-authorized accommodation GAAを必ず選択してください。返金不可となっておりますので、予約の際に日程や人数の設定など注意が必要となります。

未成年の方の単独渡航に関しまして

未成年の単独渡航(Unaccompanied Minor)に関しましては多くの情報が未発表になっておりますが、現時点で確認がとれている事をご案内します。
*Exemptions from hotel stopover
https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection/latest-travel-health-advice/mandatory-hotel-stay-air-travellers.html#a4
*Exemptions from arrival testing at the airport
https://travel.gc.ca/travel-covid/travel-restrictions/flying/covid-19-testing-travellers-coming-into-canada

【未成年の定義に関しまして】

政府が提供するCOVID-19 Information Service(1-833-784-4397)からの情報によると未成年の定義は17歳以下とされておりますが、2月26日にCanadian Association of Public Schools-International(128のカナダの学区と教育委員会から成り立つ非営利団体)によって発表された内容によりますと、Minorの定義に関しては国際線にて降り立った州の規定を起用して行われるとの事でした。
https://caps-i.ca/covid-19-update/
そのため政府指定のホテル滞在免除はBC州の場合は18歳以下、その他の州の場合の到着(AB州、ON州、QC州)は17歳以下となります。

ただ、現地スタッフが政府指定ホテルに18歳の場合のホテル滞在に関して直接電話で確認を行ったところ、18歳は未成年の為滞在が出来ないとの案内を受けました。通常、連邦政府による未成年の規定は17歳以下となります。ただ、今回の規制に関してはホテルサイドの法律規定もあり、18歳がホテル滞在が出来ないとの問題が発生してしまいます。
そのため、連邦政府が施行する規制であっても州の年齢の定義が特例として認められるのではないかと思います。(COVID-19の渡航制限に関する規制の場合、連邦政府と州政府の規制に差異がある際は厳しい規制が適用となります。)https://travel.gc.ca/travel-covid/travel-restrictions/provinces

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2021年2月現在カナダでは、入国規制が行われております。PCRの陰性証明書持参をはじめ現在はカナダの空港でPCR検査を受け、結果が出るまで政府指定のホテル滞在が義務付けられました。この規制は2月のはじめに発表されておりましたが、政府指定のホテルリストやその他詳細が未発表のままでした。

本日は、自己隔離のホテルに関する新たな情報が入ってまいりましたので、ご案内いたします。
しかし、本日の発表は非常に内容の限られたものとなっており、多くの詳細がまだわからない状態となっております。限られた情報の中での案内になりますが少しでもご参考頂ければと思います。
こちらは2021年2月20日現在の情報となり今後変更となる可能性がありますので、近々渡航を予定されている方は、必ず最新情報をご確認ください!

政府指定の自己隔離ホテル

※政府指定自己隔離ホテルリストは以下サイトをご参照ください。

【バンクーバー】
Westin Wall Centre Vancouver Airport

【トロント】
Alt Hotel Pearson Airport
Four Points by Sheraton and Element Toronto Airport
Holiday Inn Toronto International Airport
Sheraton Gateway Hotel in Toronto International Airport
*ホテルは現在非常に限られた数の施設となっておりますが、今後増やされる予定のようです。

*現在、国際便の発着はバンクーバー、トロント、カルガリー、モントリオール、4都市の空港になっており、到着した都市の政府指定ホテルにて、テスト結果がわかるまで自己隔離を行う必要があります。
その為、ビクトリアでご就学をされる学生さんは、バンクーバーの政府指定ホテルにて隔離を行う形となります。

政府指定自己隔離ホテル手配方法

現在は電話でのみ予約が可能となります。
1-800-294-8253.
(通常の予約が可能なのは午前9時~午後10時(Eastern Time)の間となっており、24時間以内に渡航を予定している方のみ緊急予約として時間外でも予約が取れるようです)

ホテルの予約時に必要な情報

●渡航者の名前
●生年月日
●到着地・到着日
●お支払い方法
●スペシャルリクエスト
●ペット情報
*恐らく今後はオンラインでも予約が可能になるのではないかと思いますが、現在の所は電話のみです。

注意点) 現在の所、滞在費用の公表がされておらず、確認が取れておりません。

未成年の学生さんの場合

未成年の学生さんの場合、通常お一人でのホテル滞在はできない形となります。
未成年の学生さんが政府指定のホテルに滞在の必要があるかは、現在確認を取っております。

カナダ渡航に関する流れ

※空路入国の流れについてはこちらの資料をご参照ください。

【カナダ入国後のテスト】
到着後、まず空港で、その後自己隔離中にテストを行います。

空港でのテスト
YVR:
空港でテストが行われる旨の記載がります。
(費用等の詳細に関しての記載はまだございません。)

YYZ:下記のリンクより空港でのテストに関しての詳しい情報がご確認頂けます。
(費用に関しましては無料との記載があります。)

自己隔離中お家でのテスト
空港で渡されるテストキットを使用し行われるとのことです。詳しい詳細は分かっておりません。

政府指定ホテル滞在中の詳細

下記のリンクより、政府指定自己隔離ホテル滞在中の規則やその他の詳細をご確認頂けます。

 

【カナダ入国関する過去のブログ記事】

カナダ留学についてのお問い合わせはキャリアエクスチェンジまでお問い合わせくださいませ。

キャリアエクスチェンジYoutubeチャンネルを開設しました!SNSもぜひフォローお願いいたします!

キャリアエクスチェンジ公式LINEアカウントを開設いたしました!是非友達追加をお願い致します!

ニューヨークCUNYバルークカレッジ付属英語学校最新情報

2021.02.16 ブログ

ニューヨークの現在の気候は冬!気温は0度~-10度になる日もあり、大雪に見舞われる日もあります。雪が降るとセントラルパークなど近場の公園で雪遊びをする人がたくさんいて、寒い冬を楽しく過ごすニューヨーカーに出会うことができます。

そんなニューヨークではワクチン接種が拡大しています。決められた優先順位によって、国籍に関係なくワクチンを受けられるようになっています。ニューヨークでは、もうすぐ元通りの日常が戻ってくるという期待感でいっぱいです。

ニューヨーク市立大学(CUNY)バルークカレッジも、新学期の2021年9月秋学期から、完全再開を目指して、準備が進められています。現在、エクステンションプログラムは一部オンサイト、一部オンラインのハイブリッド方式で開講されていますが、2021年9月からは完全オンサイトでの開講となる予定です。

CUNYバルーク付属語学学校の詳細は下記ページからご確認ください。

バルークカレッジ付属語学学校は、マンハッタンの中心部ミッドタウンに位置しています。地下鉄の駅からも徒歩5分以内で、アクセスも抜群です。大都会にある大学のキャンパスですが、大きな図書館など施設も充実しています。学生は大学の図書館の利用ができますので、授業が終わった後に大学の図書館で復習をすることもできます。

また英語学校ESLコースには様々な国からの留学生が来ています。下記は2020年のESLコースに参加した生徒の国籍比率です。日本人生徒の比率は15%と、ニューヨークの大学付属英語学校の中でも、日本人比率が少ないのが特徴です。

留学生サポートも万全!留学生向けのアクティビティも多数開催していますので、クラスメートではない留学生と交流を持つ機会も多数あります。ニューヨーク市内観光、ニューヨーク証券取引所見学、バーベキューパーティー、ハロウィンパーティーなど、ニューヨーク留学生活を楽しむことができるイベントが満載です。

バルークカレッジ付属英語学校に留学経験のある、キャリアエクスチェンジの参加者の体験談も是非ご覧ください!

2021年ニューヨーク語学留学をご検討の方は、是非キャリアエクスチェンジまでお問い合わせください。

カナダ入国に関する規制追加の発表がありました

2021.02.03 ブログ

1月29日にカナダ政府から今後の渡航に際しての規制追加の発表がありました。
現在非常に限られた情報のみの発表となっておりますため、現時点でわかっている情報をご案内をさせて頂きます。

発表された追加の規制の内容

【2月4日より】

*国際線が発着できる空港が下記の4空港のみとなります。
 モントリオール国際空港・トロント国際空港・バンクーバー国際空港・カルガリー国際空港

【できる限り早く】

1) カナダに到着後、再度、新型コロナウイルスのテスト受診必須
2) 最大3日間政府指定のホテルにて滞在
  - 3日間のホテル滞在費とテスト費用で$2,000以上が自己負担になる恐れがあります。

”As soon as possible in the coming weeks, all air travellers arriving in Canada, with very limited exceptions, must reserve a room in a Government of Canada-approved hotel for three nights at their own cost, and take a COVID-19 molecular test on arrival at their own cost. More details will be available in the coming days.”


最大3日間政府指定のホテルに宿泊。
テスト結果が陰性の場合、事前に手配をしてある自己隔離滞在先で引き続き自己隔離が必須となります。(政府指定ホテル滞在+各自手配の自己隔離=14日間の自己隔離)

*1月の始めから72時間以内に行われたPCRテストの陰性結果の提示が搭乗時に必須となっています。今回は今までの予防対策に加え、更なる対策を打ち出すこととなりました。

今回のトルドー首相の会見では”Non-Essential Traveller”に関しての進言となっておりました。
Readiness Planの承認を受けたDLIの学生ビザで渡航を行っている留学生の場合に、渡航はEssential Travelとなっています。
そのため今回の規制が留学生にも適用になるのかに関しまして、現在Language Canadaが政府機関に確認を取っております。

現在、多くの情報が未発表となっておりますが、ご渡航を控えている方にとって非常に大きな不安要素であるのではないかと考えております。その為、多くの情報がまだ不確かな状態ではありますが、現在の状況をご案内させていただきました。

【アップデート待ちの情報】

1)規制の開始日程
2)政府指定のホテル情報
3)政府指定のホテル+テストを受ける場合の金額
4)留学生にも適用となるかどうか
5)どこでテストを受けるのか

今後またカナダ政府より発表がありましたらブログにご案内いたします。

カナダ留学やインターンについてのお問い合わせはキャリアエクスチェンジまでお問い合わせくださいませ。

キャリアエクスチェンジYoutubeチャンネルを開設しました!SNSもぜひフォローお願いいたします!

キャリアエクスチェンジ公式LINEアカウントを開設いたしました!是非友達追加をお願い致します!

アメリカUCIエクステンション対面授業再開時期について

2021.01.29 ブログ

アメリカではすでに新型コロナウイルスのワクチン接種が始まっております。これで少しずつ感染者が減少し収束に向かうことを心から祈るばかりです。

さて、本日はカリフォルニア大学アーバイン校(UCI)より2021年の授業形態についての連絡がございました。

現在対面授業が含まれているコースでなければ留学生がF-1ビザで入国することができません。私立の語学学校はハイブリット(対面とオンラインのMIX)クラスを提供している学校も多いですが大学やカレッジはまだまだオンライン授業を提供している学校が多いですね。。。

UCIからのレターを以下ご紹介いたします。

~~Academic Year 2020-21 Plans for DCE’s International Programs~~
In light of guidance issued by the State of California and main campus, UCI Division of Continuing Education has shifted all on-campus programs to remote (online) delivery for the remainder of this academic year. All on-ground Fall 2020, Winter 2021, Spring 2021, and Summer 2021 international programs will be offered remotely. We hope this decision will allow you to better plan your studies with us.

We understand that there are many questions that follow such a change, and we are working to provide you with answers as quickly as possible. Please check this page often for new updates as they become available.

The staff and instructors at UCI Division of Continuing Education are committed to the success and well-being of all of our students, and we are grateful to have international students in our community. Should you need additional resources during this difficult time, please access the relevant offices below:

UCIは今年度(2021年夏セメスターまで)はすべてオンライン授業の提供を決定しました。現在は2021年秋セメスターよりキャンパスをオープンする予定とのことです。UCIに留学を検討されている方、また今年の春や夏セメスターから留学を希望されていた方は残念ながら新規F-1ビザで渡米することができません。もちろん今後どんどん入国条件などが変わっていくと思いますので、最新ニュースをチェックするようしましょう!

アメリカ留学やインターンについてのお問い合わせはキャリアエクスチェンジまでお問い合わせくださいませ。

キャリアエクスチェンジYoutubeチャンネルを開設しました!SNSもぜひフォローお願いいたします!

キャリアエクスチェンジ公式LINEアカウントを開設いたしました!是非友達追加をお願い致します!

トロントの現状(2021年1月現在)

2021.01.18 ブログ

トロントスタッフより現地の状況が届きました。

トロント市は11/23よりロックダウンに入っておりまして、現在も1月20日までの延長が決まっております。
感染者数は現在トロント市で1日300-500人、オンタリオ州では1日2000人-2500人の新規感染者が確認されております。
このように感染者の漸次的な増加やクリスマス期間でのさらなる感染拡大の可能性から、オンタリオ州政府はトロント市やピール地域といった既存のロックダウン地区を含むオンタリオ州全域のロックダウンを決定しています。オンタリオ州北部は1/4まで、南部は1/18までのロックダウンとなります。
ロックダウン下の現在行われている感染症対策については以下の通りです。

まず州や市による規制についてですが、集会人数を著しく制限されています。トロント市では家族以外の人の来客は原則禁止となり、その他にもフィットネスやジムの利用の禁止や集会やイベントスペースの閉鎖も決定しています。そして、引き続き店内や公共交通機関ではマスクの着用が義務付けられています。 
お店について写真にあります通り、店舗等ではソーシャルディスタンスの確保の目印の設置や入場人数の制限や消毒液の設置、レジなどではアクリル板を設置するなどの対策がされています。お店はコンビニエンスストアやスーパーといった生活品・日用品を扱っているところを除いては来客は禁止されていて、レストランはテイクアウトもしくはデリバリーのみ営業可能となっています。

お店自体のオープンしているところはあるものの、生活必需品を取り扱う店舗を除いては留まることが禁止されていることはもちろん、この逼迫していく感染状況からトロント市では外出する人が格段に少なくなっている現状となっています。
留学中の方は、仕事をしている人は感染症対策を万全にしながら外出をし、基本的にはZoomやLineを使って友達と交流をしているという印象です。また、ロックダウンによるシフトの減少が見られた生徒様はオンラインで学校に通うなどで充実を図っています。

これからトロントへ語学留学を検討されている方はまずはキャリアエクスチェンジまでお問い合わせください。

キャリアエクスチェンジYoutubeチャンネルを開設しました!SNSもぜひフォローお願いいたします!

キャリアエクスチェンジ公式LINEアカウントを開設いたしました!是非友達追加をお願い致します!

BRIXITにより2021年イギリス学生ビザが変更されます

2020.12.19 ブログ

イギリスは現在観光目的の入国可能、学生ビザを取得して長期の留学が可能です。イギリスではコロナウィルスワクチン接種も始まっており、英語圏の中でも比較的早く留学生の受入態勢が整うと予測されています。2021年に海外語学留学をご検討の方は、是非イギリスをご検討ください!!

イギリスのEU離脱いわゆるBRIXITは2020年年末となります。イギリスのEU離脱に先立ち、2021年イギリスビザについて大幅な変更があり、2020年12月より新しいビザカテゴリーが適用されています。

最新のイギリスビザ情報は、イギリス政府のビザサイトをご確認ください。

今回はイギリス学生ビザにフォーカスして、よりビザの取得がシンプルになった、イギリスビザの変更点をご案内いたします。

 

Tiersカテゴリー制が廃止に!

これまではビザのカテゴリーはTier1からナンバリングされていました。学生ビザですと、11ヶ月以上の学生ビザはTier4というカテゴリーでした。このTiers制が廃止されて、よりシンプルな呼び名のビザになります。

 

観光ビザStandard Visitor visaで6ヵ月までの留学

空港で発行される観光ビザで、6ヵ月までの留学が可能です。事前のビザ取得が必要ないので、留学に気軽に出発していただけます。

 

6ヶ月~11ヶ月の留学Short-term study visaは変更なし

これまでの通り、6ヶ月以上の留学の場合は事前にShort-term study visaを取得して留学が可能です。

 

Tier 4 General student visa→Student visaに!

大学・専門学校・カレッジへの留学に必要な学生ビザです。申請条件などは以前と同様です。

  • 留学3ヵ月前からの申請が、6ヶ月前から申請可能に!
  • 語学留学→大学・カレッジ留学の場合も申請可能に!(ライセンスがある語学学校のみ可能)
  • 学位取得後、2年までのイギリス就労が可能に!

イギリスの就労ビザにも変更があり、以前よりもより取得条件が緩和されています。イギリスの大学・大学院を卒業後には、イギリス国内で就労ビザへの切り替えもできますから、海外就職の目的地としてイギリスが注目されています。

イギリスへの留学にご興味をお持ちの方は、是非キャリアエクスチェンジまでお問い合わせください。

 

イギリスビザ申請のサポートはキャリアエクスチェンジにお任せください!

 

 

アメリカ最新情報ロサンゼルス入国フォームおよび外出制限【2020年11月30日付】

2020.11.30 ブログ

アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスへの渡航を予定している方に、2020年11月30日現在の最新情報をご案内いたします。

多くの国でコロナウィルス感染が再拡大となっており、ロサンゼルスも例外ではありません。ロサンゼルスをはじめアメリカ到着の際は、基本的に到着後14日間の自己隔離が必要となっております。感染拡大を食い止めるために、カリフォルニア州ロサンゼルスでは、下記の対策を行うことになりました。

 

ロサンゼルスに到着する方はトラベラーフォーム提出が必須

2020年11月25日より、アメリカ・ロサンゼルスに入国するかた、または他州からロサンゼルスに入州するかたは、事前にトラベラフォームの入力・送信が必要となります。

オンラインフォームはこちら Los Angeles Traveler Form

ロサンゼルス市の発表によれば、提出しなかった場合、最高500ドルの罰金が課せられるとされています。国外や州外からロサンゼルスに到着した際は、上記オンラインフォームの提出を忘れずに行ってください。

このフォームには、アメリカ国内でつながる電話番号の記載が必要となります。アメリカ渡航前にアメリカのSIMカードを日本国内で受け取れるサービスがありますので、是非ご利用ください。

日本でアメリカの携帯SIMを購入!!アメリカSIMカードはこちらをクリック

 

 

ロサンゼルス郡:不要不急の外出自粛命令

2020年11月27日、カリフォルニア州ロサンゼルス郡公衆衛生局は、郡内の新型コロナウイルス感染者数の過去5日間の平均が4,500人を超えたことから、不要不急の外出を控える緊急命令(Safer at Home Order)を発出しました。この命令は、11月30日(月)から12月20日(日)まで適用され、違反した場合にはそれぞれの郡の決定に従い罰則が科せられる可能性があります。

ロサンゼルス郡に在住・滞在されている皆様は、不要不急の外出を控え、ご自宅・滞在先での待機をお願いいたします。また、ロサンゼルス郡への移動を予定されている皆様につきましても、このような命令が発出されていることに留意して行動してください。

 

カリフォルニア州:不要不急の夜間外出自粛命令

カリフォルニア州公衆衛生局は、州内の感染者数の状況が最も深刻な1段階目(Tier1)の郡に対し11月21日(土)から12月21日(月)までの午後10時から翌朝5時まで不要不急の外出を控える緊急命令(Limited Stay at Home Order)を発出しています。ご注意ください。


 

ハワイ州・ニューヨーク州の事前入国手続きに関しては下記サイトよりご覧いただけます。

アメリカの他都市でも様々な規制が発出しております。
渡航予定の都市だけでなく、乗り継ぎする国や都市の最新情報をご確認ください。