2020.11.30 ブログ

アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスへの渡航を予定している方に、2020年11月30日現在の最新情報をご案内いたします。

多くの国でコロナウィルス感染が再拡大となっており、ロサンゼルスも例外ではありません。ロサンゼルスをはじめアメリカ到着の際は、基本的に到着後14日間の自己隔離が必要となっております。感染拡大を食い止めるために、カリフォルニア州ロサンゼルスでは、下記の対策を行うことになりました。

 

ロサンゼルスに到着する方はトラベラーフォーム提出が必須

2020年11月25日より、アメリカ・ロサンゼルスに入国するかた、または他州からロサンゼルスに入州するかたは、事前にトラベラフォームの入力・送信が必要となります。

オンラインフォームはこちら Los Angeles Traveler Form

ロサンゼルス市の発表によれば、提出しなかった場合、最高500ドルの罰金が課せられるとされています。国外や州外からロサンゼルスに到着した際は、上記オンラインフォームの提出を忘れずに行ってください。

このフォームには、アメリカ国内でつながる電話番号の記載が必要となります。アメリカ渡航前にアメリカのSIMカードを日本国内で受け取れるサービスがありますので、是非ご利用ください。

日本でアメリカの携帯SIMを購入!!アメリカSIMカードはこちらをクリック

 

 

ロサンゼルス郡:不要不急の外出自粛命令

2020年11月27日、カリフォルニア州ロサンゼルス郡公衆衛生局は、郡内の新型コロナウイルス感染者数の過去5日間の平均が4,500人を超えたことから、不要不急の外出を控える緊急命令(Safer at Home Order)を発出しました。この命令は、11月30日(月)から12月20日(日)まで適用され、違反した場合にはそれぞれの郡の決定に従い罰則が科せられる可能性があります。

ロサンゼルス郡に在住・滞在されている皆様は、不要不急の外出を控え、ご自宅・滞在先での待機をお願いいたします。また、ロサンゼルス郡への移動を予定されている皆様につきましても、このような命令が発出されていることに留意して行動してください。

 

カリフォルニア州:不要不急の夜間外出自粛命令

カリフォルニア州公衆衛生局は、州内の感染者数の状況が最も深刻な1段階目(Tier1)の郡に対し11月21日(土)から12月21日(月)までの午後10時から翌朝5時まで不要不急の外出を控える緊急命令(Limited Stay at Home Order)を発出しています。ご注意ください。


 

ハワイ州・ニューヨーク州の事前入国手続きに関しては下記サイトよりご覧いただけます。

アメリカの他都市でも様々な規制が発出しております。
渡航予定の都市だけでなく、乗り継ぎする国や都市の最新情報をご確認ください。