プログラム資料はこちら

  • 開始時期: 毎週月曜日 ※専門コースは入校日がありますのでご相談ください。
  • 期間: 2週間~52週間 自由に設定可能 
  • 年齢条件: 18歳以上
  • 英語レベル条件: 初級~上級まで
  • 滞在タイプ: ホームステイ
  • ビザの種類: ■12週間までの留学:ビザ不要(ETAS)■ 12週間以上の留学:学生ビザ ■ワーホリビザ:16週間まで受講可能
  • プログラムID: LS068
学校名: Sydney English Language Centre (SELC)
住所: 19 – 23 Hollywood Avenue Sydney NSW 2000 AUSTRALIA
平井 良江
平井 良江

勉強+夏のシドニーを最大限満喫したい方にSydney English Language Centre(SELC)をお勧めします。SELC at the bearch

SELC(セルク)ボンダイ校は世界的に美しいといわれるボンダイビーチまでバスで約10分、シティ中心までも電車で約10分と都会と自然が広がるリゾートが感じられる絶好のロケーションに位置します。
ここ数年で大きく発展しており、オーストラリア最大規模のショッピングセンターWestfiledやスーパーWoolworth, Coleが建ち並んでいる。「地元オージーが住みたい街」としても人気が高く、賑やかなCity中心部に比べると少しのんびりした雰囲気。
学校からはバスターミナルや駅も徒歩5分で、シティより24時間バスも走っているため、放課後や週末にシティまで遊びに行くことも可能!
これぞオーストラリアのライフスタイル!を体験したい方にはベストな環境です。

SELC English Language Centres の基本情報

SELC_Class Photo1985設立のオーストラリアで最も伝統と実績のある語学学校の一つとして知られており、今までに3万人以上の卒業生を輩出している信頼の高い語学学校です。
ヨーロッパ・南アメリカ諸国の学生を中心とする国際色豊かな環境、そしてフレンドリーで熱心な教師陣による細やかな指導には定評があります。

SELC(セルク)はボンダイ校の他に、シティ校があり、ここでは主にチャイルドケアコースを中心とした職業関連コースと Academic English Program(進学英語コース)を開講しています。
シティ校は、文化の中心地であるシドニーの正に真ん中に位置し、オペラハウス、ダーリングハーバー、ロックス等の有名観光スポット、各種美術館や博物館等の文化施設、そしてショッピングセンター、レストラン、フードコート、パブなどの主要な場所へは全て徒歩圏内という非常に便利なロケーションです。

SELC(セルク)は常に留学生の立場に立ったサービスを提供し、「質」で勝負を続けてきました。特に「カスタマーサービス・コミュニケーション英語コース」は人気があります。このコースでは、オーストラリアで接客の仕事をするために必要な英語力を養うためのコース。カフェやバーで働くための英語講座もあり、より実践的な英語を学ぶことが可能です。
日本人スタッフも数名常勤しているため、英語力がゼロでも、安心して留学できます。クラスのレベル分けも細分化され、全9レベル。講師も非常にレベルが高いので、初心者の方にもわかりやすく教えてくれます。

コース種類

●一般英語コースSELC_English Class
●バリスタコース
●IELTS準備コース
●ケンブリッジ検定準備コース
●進学準備英語コース

【おすすめコース】

バリスタ・カスタマー・サービス・コミュニケーション英語

対象レベル : 初級上 ~ 中級
受講期間 : 4週間

シドニーで初めてできた接客英語専門 バリスタ コースで、英語力に自信がない方でも受講できます。

オーストラリアはカフェ大国。本格的なコーヒーマシンを使用し、SELC独自で企画運営するSELC Caféで実際に校内の学生に販売することで、本当の接客を体験し自信をつけます。

●コース詳細

SELCの バリスタコース では、毎日のコーヒー作りはもちろんのこと、歴史や豆の種類など、コーヒーに関する基礎知識を学び、履歴書の書き方や接客英語など、オーストラリアで英語の仕事に就くための総合スキルを学びます。課外授業では実際にカフェに行き、バリスタから焙煎の方法やエスプレッソマシーンについて詳しく学びます。

更にグループに分かれて学校周辺のカフェを巡り、コーヒーの味やミルクのフォーム、サービスなどについて研究し、毎週金曜日にはシティの有名校:シドニー・コーヒースクールへ出向き、ラテアートなどを学ぶという内容盛りだくさんの4週間完結コースです。

また授業の休憩時間に運営する「SELC Café」では、キャッシャー、バリスタ、ウェイトスタッフなど日替わりで役割分担し、自分たちでコーヒーを在校生にサービスします。30分で100杯以上もサービスすることもあります。終了後、反省点をクラスメイト同士で意見交換したりと団結力も日々強くなります。

セルクには色々な国籍の学生が在籍しているので、オーダーを取る際に各国々の発音の違いやクセも体験できて、オーストラリアで働く際にとても役立ちます。

Balistaバリスタ とは?

バリスタ (barista)とはイタリア語で「バール(bar)でサービスをする人(~ista)」という意味で、バーテンダー(bartender)とは英語で「バー(bar)でサービスをする人(tender)」という意味です。バールにかかせないのがエスプレッソで、豊富な経験と確かな技術でその味を守り続けるのがバリスタです。

ここ最近では「エスプレッソを抽出する人」としての意味合いが強くなってきていますが、単にエスプレッソを淹れるだけではなく、お客様へのホスピタリティにも配慮が行き届いてこそ一流のバリスタとされています。接客のプロであり、お客様の好みや体調にあわせて一杯一杯気持ちを込めてコーヒーを淹れるプロのことをバリスタと言います。

学校公式You Tubeリンク