アメリカで語学留学+アルバイト!?|インリンガ・ワシントンDC

2018.12.10 ブログ

アメリカ・ワシントンDCといったら、アメリカの首都、ホワイトハウスがある街です。アメリカの政治の中心地であるワシントンDCには、ジョージワシントン大学などアメリカ東部の名門大学が多数あります。

そんなワシントンDCにある語学学校がインリンガ・ワシントンDCです。この語学学校のおすすめポイントは…なんと語学留学をしながらアルバイトが出来ちゃうことなんです!!驚きですね。

アメリカでは学生ビザでは「アルバイト禁止」という規則があると皆さんご存知だとは思いますが、例外もあるのです。それは「学生ビザにおいては、学内におけるアルバイトであれば週20時間まで可能」というものです。

インリンガ・ワシントンDCでは、学内アルバイトを提供可能なため、語学留学しながらアルバイトができるプログラムを実現することができました!

インリンガ・ワシントンDC語学学校の情報はここをクリックしてご覧ください

 

 

インリンガ・ワシントンDCのアルバイト先は下記の2つがあります。

① コーヒーショップ 

コーヒーショップは一般のアメリカ人の方が利用する、ごく普通のカフェです。接客・販売を行います。

② テストセンター  

TOEFL等各種英語検定試験のテストセンターであるインリンガ、アルバイトでは試験監督や受付を行います。

 

スタディ&ワークプログラムに参加するには、下記の条件を満たしていることが必要です。

  • インリンガ・ワシントンDC受講期間16週間以上
  • F-1学生ビザをお持ちであること
  • 中級以上の英語力があること(CEFR B1レベル以上)
  • 社会保障番号を持っていること *到着後申請し、2-4週間で取得できます

英語力を測るために、出発前にスカイプインタビュー、到着後に対面インタビューを行い、英語力が条件を満たしているかしっかりチェックされた上で、アルバイトが許可されることになります。英語力が足りないと判断された場合は、最初は英語コースのみ受講することになります。

実際にこのプログラムに参加中の生徒さんの体験談がまいりました!

 

ヘクターさんはインリンガ・ワシントンDCにすでに2年も留学している留学生です。最初はレベル2からのスタートでしたが、英語力が上達していまでは レベル7になったそうです!授業終了後、学校の経営するコーヒーショップにて働いています。時給は$10-$12ということで、パートタイムで働くと、家賃くらいは自分で稼げるのだそうです。またクラスルーム外で英語を使う経験から、英語力が向上したという感想を述べています。午前中に語学学校で学んだ英語を、午後コーヒーショップですぐに実践で使うことができる、という環境がそのような相乗効果を得られている原因ではないでしょうか。

4ヶ月以上の長期アメリカ留学をお考えならば、経済的なこのインリンガ・ワシントンDCのスタディ&ワーク留学プログラムはかなりおすすめですよ!!

ご興味があればまずはキャリアエクスチェンジにお問い合わせ(ここをクリック!)ください。

ロサンゼルス自動車購入vsレンタル☆どっちがお得??

2018.11.13 ブログ

アメリカ有給インターンシップログラムの渡航先で一番人気が高いのが、カリフォルニア州ロサンゼルスです。

ロサンゼルスと言えば何が思い浮かびますか??ディズニーランド、ユニバーサルスタジオなどのアミューズメントパーク、大谷選手がいるエンゼルスなどメジャーリーグ野球、映画の都ハリウッド、サンタモニカのビーチ、一年中温暖でピカピカの気候・・・・・これだけでもロサンゼルスに住んでみたい!と思ってしまいませんか?アメリカ有給インターンシッププログラムでロサンゼルスに渡航した方の99%が、ロサンゼルスにしてよかった、とおっしゃるほど行ってみてもやはり良い街なんです!!都会でありながら、自然もすぐ近くにあり、人も穏やかでゆったりした生活ができる、これぞアメリカという場所です。

☆アメリカJ-1有給インターンシッププログラムの詳細はここをクリックしてご覧ください☆

そんな魅力の都市であるロサンゼルスですが、ロサンゼルスでは「自動車」がないと生活が不便ですよ~というと、皆さんロサンゼルスを渡航地として選択することを躊躇してしまいます。。。

ペーパードライバーの方にとっては、運転をすること自体コワイ・・と思ってしまう方も多いです。ロサンゼルスで「車を運転する=高速道路の運転」と思っていませんか??それであれば大きな間違いです。インターンシップ先までの通勤は一般道を5-10分程度の距離を運転するレベルとなりますのでご安心ください。

さて車を持つことを躊躇する最大の理由は、「自動車のコスト」ではないでしょうか?自動車にかかるコストなど、とてもじゃないけど出せないと思っているかた、是非こちらの記事をご覧ください。

キャリアエクスチェンジでは、ロサンゼルスへ渡航されるインターンシップ生には、中古車購入または中古車レンタルをご案内しています。購入またはレンタルをまずは比較してみましょう。

☆アメリカJ-1有給インターンシッププログラムの詳細はここをクリックしてご覧ください

中古車購入

中古車レンタル

料金 個人売買 $3000~

ディーラー利用 $6000~$12000

購入時に一括で支払いが必要

頭金$2000

月使用料 $200

初回以降は毎月支払い

自動車保険 最低限Liability保険

月$50~

フルカバー保険

月$80~

メンテナンス メンテナンスはすべて実費 基本的なメンテナンスは料金に含まれる
メリット 帰国時に売却することで売却益を得れる メンテナンスされているので安心して使用できる、レンタル期間終了後に買取りも可能、プリウスなどエコカーは燃費が良い。
デメリット 安い車やメンテナンスがされていない車を購入すると修理などで高くつく、価格は安いがアメリカ車は燃費が悪い レンタルなので売却益がない

コストだけでいうと中古車購入のほうが最終的にはお得です。一旦購入してしまえば、毎月のコストは保険代とがガソリン代だけです。但し、最初に購入資金が一括で必要になりますし、安い車を買ってしまったり、メンテナンス不足の車を買ってしまったら、修理代がかさんで、結局は高い車を買ったほうが良かったなんてことになることもあります。車に詳しい方は車の良し悪しを見極められると思いますので、購入をされることをお勧めします。

レンタルの場合、最初に支払う料金が少ないこと、毎月のリース代も報酬で賄えるレベルの金額ですから、最初のコストを抑えたい方には良いですね。18ヶ月使用の場合、頭金と使用料を月ベースで考えると月$300程度ということになります。またメンテナンスがされているクルマですので、安心して乗っていただけます。車にあまり詳しくない方、日本で車にあまり乗っていなかった方には、レンタルを強くお勧めします。

 

ロサンゼルスをはじめ自動車が必要なエリアは、家賃や物価が安いため、自動車が必要ないニューヨークやサンフランシスコ・ハワイと比較して、18ヶ月の有給インターンシップ期間トータルで見ると、コストが安く済むことが今までの参加者の方の声から分かっています。自動車を持つことは一見コストがかかりそうですがそんなことはないんですよ。

自動車を持つ最大のメリットは、車でどこにでも旅行に行けるところ。最初はおっかなびっくり運転していたペーパードライバーだったインターン生の方も、半年もたてば高速道路もへっちゃら!というほどドライビングライフを満喫できるようになっています。そのうち、近場のディズニーランドやエンゼルススタジアムまで自動車で行けるようになり、1年もたてばラスベガスやサンフランシスコにまで自動車で行ってしまう方もいるんです。自動車があることで、アメリカ生活を120%満喫することが出来ているようです。

アメリカ有給インターンシッププログラムにご興味をお持ちの方は、キャリアエクスチェンジにお問い合わせください→ここをクリックしてお問合せ!!

カナダの教育制度・就労ビザについて

2018.10.17 ブログ

10月12日にカナダ大使館で行われたカナダカレッジ・大学教育セミナーに参加してきました!カナダの教育制度は日本と全く異なり、アメリカとも制度が異なるのでとてもややこしく、弊社でも度々??となる点が出てきておりましたので、今回このセミナーに参加させていただきました。とても内容が充実していて、再確認できたことや知らなかったことなどたくさんの情報を得ることができました。

以前は留学と言えば日本で教育課程を終え、プラスで語学を勉強する目的で語学留学に行く方がほとんどでしたが、最近では、海外の大学カレッジ進学を目指したり、高校から留学をされる方も増えてきていますね。その留学先として人気の国と言えばカナダ!カナダは高い教育水準を持ち、大学または職業専門学校等高校以上の教育を受けている人の割合が56.3%と世界一となります。(ちなみに日本は50.5%で第二位です)

特にカナダのコミュニティカレッジ卒業生の9ヶ月以内の就職率はカナダ全体でなんと90%以上だそうです。実はカナダの大学卒業生よりコミュニティカレッジの方がダントツで就職率が高いとは驚きです。その理由としては、コミカレには専攻に関連した企業での実習制度を取り入れているからなんです!卒業前に実務経験を積み即戦力となる人材を育成する目的で始められたこの実習制度は、コース期間中に関連した業種・職種の企業で実習を行いスキルを磨く。また卒業前に企業とのコネクションを作ることができるため、就職率が高いということですね。

またコミカレには大学編入コースもあるため、最終的に大学で学位を取得したいという方はコミカレで2年ほど勉強し、その後大学3年生に編入、最終的に学士号を取得する道もあります。このトランスファ制度は、現在ブリティシュコロンビア州(BC州)やアルバータ州(AB州)では確立されておりますが、オンタリオ州(ON州)ではまだのようで、それぞれの学校がそれぞれの学校と提携をしトランスファを行っているところが多いそうです。そのため、ON州でカレッジから大学編入を目指している方は、最終的に進みたい大学を決め、そこからどのカレッジに入るべきかを決めていくとよいでしょう。

カナダの教育制度

そもそもカナダの教育制度は州によって制度が異なります。例えば小中高をBC州は7年-5年、AB州は6年-3年-3年(日本と同じ)、ON州は8年-4年になります。

例)BC州の場合

幼稚園

小学校(7年)(6歳~12歳)

中等学校(5年)(13歳~18歳)

 

例)アルバータ州の場合

幼稚園

小学校(6年)(6歳~11歳)

中学校(3年)(12歳~14歳)

高校(3年)(15歳~18歳)

 

例)オンタリオ州の場合

幼稚園

小学校(8年)(7歳~14歳)

中等学校(4年)(15歳~18歳)

Point!カナダでは小学校から留学生を受け入れているため、小学校~高校までどの年代で留学しても英語のサポートが充実しています。

カレッジの制度

カナダのカレッジは日本の短大とは違い、公立のカレッジでは学位の提供や専門分野の資格、大学編入コース、準学士、英語コースなどのプログラムを提供しています。

【学位】

大学に比べ提供している学位プログラムは少ないがDiplomaのアップグレードで学士取得も可能。日本の短大卒レベルの学位(準学士)はAssociate Degree(BC州のみ)、またはApplied Degreeが相当する。

【専門分野の資格】

Diploma や Certificateと呼ばれるプログラム。10ヶ月~2年ほどの期間になりプログラムによっては、プラクティカム(実習)が含まれるものもある。

【大学編入コース】

大学に編入目的のコースで必ず編入できるプログラムを提供している。

【英語コース】

カレッジ付属の英語コースはカレッジ・大学進学目的で受講する方が多く、内容もアカデミック英語が中心になる。

 単位移行・編入学システム・BC州の場合

北米では、カレッジから大学、または大学から大学への編入を行う学生が比較的多く、BC州では、州が認可した公立・私立高等教育機関の間の単位移換・編入学がスムーズに行えるシステムが確立しています。カレッジから大学へ編入学するメリットは以下が挙げられます。

①学費

大学4年間の授業料より、カレッジ2年+大学2年の授業料の方が安くなる場合がほとんどである。

②入学レベル

カナダの大学入学は難易度が高く、大学によっては現地学生の間でも競争率が高くなる。一方カレッジは大学に比べ比較的入学しやすいため、カレッジで学習後、大学に編入申請を行い、最終的に希望大学へ入学・学位取得することができる。

③学習のしやすさ

4年制大学はキャンパス・学生数ともに規模が大きいため、人によっては馴染むのに時間がを要することがあるがカレッジは少人数制クラス(18~20名)が多く、アットホームな環境。

留学中の就労について

●カレッジ・大学・キャリアカレッジのDesignated Learning Institution(DLI)ナンバーを持っている学校で学位コースや専門資格取得コース、技術トレーニングコースのFull Time学生であること
※語学コースや進学準備コース、パートタイムは対象外
●6ヶ月以上のコースに限る
●週20時間(ホリデー期間中はフルタイム)までアルバイトが可能

その他詳細は以下参照⇩

https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/study-canada/work/work-off-campus.html

卒業後の就労につい て

資格要件
●高等教育機関(公立カレッジ・公立大学・一部私立キャリアカレッジ)を卒業していること
●学位、Diploma、Certificateを取得していること
●最低8ヶ月間(1アカデミックイヤー)のプログラムを修了していること
●有効な就学許可があること
●修了後、90日以内に就労許可証(Post-Graduate Work Permit)を申請すること
●就学したプログラム期間を基準に最長3年間となる
※コース期間以上就労ビザは出ない。

Point! カナダで働く経験(最低1年間フルタイムの就労時間が必要)は、カナダ・エクスペリエンス・クラスのカテゴリーで移民申請が可能になる!

まとめ

カナダの教育システムは留学生にとっても有効に活用できるよう工夫されており、さらにアメリカやイギリスに比べると安価で学位取得⇒就労ビザ⇒永住がしやすい国として積極的に留学生を受け入れています。

海外永住をお考えの方や海外留学・長期滞在を目指している方は是非カナダ留学を検討してみてはいかがでしょうか!

カナダ留学についてのお問い合わせはキャリアエクスチェンジまで!

無料カウンセリング⇒こちら

無料資料請求⇒こちら

無料メール相談⇒こちら

 

出張記-ロンドンの街並み編

2018.10.09 ブログ

Alphe UK 2018の前日に現地入りし、1日かけてロンドンの街を散策しました!街を知るには歩くのが一番!という事で歩いて歩いて歩き回りました。笑

地下鉄に乗ってしまうと距離感や土地勘が全くつかめない!そしてプラプラ歩いていると意外な出会いや発見があるもの!

ロンドンの観光名所もたくさん写真を撮ってきましたので是非ご覧ください♪

ロンドン公共交通機関

ロンドンのSuica的なプリペードカード!ヒースロー空港の駅の券売機で購入。£5のデポジットを払い、不要になったらしよう使用不可にすると£5が戻ってくる仕組みになっています。空港から市街地までは、色々な方法がありましたが、私は、TFL(旧ヒースローコネクト)を利用しました。

【ヒースローから市内までの移動手段】

①ヒースローエクスプレス

この方法が催促の移動手段になります。空港からパディントン駅までノンストップ!所要時間は15分ほどなのでアッという間ですね。料金は、片道£25。14日前に事前にオンラインで購入すると£16.50で購入可能!(2018年10月現在)詳細は公式サイトよりご確認を!https://www.heathrowexpress.com/

②TFL(旧ヒースローコネクト)

エクスプレスと同様に空港とパディントン駅を結ぶ電車です。パディントン駅までの間数駅停車しますので、30分ほど時間がかかりますが、オイスターカードが使えるので、チケット購入の楽でした。(ちなみにエクスプレスはオイスターカードは使えません!)料金は片道£10.20(2018年10月現在・ピークシーズン料金)詳細は公式サイトよりご確認を!https://tfl.gov.uk/

③Underground

市内まで50分~1時間ほどかかりますが一番安い移動手段です。片道約£5~£6。お値段重視の場合は良いのですが、もし限られた時間で観光したい場合は、移動に1時間は少しもったいないですね。。。

 

観光名所いろいろ

London Eyeと呼ばれるロンドン中心にある大きな観覧車!テムズ川沿いサウスバンク(ロンドンのテムズ川南岸の地域の名前)にあります。

Big Ben。こちらは有名ですね。ウェストミンスター宮殿に付属する時計台の名称だそうです。Big Benという名前はよく耳にしていましたが、どういう建物かは知りませんでした。。。

バッキンガム宮殿。ここは観ておかなくては!と思い行ってみると、偶然にもパレードを見ることができました!

タワーブリッジ。テムズ川に架かる跳開橋。タワーブリッジの少し上流にあるロンドン橋は名前に「ロンドン」と入っているので一番有名な橋!と思われがちですが、見た目はとっても地味。。。一方タワーブリッジは2つの塔を持つ跳開橋であり見栄えが良く絶景です。そのため、タワーブリッジのほうがロンドン橋であると、世界中の人に勘違いされる事が多いようです。笑

バラ・マーケット。ロンドン・ブリッジからほど近い場所にあるロンドン屈指の人気食材マーケットです!このエリアだけ人人人!

 

テムズ川の南岸サウスバンクにあった色々♪ピンクのダブルデッカーはフローズンヨーグルトのお店。遠くにお店の名前が見える写真。「レストラン・Wagamama」笑! そして、このおいしそうな写真!ロンドンに入ってからずっとポテトばかりで野菜を欲していたので、野菜メインのランチプレート。わかめや枝豆、ガリ等とってもヘルシーメニューでした♪

 

今回の出張でロンドン滞在は2泊3日でした。1日はワークショップでしたので街散策はあまり時間がありませんでしたが、それでも大体の観光スポットは制覇したかな!?でもきっとまだまだ素敵な場所はいっぱいあると思います。留学でロンドンに行かれる方は、是非足を使って街散策してみてください♪きっといい出会いや発見があると思います!

留学・インターンシップについては、キャリアエクスチェンジまでお問い合わせ下さい!

無料カウンセリングのご予約はこちら

無料資料請求のお問い合わせはこちら

無料メール相談のお問い合わせはこちら

 

 

出張記-イギリスロンドン・Alphe UK2018編

2018.10.01 ブログ

出張から戻りバタバタしているうちに1ヶ月近くが経ってしまいました。。。これから何回かに分けて出張体験記(ロンドン・ダブリン・ドバイ)の記事をアップして行きたいと思います!

さて、海外出張記第一弾は、イギリスロンドン!そもそも今回の出張目的は、Alphe UK 2018に参加するためでした!このイベントは、世界中の留学エージェント向けのワークショップで、各30分間興味のある学校スタッフとミーティングを行います。学校情報や国、街についてなど色々な情報を得ることができます。9月1日・2日と2日間にわたり28の国から342校、そして64の国から600名近くのエージェントが参加しました。毎年東京で開催されるワークショップにも参加していますが、比にならないくらいのサイズに驚きでした。

 

Alphe UK 参加者リスト&ネームプレート。参加者リストには参加校と参加エージェントリストが記載されています。やはり日本のエージェントの参加は少なかったですが、意外とロシアのエージェントが多く驚きました。ロシアのエージェントのお一人とお話する機会がありましたが、ここ数年イギリスのビザ取得がとても厳しくなり留学できないロシア人が増えているそうです。。。一方日本人は半年までの留学はビザなしで渡航できますのでとても優遇されていますよね。

ロンドンとダブリンにキャンパスを持つ大規模後学学校English Studioのフタッフとパシャリ!

今回の出張では、ダブリンキャンパスも訪問してきましたが、ダブリン中心に位置しておりとても便利でとてもフレンドリーでアットホームな雰囲気の学校でした!

北アイルランドにある語学学校International House Belfastのスタッフと!とても気さくで明るい方でした♪撮影用にしっかり緑の帽子も準備していました。笑

アイルランドと言えばダブリン。アイルランドはアジア人が少ない留学先として人気ですが、北アイルランドはさらに少ない!ベルファストは北アイルランドの首都で、こじんまりとしていて穏やかな雰囲気の街なのでシティが苦手な方や自然が好きな方におすすめの留学先です。

 

Alphe UKの会場。一つのテーブルを2校がシェアしており、1000名近くの人が一斉に話し始めるのでまぁ相手の声が聞こえない!ミーティング終盤には自分の声までガラガラになってしまいました。。。

Alphe UK受付

 

9月1日の夜はAlphe主催のディナー&ST Awardがありました。各分野でのナンバーワン(Alphe調べ)を決めるイベント。

今までのアワードでナンバーワンと取った人たちの写真がずらり。

 

会場は、アカデミーショーのように豪華でした!

参加者、特にノミネートされている人たちはドレスアップし、イベントを楽しんでいました!

たまたま隣になった方が、オーストラリア、シドニーのビジネスカレッジ「Bridge Business College」の方でした。記念にパシャリ!翌日早速学校についてお話をお伺いしました。

 

今回のワークショップでは、初めてお会いする学校も多くとても充実したワークショップとなりました!

 

留学・インターンシップについては、キャリアエクスチェンジまでお問い合わせ下さい!

無料カウンセリングのご予約はこちら

無料資料請求のお問い合わせはこちら

無料メール相談のお問い合わせはこちら

100%英語環境で英語力UP!アメリカ企業インターンシップ求人

2018.09.28 ブログ

海外インターンシッププログラムでは、「日系企業」しか紹介してくれない?いいえ、そんなことはありません。キャリアエクスチェンジなら、100%英語環境の「アメリカ企業」でのインターンシップ求人の紹介が可能です。

「日系企業で、日本語を使ってのインターンシップ経験では意味がない!もっとハイレベルな海外インターンシッププログラムに参加したい」という方は、是非キャリアエクスチェンジにご相談ください。

アメリカ企業の求人は、特にニューヨークに多くあります。それもそのはず、世界中からハイスペックな人材が集まってくるニューヨークならでは。

100%英語環境のアメリカ企業でのインターンシップ求人の一部を是非ご覧ください。(求人名をクリックしていただくと、求人詳細をご覧になっていただけます)

完全英語環境★アメリカ・短期無給インターンシップ求人

完全英語環境★アメリカ・J-1インターンシップ求人

 

さてこれらの求人に応募するには、やは100%英語環境の中で業務に携わることのできる「英語力」をお持ちであることが必要です。英語力の目安は、TOEIC750以上、となります。留学経験をお持ちである、電話でスムーズに英会話ができる、のであればスコアをお持ちでなくても参加可能です。

そこまでの英語力はないけれど、100%英語環境の中でインターンシップを経験したいというのであれば、下記プログラムがおすすめです。下記タイトルをクリックして、プログラム詳細をご覧いただけます。

完全英語環境!アメリカ職業体験&ホームステイプログラム

なんとこのプログラムは高校生の方でもご参加いただける、アメリカインターンシッププログラムです。英語力が中級であっても参加でき、アメリカ人ホームステイ宅に滞在し、アメリカ系NPO団体でのインターンシップを経験できます。プログラム参加後には、驚くほど英語コミュニケーション力が上がっていることを実感できるプログラムです。

 

100%英語環境アメリカ企業でのインターンシップを経験したい、自分の英語力を海外のビジネス現場で試してみたい、そんな希望をお持ちの方は、ぜひキャリアエクスチェンジまでお問い合わせください。

お問合せはこちらをクリック!!

冬休みを活用!2018-2019年末年始に留学できる語学学校

2018.09.06 ブログ

年末年始のお休みを有意義に過ごしませんか??年末年始に留学するメリットは、新しい年を、海外で、多国籍な友人と共に迎えられること。旅行よりも、より思い出深い、新年を迎えられること間違いなしです!!

年末年始はお休みの学校も多いんです。。。生徒もスタッフも年末年始くらいは休みたい!ということで、多くの学校ではクリスマス~年末まで学校がお休み、新年2日から再開となります。英語圏にはお正月がありませんので、年が明けたらすぐに学校や仕事が始まります。

 

しかし、クリスマスと元旦以外は授業やってます、という語学学校もあるんです。しかも1週間だけの留学も可能!
これであれば社会人の方も、学生さんも、休みを利用して留学することが出来ちゃいますよ!!!

2018-2019年は下記のいづれかのスケジュールで、年末年始留学が可能です。

12月23日(日)着、12月24日(月)入学 

12月30日(日)着、12月31日(月)入学 

 

年末年始は航空券が高いんじゃないの???と思っている方。実はそんなに高くなかったりするんです。航空券を取るなら、アジア経由の便がおすすめ。韓国や中国は「旧正月」のため、日本の年末年始はこれらの国では大型連休ではありません。アジア経由の便だと、年末年始の航空券が手ごろな値段で手に入ります。勿論早めに予約してくださいね。

そして年末年始に留学可能な数少ない優良語学学校は下記の2校です。イギリス・アメリカ・カナダ・マルタのなんと17都市に留学が可能。どこに行こうか迷っちゃいますね。

冬だから雪が降るところが良い!というのならヨーロッパや北米の東海岸、寒い日本から脱出したければ北米の西海岸をお勧めします。

① セントジャイルス

校舎名をクリックして、学校詳細をご覧いただけます!

イギリス校 12月25日・12月26日・1月1日休み

Eastbourne
London Central
London Highgate

アメリカ校 12月25日・1月1日休み

New York City
San Francisco

カナダ校 12月25日・1月1日休み

Vancouver

 

② EC

校舎名をクリックして、学校詳細をご覧いただけます!

イギリス校 12月25日・12月26日・1月1日休み

EC London
EC London 30+
EC Oxford
EC Cambridge
EC Brighton
EC Bristol
EC Manchester

アメリカ校 12月25日・1月1日休み 

EC Boston
EC New York
EC New York 30+
EC Washington, DC
EC San Francisco
EC San Diego
EC Los Angeles
EC Miami

カナダ校 12月25日・12月26日・1月1日休み

EC Montreal
EC Toronto
EC Toronto 30+
EC Vancouver

マルタ校 12月25日・1月1日休み

 

 

年末年始の冬休み留学のお問合せ・ご相談はキャリアエクスチェンジまで!ここをクリックしてお問い合わせください。

BHMSサマープログラム体験記

2018.08.23 ブログ

以前ブログでもご紹介いたしましたBHMSホテル&ビジネスマネージメントスクールのサマープログラムに弊社のお客様が参加しました!A.Iさんは2018年7月29日からの10日間のスケジュールで参加。他にもアジアを中心に様々な国から学生さん達が参加されていました。

このプログラムでは、ビジネスについてやハイレベルなカスタマーサービス、フード&ビバレッジ等ホテル&ビジネスマネージメントについて学び、合間にはスイスを満喫できるアクティビティが盛り込まれています。そしてこのサマープログラム参加者への最大の特典として、最終的にBHMSの学部入学をした場合は、サマープログラム費用と同じ金額が割引されるので実質参加費無料となります!このサマープログラムを下見として利用される方も多いのでとてもうれしい特典ですね。

BHMSサマープログラムについての記事はこちらをご覧ください♪

 

 

皆さんとっても楽しそうですね。きっと色々な刺激を得られ、将来のビジョンも明確になったのではないでしょうか!

BMHSについて

B.H.M.Sはホテルマネージメントだけでなく、グローバルビジネスマネージメントなど、業界に関係なくビジネス現場で必要なマーケティング力、人事、マネージメント力、コミュニケーション力などを学ぶことができ、さらに有給保証のインターンで実務経験を積めるプログラムとして注目されているスクールです。卒業後すぐに即戦力となる人材を育成、またスピーディにマネージャークラスまで到達できるようBHMSでは”使える”人材育成に力を入れています。BHMSで提供するコースは卒業後の進路に幅広い業種の選択肢を残すため、ホテルマネージメントやホスピタリティコースでもメインはビジネスマネージメント。分野の偏りがなくオールマイティな知識・スキル・能力を習得することができるため、若くしてマネージャークラスに到達することを可能にしています。また、スイスの学校なので、選択科目内に、英語以外の言語(ドイツ語・フランス語・イタリア語・中国語等)クラスもあるため、どこの国に行っても対応ができるようカリキュラムが組まれています。

● 最短3年でBachelor Degree(学士)、最短1年でMaster Degree(修士)取得
● 1年間のコースは6ヶ月コース受講後6ヶ月有給インターンシップ
● インターンシップは最低月2,179スイスフラン(=約26万円)の給与支給があり経済的
● 他スイススクールと比較して格安な受講費用&滞在費用
● 日本人比率5%、アメリカ人やヨーロッパからの留学生が多く環境がとても良い
● 実務中心のカリキュラム構成となっているため、就職活動にもメリットあり
● BHMSによる卒業後の就職サポートあり
● 付属語学コースから開始すればTOEFLなしで入学可能
● 多くの場合で日本の大学単位やBHMSで取得した単位をお互いに移行することができる

こんな人にお勧め

● 将来海外で活躍したい!
● 海外で学位をとりたい!
● 着実にキャリアアップを目指したい!
● 就職活動の際、幅広い選択肢を持ちたい!
● 短期間で学位取得&実務経験を積みたい!

 

 

そして、最後に、2018年秋学期の新入生オリエンテーションの様子が届きましたのでご案内いたします。

 

 

BHMSビジネス&ホテルマネージメントプログラムにご興味のある方はキャリアエクスチェンジまでお問い合わせ下さい!

その他ビジネス留学+有給インターンシッププログラムはこちらをご覧ください。

★無料カウンセリングのお問い合わせはこちら

★無料メール相談のお問い合わせはこちら

★無料資料請求のお問い合わせはこちら

NYUニューヨーク大学ビジネス修了証プログラムが復活!!!

2018.08.14 ブログ

朗報!!!ニューヨーク大学(NYU SPS)Certificate Programが、2018年秋学期より復活いたしました!!

2014年に廃止となっていたCertificate Program。特定の専攻において指定授業を修めると、ニューヨーク大学SPSが発行する修了証を獲得することができます。修了証の発行が出来なくなってから人気が落ちていたニューヨーク大学SPSの夜間ビジネスコースですが、これにより人気が復活しそうです。

ビジネス英語力を磨くこと、ニューヨーク大学で学び修了証を取得できること、そしてインターンシップで実務経験を積むこと、という3つの大きなミッションを、1年以内に達成することができる、効率が良くコスパの良い、ビジネス留学プログラムです。これまでに職歴や専門分野にかかわらず、自由に専攻を選択いただけるのも魅力です。今後のキャリアにプラスになる、そんなビジネス留学プランです。

NYUニューヨーク大学ビジネス修了証プログラムの詳細はここをクリックしてご覧ください

 

プログラム概要

ニューヨークの名門大学ビジネスコース受講プログラムは、語学学校に行きながら、ニューヨーク大学(New York University = NYU)の社会人向け夜間・週末の生涯教育プログラムを受講し、ビジネスCertificate (サーティフィケイト=修了証)取得を目指す留学プログラムです。希望者は、プログラム受講後にニューヨークの企業で最長8週間までのインターンシップ経験することが可能!語学力に自信が無い場合、語学学校からスタート=>語学+NYU ビジネス・サーティフィケイト・コース受講プランで参加が可能です。

修了証が取得できる専攻一覧(一部)

赤字の専攻は、グローバルなビジネスマーケットでアピール可能な、おすすめの専攻です。

Applied Health ; CERTIFICATE IN CHILDCARE MANAGEMENT 児童福祉マネジメント
Art and Design ; CERTIFICATE IN ARTS MANAGEMENT アートマネジメント
Cities ; CERTIFICATE IN CITIES AND URBAN DEVELOPMENT 都市開発
Fundrasing ; CERTIFICATE IN FUNDRAISING 資金調達
Global Affairs ; CERTIFICATE IN GLOBAL AFFAIRS 国際情勢
Language and Translation ; CERTIFICATE IN TRANSLATION INDUSTRY ESSENTIALS 翻訳・通訳
Management ; CERTIFICATE IN AGILE MANAGEMENT アジャイルマネジメント
Management ; CERTIFICATE IN LEARNING DESIGN 人材トレーニング
Management ; CERTIFICATE IN ASSOCIATE PROFESSIONAL IN HUMAN RESOURCES (APHR) 人事
Marketing and Public Relations ; CERTIFICATE IN SOCIAL MEDIA ソーシャルメディア
Marketing and Public Relations ; CERTIFICATE IN STRATEGIC MEDIA COMMUNICATIONS メディアコミュニケーション
Media and Communications ; CERTIFICATE IN EFFECTIVE BUSINESS WRITING ビジネスライティング
Media and Communications ; CERTIFICATE IN FILMMAKING 映画制作
Media and Communications ; CERTIFICATE IN STORYTELLING: NARRATIVE TOOLS AND APPLICATIONS
Real Estate and Construction ; CERTIFICATE IN BUILDINGS AND CONSTRUCTION 建築・建設
Real Estate and Construction ; CERTIFICATE IN DEVELOPMENT AND LAND USE 土地開発
Real Estate and Construction ; CERTIFICATE IN GLOBAL REAL ESTATE 国際不動産
Real Estate and Construction ; CERTIFICATE IN REAL ESTATE CAPITAL MARKETS 不動産市場
Real Estate and Construction ; CERTIFICATE IN REAL ESTATE INVESTMENT 不動産投資
Finance ; CERTIFICATE IN INTERNATIONAL BUSINESS AND TRADE 国際貿易
Technology ; CERTIFICATE IN DATA VISUALIZATION データ解析
Hospitality and Tourism ; CERTIFICATE IN EVENTS AND CONVENTION MANAGEMENT イベントマネージメント

参加スケジュール

修了証プログラムは1年に3回の開始日があります。FALL(9月)、SPRING(2月)、SUMMER(5月)

ニューヨーク大学修了証コース受講開始にあたっては、アメリカ人生徒と一緒に受講できるレベルの英語力が必須ですので、コース開始の最低でも2ヶ月前にはニューヨークに到着し、英語コース受講をスタートすることをお勧めします。

※5月~のSummer Program から受講スタートを希望する場合、ご相談下さい。この場合、Summer Programでは基礎コースが休校になる場合が多く、選択科目からの受講となる可能性があります。

 PDFのプログラム資料はここ2018 NYU Certificateをクリックしてご覧いただけます

プログラム参加者体験談

お名前 小佐野拓也さん

留学時のご年齢 21歳

留学渡航前の職業 大学3年生

留学の参加動機を教えてください
ニューヨーク大学のビジネスコースを受講してみたかったから、またニューヨークで働いている人々、起業している社長さんと話してみたかったからです。

留学された学校に決めた理由は何ですか?
キャリアエクスチェンジのカウンセラーに勧められたからです。

ニューヨーク大学SCPSビジネスコースはどうでしたか?
受講してよかったです。最初の授業で自己紹介をするのですが、大学生は自分だけ、あとは全てアメリカ人の社会人でした。受講生はマンハッタン内のレストランのオーナーであったり、企業に働いているいるビジネスマンであったり、様々なビジネスのバックグラウンドを持つ方が学んでいました。ニューヨークであっても、日本の大学生がなかなか出会うことが難しい、アメリカのビジネスマンや社長と出会えるのはこのコース受講の最大の魅力です。年齢や肩書は違っても、同じクラスメイトということで、フランクに交流を持つことができたと思います。

2016年に参加された小佐野拓也さん(大学生)の、体験談はここをクリックしてご覧ください!


ニューヨーク大学SPSビジネス修了証取得プログラムにご興味をお持ちの方は、是非キャリアエクスチェンジまでご相談ください。
カウンセリング予約はこちらをクリック!!

CUNYバルークカレッジビジネスコース参加者データを大公開!

2018.07.30 ブログ

ニューヨーク・マンハッタンで格安ビジネス留学といえば、ニューヨーク市立大学バルークカレッジ(CUNY Baruch College)のビジネス修了証取得が可能な、インターナショナルビジネスプログラムです。

バルークカレッジビジネス修了証プログラムの詳細はここをクリックしてご覧いただけます

 

バルークカレッジのインターナショナルビジネスプログラムは、大学卒業者にビジネススキルを強化する機会を与えています。学生は、マーケティング、マネジメント、財務、経理、国際貿易、ウェブデザイン&開発、不動産/建設プロジェクトマネジメントの専門分野から選ぶことができます。実務にすぐ役立つアメリカンビジネスの専門プログラムを、たった12カ月で修了することができます。授業スケジュールは月~木曜日の夜間に行われます。アメリカ人の社会人と同じ授業を、留学生も一緒に受けいてただくため、夜間の授業のみとなっています。アメリカ人のビジネスピープルと肩を並べて学ぶことで、ビジネス英語力も飛躍的に伸ばすこともできます。

学生は在学中に、市内に24カ所もあるCUNYキャンパスのいずれかで働くことができます。現在在学中の学生はBaruch College Purchasing Officeの会計経歴に関連したキャンパス内の仕事をしています。 プログラム修了後には、オプショナル実践トレーニング(OPT)を通じてプログラムを修了してから1年間米国で働く可能性を提供します。 このOPTでのインターン経験から多くの卒業生がアメリカ就職やその他の国でのキャリアアップ就職を果たしています。

 

 

【プログラム参加留学生の国籍比率】

現在、ビジネスプログラムには119人の留学生が、33もの国から来ています。国籍比率をみると、一番多いのはアジアの国からの留学生。その次はヨーロッパということがわかります。日本からの留学生はたった6人、留学生全体の5%にすぎません。

 

【プログラム参加者のバックグラウンド】

ビジネスプログラムの学生は、様々な学問的、職業的背景から来ています。 学生のバックグラウンドの多様性は、異なる視点で満たされた魅力的なクラス環境を作り出します。最近の学期には、新入生の大半がすでに修士号(大学院卒)を取得しており、博士号を取得している学生もいます。 学生は、少なくともプログラムに入学するためには、学士号(4年制大学卒)である必要があります。この

プログラム参加者の卒業した大学の一部です。

  • ミシガン大学
  • ペンシルバニア大学
  • バルークカレッジ
  • ペース大学
  • マサチューセッツ州薬学部カレッジ

バルークカレッジビジネス修了証プログラムの詳細はここをクリックしてご覧いただけます

 

如何でしたか??バルークカレッジの魅力は、リーズナブルな学費で、高い教育を受けられるという点です。公立大学だからこそ、これだけ学費を抑えることができているんです。リーズナブルな学費だからこそ、アメリカ人生徒も、留学生も、様々なバックグラウンドを持つ方が集まっていて、クラスに活気があるのも良い点です。

CUNYバルークカレッジビジネス留学プログラムにご興味をお持ちの方は是非キャリアエクスチェンジまでお問い合わせください。