中東ドバイ留学中に気を付けなければいけないこと

2017.09.09 ブログ

キャリアエクスチェンジで最近注目が高い国、それがUAEドバイへの留学です。人口の80%以上が外国人のドバイでは英語が公用語。まだまだ日本人留学生が少なく、グローバルな環境の中で英語を学べるとあって、大学生~社会人の方に人気の留学先となっています。

ドバイ留学にオススメの語学学校 es Dubaiの詳細はここをクリック!

そんなUAEドバイですが、日本とも欧米とも異なる、イスラム教文化を持つ中東の国。習慣・ルールが全く異なることに驚きます。知らないと大変なトラブルに巻き込まれてしまうこともありますので、今回はUAEドバイで気を付けなければならないことをご案内します!!

 

① 平日と休日

日本では週末=土曜日・日曜日ですが、ドバイでは週末=金曜日・土曜日になります。よって日曜日~木曜日が平日になります。
金曜日はイスラム教の休息日にあたるため、特に午前中はほとんどのビジネス・サービスが動いていません。
ドバイ留学に際しては金曜日または土曜日にドバイ到着、日曜日から授業がスタートとなりますので、予定を立てる際に気を付ける必要があります。

② 祝日

イスラム教圏の祝日は日本では全く馴染みのないものです。興味のある方はどのような意味をもつ祝日なのか調べてみてくださいね。
ヒジュラ暦によるため、毎年祝日の時期や日程が全く異なることもあるので、毎年祝日の予定を調べる必要があります。

【2017年の祝日】
4月24日 ムハンマド昇天祭Israa & Miraj Night ※
6月25~27日 断食明け大祭 Eid Al Fitr ※
8月31日 巡礼休暇 Arafat (Hajj) Day ※
9月1~3日 犠牲祭 Eid Al Adha ※
9月21日 イスラーム暦新年 ※Hijri New year’s Day
11月30日 UAE記念日UAE Commemoration Day* / ムハンマド生誕祭Prophet Mohammed’s Birthday ※
12月2~3日 建国記念日 UAE National Day
※ヒジュラ暦の休日は、変更の可能性あり。
*省令によって変更の可能性あり。

 

③ お酒を飲むのは一苦労

イスラム教ではお酒を飲むのは御法度。中東の国ではお酒に関する規定が非常に厳しくなっています。
ドバイでは観光客が町中でお酒を買うことができません。またお酒を飲める場所は殆どの場合ホテル内と決まっています。ホテルのレストランでお酒を飲むとビール1杯1000円以上はします・・・・高い!
お酒を飲みたい人は、ドバイの空港免税店で購入していかれることをお勧めします。
ドバイの人は一体どうやってお酒を買っているの?政府が発行したリカーライセンスを持った住民のみが、政府公認のドバイに数か所ある酒屋で、定められた容量のみを購入することが可能です。お酒を買うのも一苦労なのです。。
ちなみに買ったお酒は決められた場所で飲むことが定められており、ビーチや公共の場でお酒を飲むと逮捕されることもあります。

④ ラマダン

イスラム教徒の人々は、ラマダン期間中の1ヶ月、日の出から日没までの時間の飲食は一切禁じられます。大よそ朝5時~夕方17時くらいまでです。日没後は普通に飲食ができるので、この時期は夕方から夜遅くまでレストランが開いています。
イスラム教徒以外の外国人は同じように断食をする必要はありませんが、日中は公共の場所での飲食は禁止、アルコール類の提供も禁止されます。ホテルであってもアルコールの提供はされませんので、アルコール好きの方はこの時期は避けたほうが良いかもしれません。
尚、ラマダン期間も毎年日付が異なりますので、毎年確認をする必要があります。

いかがでしたか?文化が異なる国に行く場合は必ず下調べをして出発してください!ドバイへの語学留学はキャリアエクスチェンジにお問い合わせください。

カナダ・トロントの公共交通機関「TTC」について

2017.08.28 ブログ

語学留学先としても人気の街カナダ・トロントは、バンクーバーに比べると日本人が少ない!(正確には多くても街が大きいためあまり日本人を含め留学生に会うことがありません!)そして6月~9月頃まではほぼ毎週街中でFreeイベントが行われているエンターテイメントな街です!また、トロントはカナダ最大のビジネスシティ!カナダ人はトロントのことを「カナダのニューヨーク」と呼ぶ人もいます。カナダ中からビジネスマン達が集まる街、そして移民の人たちで成り立っているマルチカルチャーな街なのです!日本人留学生が街を歩いていると道を聞かれるくらい誰が留学生で誰が旅行者で誰がトロントニアン(トロントに住んでいる人)なのかわかりません!

さて、今日はそんなトロント生活においてとても重要な移動手段である公共交通機関についてご案内したいと思います!
トロントには、3つの公共交通機関があります。

①TTC(Toronto Transit Commission)⇒トロント市内・近郊
②Go Transit⇒トロント郊外
③VIA鉄道⇒長距離列車

留学生が通学に使うのは主に①のTTCです。TTCには、地下鉄、ストリートカー(路面電車)、バスがあり、1回の運賃でこの3つどれでも利用でき、乗り継ぎ自由、そして区間も関係なく一律料金になります。
1ヶ月以上の滞在の場合は、1ヶ月間乗り放題のMetro Passがお勧め!
TTC Subway MAPダウンロードはこちらから!
※TTCホームページより

運賃(2017年8月現在)

1回乗車券:$3.25(約300円)
Tokens(トークン・回数券):3トークンで$9.00(約800円)
PRESTO Card(プリペイドカード):1回$3.00(約270円)
Pay Pass(1日乗車券):$12.50(約1,125円)
Weekly Pass(1週間乗車券):$43.75(約4,000円)
Metro Pass(1ヶ月乗車券):$146.25(約13,000円)

★週末特典★

土・日・祝に1日乗車券を利用する場合、1枚のDay Passで複数名利用可能になります!

大人1名+13歳~19歳までの子供5名まで
or
大人2名+13歳~19歳までの子供4名まで
or
大人2名まで

 

地下鉄路線種類と運行スケジュール

日曜日の始発は午前8時前後とかなり遅いので要注意!

Yonge-University Line 南北を通る線

 

Bloor-Danforth Line  東西を通る線

 

Scarborough Line  ②の東終点より先に延びる線

 

Sheppard Line  ①の北側から東に延びる線

 

トロントの地下鉄はとてもシンプルですので、初めての方でも簡単に利用できます。

また、地下鉄が通っていないエリアは、ストリートカーとバスが通っていますので、TTCを使えばトロント市内・近郊はどこでも行けちゃいます!!

駅によって、中華街や韓国人街、イタリア人街、ギリシャ人街と色々なコミュニティがありますので、休みの日に色々な駅を散策するのも楽しいですね。

 

★トロントのプログラム一覧はこちらからご覧いただけます★

語学学校や生活情報、プログラム料金などのお問い合わせは、キャリアエクスチェンジまで♪

 

 

名門NYUニューヨーク大学グローバルリーダーシッププログラム

2017.08.18 ブログ

ニューヨークの名門大学ニューヨーク大学へ短期留学が可能!大学生やヤングプロフェッショナルを対象とした、英語+アメリカ文化または英語+ビジネスを学ぶことができる、2週間~4週間の短期留学プログラムです。留学生を対象としたプログラムですので、世界各国から集まってくる様々なバックグラウンドを持つ留学生と交流を持つ機会があります。ただの短期語学留学ではなく、より有意義なニューヨーク留学をしたいとお考えの方に、最適な留学プランです。

このプログラムは、春学期(1月―4月)、夏学期(6ー8月)、秋学期(9月ー12月)に開講されており、学生ビザを取得しなくても参加可能なのが魅力です。夏学期のみNYUのキャンパスレジデンスに滞在ができ、ニューヨーク大学のキャンパスライフを満喫できます。それ以外の滞在先として、キャリアエクスチェンジにて民間学生寮やホームステイの手配をしています。

午前中には英語コース、午後はゲストスピーカーによる講演や視察、夕方からはニューヨーク観光などのアクティビティ、というスケジュールで構成されています。最終日にはグループワークのプレゼンテーションを行い、午後には修了式のセレモニーも用意されています。

 

2017年秋学期の開講スケジュールが発表されました!ご興味のある方はお早めにキャリアエクスチェンジまでお問い合わせください。


Global Business Leadership ビジネス英語とグローバルビジネスを学ぶ

グローバルビジネスリーダーシップは、今日のグローバルビジネス環境で成功するために必要なスキルを、大学生やその世代の若い社会人に教える、プロフェッショナルな英語+文化学プログラムです。 最大の焦点はビジネスコミュニケーション。グローバル経済における言葉の選択、プレゼンテーションスキル、メモ、カバーレター、インタビュースキル、文化的配慮に特に注意を払います。 カバーされるトピックには、マーケティングと広報、 財務、リーダーシップ、人的資本管理、 と起業家精神。 プログラムは、挑戦的で、インタラクティブで、楽しく、実用的です。

秋学期開講日
① 9月6日(水)~9月22日(金)
② 11月1日(水)~11月17日(金)

プログラム費用
ホームステイ個室・朝食付き滞在プラン 約535,000円
*航空券・海外保険・現地交通費・生活費は含みません


American Culture, History & Arts ニューヨークの文化・歴史・アートを学ぶ

このコースは、英語学習コンテンツのためのニューヨーク市の背景をテーマに構成されています。 このコースでは、NYCの地理と建築、ニューヨークの芸術、市内の有名なランドマーク、公共スペース、様々な地域の歴史や文化など、さまざまなテーマが取り上げられています。 参加者は、都市を移動し、実際のニューヨーカーと対話するための語学力を手に入れます。

秋学期開講日
10月2日(月)~10月20日(金)

プログラム費用
ホームステイ個室・朝食付き滞在プラン 約575,000円
*航空券・海外保険・現地交通費・生活費は含みません


定員がいっぱいになり次第、願書受付〆切となります。毎学期多数の参加者が願書提出をしていますので早めのお申込が必須です。

プログラムに関するお問い合わせ、お見積もりのご依頼はャリアエクスチェンジまでお気軽にお問い合わせください!

ILSC2017年料金適用期限のお知らせ

2017.08.19 ブログ

気づけばもう今年も残すところ4ヶ月となりましたね。2017年の夏も残りわずかです。みなさん夏の思い出ができましたか!?最近の東京は毎日シトシト雨が降っていて、時季外れの梅雨がやってきたのかと思うくらいです。できればもう少し夏を楽しみたいのですが。。。

さて、本日は、ILSC語学学校より2018年の料金表が届きましたのでご案内いたします。

 

コース開始日 コースお申込期限 適用料金
2017年・2018年 2017年12月21日まで 2017年料金
2018年・2019年 2017年12月22日~2018年12月20日まで 2018年料金

 

★ILSCについて★


●世界的ネットワークを持ち、国籍バランスの取れが老舗の語学学校
●カナダのキャンパスは年間平均750名の大規模学校
●完全選択制で130種類以上の豊富な選択科目を用意しているため、個人の希望でフレキシブルに組み合わせる事が出来る
●カナダ以外にアメリカやオーストラリアにもキャンパスがあるため、途中キャンパス移動が可能
●現在割引キャンペーン中!(詳細はお問い合わせ下さい)

ILSCについて、また海外留学についてのお問い合わせはキャリアエクスチェンジまで!

 

 

大学生や20歳代のビジネス留学に最適!ECグローバル人材育成留学プログラム

2017.08.14 ブログ

海外留学は語学留学ではなく、今後の「就活」や「転職」に活かすことができる、ビジネス留学をしたい!と思っている、大学生や20歳代の社会人の方必見の留学プログラムです。2018年より、昨年の3学期制から2学期制になり、より短期間で効率的に受講できるようになりました!

ECグローバル人材育成留学プログラム

語学学校EC(イーシー)が提供する、英語+ビジネス専門のGlobal Career Developmentプログラム。週20時間のビジネス英語レッスン+週10時間のビジネスコースで構成されており、留学生にとってバランスのとれたビジネス留学プログラムとなっています。

カリキュラムは2種類、1種類だけだと8週間(約2ヶ月)、2種類受講の場合は16週間(約4ヶ月)と、短い期間で効率的に学べるのが、忙しいビジネスパーソンや大学生にとってのメリットです。

 

【学校情報】

【カリキュラム】

1学期 英語+現代ビジネスの基本 週30レッスン/8週間

• 一般英語:中級以上のコミュニケーション能力を身に付ける
• ビジネス英語:ブランディング、人事査定、プロジェクトマネージメント、ファイナンス、企業による社会貢献等、様々なビジネスの分野、場面を想定した教材を用いて英語を学ぶ
• ビジネスの基本:上記の内容に応じて実際のビジネス副教材を用いながら、ビジネスの基本を学ぶ
• ゲストスピーカーによるレクチャー:様々な分野の専門家からのレクチャーを通じ、実際のグローバルビジネスの話を聞く

2学期 英語+ビジネスプロジェクト 週30レッスン/8週間

• 一般英語:ビジネスレベルのコミュニケーション能力を身に付ける
• プロジェクト:セールス&マーケティング、カスタマーマネージメント、デジタルマーケティング等、地元企業との連携で、依頼された、または与えられたグループプロジェクトに取り組む
• ポートフォリオ制作:学んできたことの集大成として、個人ポートフォリオを作成する

 

【2018年予定開講日】

  • 1月8日~3月2日:2学期
  • 3月5日~4月27日:1学期
  • 4月30日~6月22日:2学期
  • 7月2日~8月24日:1学期
  • 8月27日~10月19日:2学期
  • 10月29日~12月21日:1学期
  • 1月7日~3月1日:2学期(2019年)

【開講キャンパス】

ご興味をお持ちの方は、まずはキャリアエクスチェンジまでお問い合わせください!ここをクリック!!

KAPLAN新アメリカ留学プログラム☆ザ・ベスト・オブ・アメリカ

2017.07.19 ブログ

世界最大級の語学学校KAPLANのアメリカ校の新プログラムの御紹介です。現在新プログラム記念キャンペーンとして最大航空券費用US$1000まで学校が負担してくれます!人数限定ですのでお急ぎください。

 

大学生の休学留学に最適!アメリカを知り尽くす留学プログラム
The Best of America ザ・ベスト・オブ・アメリカ

語学留学というと英語を学ぶだけ。アメリカの文化を生活の中で感じることはできても、学校で学ぶことまではできませんでした。。。アメリカで英語を学ぶだけじゃ、もったいない!!折角だからアメリカの文化を学んで、アメリカ人と交流して、アメリカ生活を満喫しよう!というのがこのプログラムです。

2017_KIE_Best of America_日本語版 ←ここをクリックしてPDF資料をご覧ください

 

 

コース構成:

① 一般英語コース 週20レッスン(通常コースの学生とレベル別混合クラス)
② 選択授業 週8レッスン
Best of America 受講生だけが受講可能な、様々なアメリカ文化をテーマとした6つのモジュールを受講
モジュール1 もう1つのわが家
モジュール2:アメリカ発祥の音楽
モジュール3:ハリウッドから YouTube まで
モジュール4:ホームランとタッチダウン
モジュール5:アメリカンドリーム
モジュール6:偉大なアメリカ
③ K+ オンライン英語教材へのアクセス

 

プログラム概要

開講キャンパス: Miami 校、Santa Barbara 校、NY Empire State 校、Boston Harvard Square 校
開始日: 2017 年9 月18 日(月)
期間: 8ヶ月間
募集人数: 各校25名~30 名 *国籍バランスを保つ為日本からは各校5~6名限定
必要英語レベル: 初級~中級 Elementary~Intermediate
年齢層: 16 歳~25 歳
授業料: US$11,500

 

おすすめポイント!!

・アメリカ生活の始まりを記念する新入生歓迎パーティ
・American Buddy Program に よ る、地 元 の学生との交流
・留学先の都市のさまざまな食文化に触れるフードツアー。クラスメートや仲間と食事に出かけることもあります
・ハリウッドの脚本家や宇宙旅行の専門家など、各分野のエキスパートを招いての講演
・都市の歴史探訪や伝統的なフットボール観戦など、各専門分野に関連するツアー。ツアーの内容は留学先の都市によって変わります
・アメリカでの学習成果と生活を示すポートフォリオ
・アメリカでの素晴らしい体験の記念として、2017年クラスのアルバムを贈呈
・帽子、ガウン着用での卒業式と、コース終了特別記念パーティ


本プログラムは定員が決まってます。各キャンパスの受け入れ状況を事前にご確認の上お申込ください。プログラムに関するお問い合わせはキャリアエクスチェンジまでお気軽にお問い合わせください。

コスパよし!ニューヨーク市立大学バルークカレッジ

2017.07.08 ブログ

ニューヨーク市立大学City University oof New Yorkは、その頭文字をとってCUNY(キューニー)と呼ばれる、ニューヨーク市内にある大学の総称です。ニューヨーク市マンハッタン区、ブルックリン区、クイーンズ区、ブロンクス区、スタテンアイランド区の5区全域で、11校の四年制大学と6校のコミュニティ・カレッジ、大学院大学と専門大学院とによって構成されています。

 

公立校のためニューヨークシティにありながらリーズナブルな学費で経済的に高等教育を受けることができます。CUNYが発表するところによると約50万人がCUNYで学んでいます。

そんなCUNYの中でもビジネスに強い大学として名高いのがCUNYバルークカレッジです。バルークカレッジのビジネススクール、ジックリンスクールオブビジネスは、公立校でありながら全米MBAスクールのトップ30に入っています。多くの卒業生がニューヨークの投資銀行、ヘッジファンドなどに就職しています。

バルークカレッジはマンハッタンの中心部、東24丁目にキャンパスがあり、地下鉄駅のすぐ真上に位置しています。

バルークカレッジのオススメポイントは、高水準の教育を低価格で受けられること、いわゆるコスパがよい点です。ニューヨーク私立大学ニューヨーク大学の1年間(アカデミックイヤー)学費を比較してみると、
CUNYバルークカレッジ 約$14000(=161万円)
ニューヨーク大学    約$49000(=563万円)
なんと!ニューヨーク大学は学費が3.5倍も高いのです!どれだけバルークカレッジのコスパが良いか、授業料だけでもわかりますね。

 

そんなバルークカレッジでは大学・大学院の学部コースの他に、入学のハードルがそれほど高くない、留学生向けの2つのプログラムを開講しています。

CUNYバルークカレッジ付属語学学校プログラム

英語力ビギナーから受講可能な英語コース。アカデミック英語コースの他に、TOEFL、GRE/GMAT対策英語コースなど進学を目指す方のための英語コースも開講されています。

CUNYバルークカレッジ・ビジネス修了証取得プログラム

4年制大学卒業者を対象とした、12ヶ月間のCertificate取得プログラム。大学院に行くには時間もお金もかかるから躊躇している方にオススメの、1年間でビジネスの専門だけを学べる効率的なプログラムです。修了後はOPTビザを取得して1年間アメリカで自由に働く経験ができ、海外就職のチャンスもあります。

各プログラムの詳細は、下記プログラム名をクリックしてご覧ください。

 

その他キャリアエクスチェンジではCUNYのラガーディア・コミュニティ・カレッジ、ハンターカレッジの付属語学学校の留学手配サポートをしています。付属語学学校からTOEFLなしでCUNYの学部コースに入学できますので、ニューヨーク市立大学進学を目指す方にもオススメです。

CUNYバルークカレッジに関するお問い合わせはャリアエクスチェンジまでお気軽にお問い合わせください!

メリットがいっぱい!アメリカの田舎J-1有給インターンシップ求人情報

2017.06.29 ブログ

キャリアエクスチェンジはアメリカJ-1ビザ有給インターンシップのスペシャリストです!この10年間で200名以上のJ-1インターンシップ参加者のお手配をしてきました。経験と実績ではどこにも負けません!

アメリカJ-1有給インターンシッププログラムのほとんどの参加者の方が、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコなど、大都市を希望される傾向にあります。実際、求人もこれら大都市エリアに多いのですが、皆さんが旅行でもいったことがないようなエリアにも求人はあります。日系企業はアメリカのありとあらゆる州・都市に進出しているからです。

★★アメリカ有給インターンシップ求人情報はここをクリックしてご覧いただけます★★

今回はアメリカ大都市以外エリアの求人を選択するメリットと、おすすめのアメリカ大都市以外のエリアの求人のご紹介します!


アメリカの田舎エリア求人を選択するメリット

    • 報酬が高い

あまり日本人におなじみではないエリアの求人は、報酬を高く設定して人材確保をしている会社が多くなります。人気エリアの報酬平均が月$1500と比較して、田舎エリアの場合は報酬平均が月$2000になっています。

    • 報酬以外にもベネフィットがある

人材確保のためもありますが、多くの田舎エリアでは滞在先無料提供や家賃補助など、滞在に関するサポートがある会社が多いです。田舎すぎて外国人がアパートを借りたり、シェアアパートを見つけるのが困難という理由もあります。
また食事の無料提供、航空券代金の補助、健康保険の加入などのベネフィットを提供してくれる会社もあります。

    • 家賃・物価など生活コストが安い

これこそ田舎エリアの良いところです。ニューヨークやサンフランシスコと比較して物価が約半分なんてエリアもあるくらいです。

    • 大きな規模の会社が多い

日系企業に限っていうと、アメリカの田舎エリアに進出している会社は、日本の親会社が上場企業であったり、全米に展開している企業であったり、バックグラウンドがしっかりとしている会社が多いという特徴があります。

    • 英語環境の中で研修・生活ができる

何と言っても日本人が少ないエリアでは、日常生活でまったく日本語が聞こえてこない、100%英語環境での生活が可能です。英語力アップを希望するのであれば、このような環境に身を置くことがベストです。

    • これぞアメリカ!という大自然を満喫できる

田舎のエリアはテレビや映画で見たアメリカの大自然が、すぐそこにある環境です。アメリカの大自然を満喫しながら生活ができます。

 

おすすめのアメリカ田舎エリア求人情報

 

テキサス州ヒューストン

テキサス州の東部に位置する人口200万人のテキサス州最大、アメリカ第4の都市。ダウンタウンエリアは高層ビルが立ち並び、ニューヨークのような夜景が楽しめる。博物館や美術館も多く、毎年700万人もの観光客が訪れています。公共交通機関も整っていて生活が便利。日系企業も多数進出していて、日本人は6000人以上在住しているとのこと。日本人学校・日本のスーパーマーケットなど、日本人が暮らしやすい環境が整っています。

このエリアの求人は・・・・・・スーパーマーケット内レストラン 店舗運営アシスタント*クリックして求人をご覧いただけます

 

オクラホマ州ガイモン

テキサス州に隣接するオクラホマ州ガイモンは人口2万人の小さな町。カウボーイの街ともいわれる畜産業が盛んなエリアで、食肉工場が多数あります。日系企業もいくつか進出をしていますが、日本人は非常に少ないため日本人コミュニティーはありません。これぞアメリカという大自然が魅力です。

このエリアの求人は・・・・・・オクラホマに工場を持つ食品メーカー管理業務アシスタント*クリックして求人をご覧いただけます

 

アラスカ州フェアバンクス MAPはここをクリック

アラスカ第二の都市、人口3万人の小さな街。気温は夏は平均22度、冬になるとマイナス25度にもなり、オーロラ観測が人気の観光地になっています。大自然に囲まれ、きれいな空気の中で生活ができるのが魅力。日系企業がほぼ進出していないエリアのため、日本人というとほとんどが観光客になり、完全英語環境の生活が可能です。

このエリアの求人は・・・・・・英語環境!アラスカリゾートホテルスタッフ 従業員寮あり*クリックして求人をご覧いただけます

 

バージニア州リッチモンド MAPはここをクリック

バージニア州の州都で20万人もの人が暮らしている郊外の程よい大きさの都市です。ワシントンDCに隣接していて車で2時間程度の場所です。国際空港やアムトラック駅があり、ニューヨークなど東海岸の都市部へのアクセスが良いです。日系企業は多くないため日本食や日本人コミュニティーは発達していないため完全英語環境での生活が可能です。

このエリアの求人は・・・・・・海外で日本語医療サポートを提供する会社 カスタマーサービス *クリックして求人をご覧いただけます

 

ミシガン州ノバイ MAPはここをクリック

デトロイトから約40Kmの人口約6万人の小さな街。日本の大手自動車会社が進出していることから駐在員も多く、ミシガン州で最も日本人が多く住むエリア。ノバイ市には日本人学校、日本のスーパーマーケットなどもあります。人口の70%が白人、アジア人は15%もいます。ミシガン州の中でも治安の良いエリアとして日本人が住みやすい地域です。

このエリアの求人は・・・・・・ミシガン州米国人弁護士事務所 パラリーガルアシスタント*クリックして求人をご覧いただけます


その他にも多数、アメリカの田舎エリアの求人が人材を募集しています!キャリアエクスチェンジの求人情報一覧を是非ご覧ください。アメリカJ-1有給インターンシッププログラム、また今回ご紹介した求人にご興味をお持ちであれば、キャリアエクスチェンジにまずはお問い合わせください。お問い合わせはここをクリック!

 

トランプ大統領効果?カナダ留学が今年人気な理由

2017.06.10 ブログ

夏休みの海外留学シーズンはもうすぐ!夏休み海外留学をお考えの方は、そろそろお手続きを開始する時期です。お早めにご相談・お申し込みください。海外留学のお問い合わせはこちらをクリック

今回は2017年に入ってからものすごく人気が上がってきている、カナダ留学についてご紹介させていただきます。

 

さてカナダの学校のスタッフと話す機会が最近たくさんありますが、そこで聞くのはカナダへの留学生がものすごく増えているということ。いくつかの学校では、すでに7月~8月の夏休みの留学の募集を満席のために締め切りしました。通常のクラスルーム数だけでは満席のため、近くのビルに急遽クラスルームを借りて対応する学校もあるそうです。

 

カナダへの留学生が増えている理由はずばり「ビザ」の問題です。トランプ大統領の「入国禁止令」の後、アメリカ入国に不安を持つ留学生がアメリカを避け、カナダへの留学を選択しているようです。と言いますのも、カナダ留学で増加している留学生の国籍は、日本ではなくメキシコなど南米の国々だからです。

ますます入国やビザの規定を厳格化し外国人の入国を歓迎しないトランプ大統領よりも、「外国人のカナダ訪問を歓迎します」というコメントを真っ先に出したトルドー首相のほうが、「留学生の獲得」という点では勝利しているようです。

 

 

参考までに語学学校から頂いた最新(2017年6月現在)の国籍比率を下記にご案内します。

グローバルカレッジ・バンクーバー校 *クリックして学校詳細をご覧ください

1位 28% 南米(メキシコ/チリ/コロンビア/アルゼンチン/ベネズエラ)
2位 25% 日本
2位 23% プラジル
4位 16% 韓国
5位 8% その他(スペイン/台湾/ベトナム/中国)

ILSC・モントリオール校 *クリックして学校詳細をご覧ください

1位  23% メキシコ
2位  16% コロンビア
3位  12% ヨーロッパ
3位  12% ブラジル
5位  10% 韓国

いかがですか?メキシコ、ブラジル、コロンビアなど、南米の国からの留学生が多いことが一目瞭然かと思います。カナダ留学=日本人がものすごく多い、というイメージを持っている方が多いのですが、実際はそんなことはありません。バランスのとれた国籍比率の中、英語を学ぶことができます。

 

さてお隣同士の国カナダとアメリカですが、短期留学の場合の滞在可能期間や就学時間数のビザ規定には、かなり大きな違いがあります。これもカナダ留学人気を後押ししている大きな理由の1つです。

ビザを取得しないで滞在できる期間

  • アメリカ(ESTA)- 90日まで
  • カナダ(eTA)- 180日まで

ビザを取得しないで就学できる時間数

  • アメリカ- 週18時間以下のコースのみ *週18時間以上の場合は学生ビザ取得が必須
  • カナダ- 就学時間数に制限なし

短期留学の場合、短い滞在期間でもたくさん英語を学ぶことができる、カナダ留学のほうにメリットを感じますね。

また為替レートもアメリカドルとカナダドルでは全く異なります。2017年6月現在、アメリカドルは1ドル=約110円位、カナダドルは1ドル=約85円位です。留学費用も全体的にカナダのほうが安くなります。アメリカとカナダの留学プランのお見積もりを見て、カナダ留学を選択される方も多いんですよ。

いかがですか?カナダ留学が人気の理由がわかりましたか??外国人留学生ウェルカムなカナダが多くの留学生にとって魅力的なことは間違いなしですね。またカナダは気候が良い、人が優しい、そして多くの学校に日本人スタッフが常駐していることから、初めての留学の方にもオススメの国です。

カナダ留学のご相談はキャリアエクスチェンジにお任せください!お問い合わせはこちらから(クリックしてください)

ニュージーランド専門学校が海南航空キャビンアテンダント採用提携

2017.06.03 ブログ

ニュージーランドのツアリズム専門学校ニュージーランド・スクール・オブ・ツーリズムには、留学生向けの14週間キャビンアテンダントコースを開講しています。プログラム詳細に関しては、こちらをクリックしてご覧いただけます。

学校から素敵なニュースが届きました!なんと中国の海南航空とキャビンアテンダント採用についての提携を結んだということ。

ニュージーランド・スクール・オブ・ツーリズムからきた下記ニュースレターをご覧ください!!

海南航空はこの度、ニュージーランド・スクール・オブ・ツーリズム(NZST)と提携して、卒業生に素晴らしい就職の機会を提供することになりました。

NZSTで国際線キャビンアテンダント(CA)の資格取得を目指して勉強して、卒業前に北京に本拠地を置く海南航空のCA採用の面接を受ける機会を得られます。

これは将来のグローバルキャリアへと結びつく国際的な経験の貴重な第一歩となります。

海南航空は2017年3月に、年2回のCA採用面接の第1回目をNZSTで行い、NZ、韓国、日本、中国からの学生を採用しました。

海南航空は、アジアで最も大きな航空会社の一社であり、200機以上の旅客機を保有し、国内線およびイギリスからアメリカに至るまで世界中を網羅する国際線を合わせて700以上の路線に就航しています。海南航空は、揺るぎない上質のサービスと安全性を徹底しており、スカイトラックス社国際部門格付けで6年連続五ツ星をで獲得し、2017年1月にはJACDEC の安全性ランキングにおいて世界第3位を獲得しました!

この素晴らしいエアラインで働く機会が、国際線客室乗務資格を取得したあらゆる国からの留学生を含む学生に開かれています。

NZSTに入学するには、以下の条件を満たすことが必要となります。
授業開始1日目の時点で18歳以上であること
海外で高校を卒業、あるいはNZで12年生までを修了、あるいは同等の就業経験を有していること
英語能力試験IELTS 5.5点以上、あるいは同等の能力を有していること

海南航空採用条件には、健康であること、身体の見えるところに刺青、傷痕、ボディアートがないこと、緊急設備取り扱いのため少なくとも212cmまで手が届くこと、母国あるいはNZSTにおいて資格を取得していること、および20歳以上であることが含まれます。

卒業生、在校生合わせて47名が応募し、13名が採用され中国への赴任が決定したそうです。採用された13名の国籍は、ニュージーランド(7名)、韓国(4名)、日本(1名)、中国(1名)で、いずれもニュージーランド全国にあるNZSTキャンパスで学んだ学生です!

今年は2017年10月に再度CA採用面接を実施予定とのことです。次回のニュージーランド・スクール・オブ・ツーリズムのキャビンアテンダントコースの開講日は9月ですので、採用面接を受けるチャンスがありますよ!!

ニュージーランド・スクール・オブ・ツーリズムのキャビンアテンダントコース参加にご興味がある方は、キャリアエクスチェンジまでお問い合わせください。