海外留学の準備期間は「6ヶ月」がおすすめのワケ

2016.05.26 ブログ

海外留学をお考えですか?いつ頃の渡航を希望していますか?
半年後だから「まだまだ先だな~」と思っているのであればちょっと待った!今が留学準備を始める「その時」です。

留学準備期間が「6ヶ月」ということは、予定出発日から遡って6ヶ月前から準備をスタートするということです。
早すぎない?と思う方、その「理由」を説明しましょう。

  1. 学校にも定員があることをお忘れなく!
    Discover English
    1クラスの人数制限を設けている学校が多いですが、教室の数も限られています。学校のキャパを超える生徒を受け入れることはできません。希望時期に入学ができない場合は、学校を変更するか、渡航を遅らせるか、という選択に迫られてしまいます。
  2. 更に学生寮にも定員があることをお忘れなく!
    ロサンゼルス学生寮
    学校に近く、気兼ねなく暮らせる学生寮は、留学生に人気の高い滞在方法です。学生寮も部屋数や定員数が決まっており、留学シーズンの予約は早い段階で満室になってしまうことも少なくありません。
  3. 予防接種が必要な場合もある
    大学キャンパス
    主に大学付属語学学校において予防接種の証明書提出が義務付けられています。各国・各州によって必要となる予防接種の種類は異なります。複数のワクチン接種が必須の場合、1日で接種できないものがあったり、1回の接種の後1週間以上間をあけないと2回目を接種できない、というワクチンもあります。また血液検査が必要なこともあり、その場合は結果が出るのに1週間程度の時間がかかっています。
  4. 「ビザ」が必要な場合、「ビザ」取得には意外と時間がかかる
    ビザ申請サポート 書類作成 
    長期留学に必須の「ビザ」、アメリカでは1週間の留学でも「ビザ」が必要なコースもあります。「ビザ」は各国で申請方法も審査時間もことなりますが、申請に必要な書類を学校から取り寄せなければならないことから、すぐに「ビザ」を取得できるわけではありません。
    まれに政府のシステム障害などが起こり、「ビザ」発給まで2ヶ月以上を要したなんて事例もあります。申請から取得まで最低1ヶ月は時間がかかる、と思っておいて間違いはありません。
  5. 航空券を「早割」で安く買える
    海外留学 飛行機
    ホームステイや学生寮は週末チェックインが基本。週末出発の航空券は平日出発より少し割高です。また留学シーズンといわれる夏休み、年末年始もやはり割高になります。直前で航空券を買おうと思ったら、驚くほど高かった!なんてことがあります。
    航空会社では「早割」チケットがあり、早く購入することで安く航空券が帰るというメリットがあります。また「ビザ」を持って留学やワーホリをされる方を対象とした「ビザ割」がある航空会社もあります。「ビザ割」はビザがないと買えませんので、ギリギリの場合はこういった割引価格が使えなくなってしまいます。。
  6. 留学前の生徒向けオンライン英語コースをたっぷり受けられる
    EC Vancouver Computer Area (2)
    選択した語学学校によっては事前学習ができる「オンラインコース」を提供しているところもあります。
    「ECオンライン」導入のお知らせ EC語学学校より
    留学生活が始まる前にしっかりと英語学習をしたい方にとってはありがたいですね。この事前オンライン英語コースは学校への申し込みをしないと受講できません。

 

バタバタとあわただしく出発する留学よりも、余裕をもって出発する留学のほうが、皆さんにとっても良いはずです。これは現地に到着してから実感することでしょう。すべての準備が整って、それでも1ヶ月くらい時間がある、そんな留学準備が理想的です。

2016年7月よりオーストラリアワーキングホリデー収入に大増税?

2016.05.11 ブログ

オーストラリア政府が昨年取りまとめた「ワーキングホリデーでの収入に32.5%の所得税を課税する」という税制改革法案の実施日が、2016年7月1日に迫っています。オーストラリアでは「Backpacker Tax」といわれており、本当に導入されるのかに注目が集まっています。

記事は下記リンクよりご覧いただけます。
ワーキングホリデーに課税=日本の若者も悲鳴-豪

オーストラリア税制改革により「たばこ1箱が3200円になる」というオーストラリア大増税のニュースが日本でも報道されていますが、なんとワーホリ生にも大増税のあおりが来るとは!現在オーストラリアに滞在している日本人ワーホリ生には深刻な問題です。これまでは年収$18200(約150万円)以下の場合は無税、年収$37000までは19%の税率でした。これが7月から収入に関わらず32.5%の課税がされることになります。そうなると今ギリギリの生活をしているワーホリ生は暮らしていけなくなってしまいます。

オーストラリア ワーキングホリデー

 

増税されるとどれくらいの手取り額になるのでしょうか?試算してみます。
オーストラリアの最低賃金は時給17.29ドルです。
仮に週30時間勤務すると、$17.29×30=$518.70で、週給は$518.70となります。
1ヶ月を4週間とすると$518.70×4=$2074.80、月給はおおよそ$2075です。
ここから32.5%の所得税が差し引かれますと、手取の月給は約$1400になってしまいます。。

この増税法案に悲鳴を上げているのはワーホリ生だけではありません。オーストラリアの農家はワーホリ生の労働力に頼っているため、現在、農業組合や農業関連の支持者を持つ議員などが「バックパッカータックス」回避または実施延期に向けて動いているようです。

記事(英文)は下記リンクよりご覧いただけます。
Budget 2016: Government expected to delay ‘backpacker tax’

2016年7月1日までにどのような動きがあるか見守っていかなければなりませんね。

海外留学期間中、現地の友達を増やす方法

2016.04.28 ブログ

海外留学中に「できるだけ多くの現地人の友達を作りたい」、しかし、「海外でどうやって探せば良いのかわからない」という相談をよく受けます。
現地人の友達をつくるのは意外に難しい!?いいえ、そんなことはありません。
友達は向こうからやっては来ません!友達をたくさん作るには自分自身の行動あるのみです。どんな方法があるのかを紹介します!

 ボランティア

ボランティアに参加する

海外では日本よりもボランティア活動が活発です。現地の人々は日常的に仕事の休みや学校の休暇を利用してボランティアに参加しています。そのためボランティア先ではボランティア団体の職員だけでなく、一般の現地人の人々と出会う機会があります。国籍も、バックグラウンドも、言葉も超えて、みんなで協力し合って一つのことを成し遂げる経験を通して、現地の人々と交流を図ることができます。英語を使って自然に現地の人々と交流を測るのにはボランティアがよいでしょう。

キャリアエクスチェンジでは様々なボランティアプログラムがあります。現地に行ってから自分で見つけるのは自信がない、という方は是非ご利用ください。

 NPOボランティア

大学の社会人向けコースを受講する

アメリカやイギリスなど欧米では社会人になってからも引き続き勉強するのが当たり前。より良いキャリアを求めて仕事が終わってから社会人向けのコース(Continuing Studies)受講のために近隣のカレッジなどに通っています。クラスメートとして現地の社会人の人々と交流を持つことができ、ビジネスネットワークを広げることができます。また自分が興味のある分野、仕事で必要となるスキルを英語で学べますので、英語環境で専門分野を学ぶ留学を希望される方には最適です。

キャリアエクスチェンジでは現地の社会人と一緒に学ぶことができる社会人向けコースの手配が可能です。

 カナダビジネス留学 講義

Meetupを利用する

Meetup (ミートアップ)を知っていますか?
ニューヨークで生まれたプラットフォームサービス、現在世界中で2,500万人以上が参加しています。共通の地域や興味に関するコミュニティを簡単に始めたり運営することを可能にしたサービスです。自分の住んでいるエリア、興味のあるキーワードを入れて検索すると、交流会の情報が一覧で出てきます。
「Language Exchange」とキーワードを入れると、外国人と言葉の交流を持ちたいコミュニティーの案内が出てきます。「日本語」限定の交流会もあります。
または自分の興味のあること、例えばサッカーが好きならばサッカーチームの部員募集、アニメが好きならばアニメを語り合う交流会の募集などなど、様々な分野で交流会の情報が出てきます。自分と同じ年代や、同じ職業で、友達を探すこともできます。
共通のコンテンツがあることで話が弾みやすく、英語力を気にせずに話ができるのが良いところです。同じ趣味を持った現地の人々と交流したい、日本に興味がある現地の人々と交流したい、という希望をお持ちの方には最適です。

Dollarphotoclub_26209413

1年くらいの長期留学であっても、あっという間に時間は過ぎ去っていきます。英語に自信がない、何を話して良いかわからない、なんてネガティブなことは考えないで、様々な機会やツールを利用して、どんどん現地の人と会うようにしていきましょう。
現地人の友達ができると、留学が俄然面白くなってきます。英語を話す時間も増えます。せっかく海外留学のチャンスを得たのですから、最大限に現地にいる強みを利用しましょう。

ECボストン現地大学生徒とのカンバセーションパートナー制度!

2016.04.19 ブログ

現地アメリカ人と交流を持ちたい方、必見です!

現在ECはアメリカだけでも9キャンパスもあります。

Boston
  • ボストンキャンパス
  • ワシントンDC
  • ニューヨークマンハッタンキャンパス
  • ニューヨーク州立大学Oswegoキャンパス
  • ニューヨーク州立大学 Fredoniaキャンパス
  • サンディエゴキャンパス
  • サンフランシスコキャンパス
  • ロサンゼルスキャンパス
  • マイアミキャンパス

EC Boston Classroom中でも人気なのは、ロサンゼルス(サンタモニカ)校とニューヨーク校。
この2都市はアメリカ留学のメインエリアになりますので、やはり日本人の数も多め・・・

せっかくアメリカ留学をするなら、日本人が少なくて、現地のアメリカ人とたくさん交流を持ちたい!と言う方には、ECボストン校がお勧めです!

ボストン校の特徴をご案内します♪

★ボストン校限定、現地大学生とのカンバセーションパートナ
ー制度がある

★日本人率平均5%!(比較:NY校→平均19%、LA校→平均20%)
★進学コースのヘッドオフィスがあるため、まじめに勉強したい学生が集まる!
★発音矯正などの無料ワークショップが充実!

【現地大学生とのカンバセーションパートナー制度】

conversation_partners_2015

この制度はボストン校のみで実施されている制度で、24週間以上お申込の方対象となります。EC Boston Classroom (16)

ボストンにあるいくつかの大学とのコラボで実現したこの制度は、
年に4回顔合わせがあり、パートナーを決めます。パートナーが決まったらいよいよ交流開始!
最低月1回はMeetするルールがありますが、Meeting の回数に制限はありませんので、パートナーと都合が合えば、何度でも交流することができます。
皆さん、現地大学生と映画を観に行ったり、カフェで会話を楽しんだりと様々♪
基本的には、同性同士のパートナーになりますが、人数のバランスなどから異性のパートナーになる場合もあるとのことです。

EC語学学校についてのお問い合わせは、キャリアエクスチェンジまで!!

海外留学の航空券はどうやって選ぶ?

2016.04.12 ブログ

留学出発日の1ヶ月前までを目安に航空券を購入していただいていますが、「どんな航空券を買えばよいですか?」という質問をよく受けます。初めての留学ですと航空券を買うのも初めてなので、訳が分からぬまま購入してしまって失敗した!という方も良くいらっしゃいます。留学での海外渡航における航空券購入で気を付けることをご案内します。

留学出発 空港

往復航空券?片道航空券?

これは滞在期間、ビザの種類によって異なります。
往復航空券の場合365日以内の往復となるので、1年以上の留学の場合は片道航空券を購入することになります。
ワーキングホリデービザや学生ビザをお持ちの場合、片道航空券での入国ができます。
1年以内の留学の場合で、短期滞在ビザやビザなしでの渡航の場合は、必ず帰国日を決めた往復航空券を購入する必要があります。
FIXチケットは出発日・帰国日を決めて購入する往復航空券になりますので、FIXチケットを買うと良いでしょう。
1年以内の留学で、ビザを取得して渡航される場合、帰国日が変更できる往復航空券のOPENチケットが良いです。
片道航空券よりも安く、また留学ビザやワーホリビザをお持ちの場合、「学生割引」チケットが買える航空会社もあります。

直行便か経由便か

一般的に経由便のほうが安い傾向にあります。しかし経由便は乗継の場所や時間によってはかなり時間がかかるのがデメリットです。
初めての留学や海外旅行慣れしていない場合は、直行便での渡航を強くお勧めします。
海外での乗り継ぎで飛行機の到着遅れや天候による欠航などがあった場合、空港で日本語でサポートしてくれる人がいません。
また経由地で振替便などに搭乗せざるを得ない場合、空港出迎えのドライバーやホームステイ先に連絡をしなければならず、
海外の空港でパニック状態に陥ってしまうこともあります。折角の初めての留学、出だしからいやな目に遭いたくないですよね。

 海外留学 飛行機

航空券はいつ買うと安い?

6ヶ月前くらいから「早割」の航空券が発売していたり、早く買ったほうが得と思われるかもしれませんが、
旅行シーズンを外した時期だと余っている席を安売りするので、ギリギリに購入したほうが安い場合もあります。
逆に席がほとんど余っていない旅行シーズンの航空券はどんどん値上がりします。悪ければ満席でキャンセル待ちなんてこともあります。
ギリギリまで待つのはリスクがかなり高いので、やはり出発日の3ヶ月前くらいには航空券を購入したほうが良いですね。
国によってはビザ申請の要件に、航空券の事前購入が必須なることもあります。

航空券はどこで買ったらよい?

航空券は航空会社のホームページから直接購入、旅行会社のホームページや店頭でも購入できます。
店頭購入の場合手数料が高い傾向にありますので、手数料がないまたは安いインターネットでの購入をオススメしています。
複数のサイトを見比べて、航空券料金の相場を把握した上で、航空券を購入するようにしましょう。

海外留学航空券 飛行機

多くの留学先でホームステイのチェックインを土曜日または日曜日に設定しているため、週末到着便は混み合っている傾向にあります。特にこれから夏休みの留学が増える時期、また会社員の夏休みとも重なる7月~9月は、手ごろな価格の航空券がとりにくい時期です。早めに留学プランを決定して、できるだけ早く航空券を購入できるようにしましょう。

アメリカ学生ビザ F1ビザとM1ビザの違い

2016.04.05 ブログ

アメリカ学生ビザにはFとMと、2つの種類があるのはご存知ですか?

FビザかMビザか申請するビザを自分で選ぶことができません。学校により申請する学生ビザの種類が決まります。
長期留学を考えて学生ビザを取得する場合には、この2つの学生ビザの特性を知ったうえで学校を選択する必要が出てきます。

アメリカ学生ビザ申請サポートサービスの詳細はこちらをクリック

 

Fビザとは

学術的プログラムや英語プログラムを提供する学校の学生ビザ。
最も一般的な学生ビザで、語学留学をする場合はほとんどがこのFビザとなります。

Mビザとは

職業訓練学校の学生ビザ。
美容専門学校、ダンススクール、ビジネス専門学校などの専門学校がMビザとなります。

FビザとMビザの違い

 

      Fビザ       Mビザ
就学可能期間 特に制限なし 最大1年
滞在許可延長 学費を納めることで可 移民局への延長申請必須
米国内で他ビザへ切替え 不可
滞在猶予期間 60日間 30日間
OPTビザの取得 可能 1年~3年 可能 最大3ヶ月程度
同行家族ビザ F-2ビザで帯同可能 M-2ビザで帯同可能

 

1年以上の長期アメリカ留学を検討している場合、Mビザは非常に厄介なビザになります。
滞在を延長するにも移民局への申請が必要、他の学校に転校ができない、滞在期間に制限がある、からです。
Mビザがこのように厳しい理由は、Mビザの対象校が「職業訓練校」のためです。
職業に直結しているだけに、修了後アメリカで就職をさせないようにこのような規定を設けています。
Mビザで身に着ける専門技術・知識と資格は、あくまでも「自国に帰国して活かす」ことが前提となっています。

このようにアメリカ学生ビザの特性をわからないまま、アメリカ留学プランを決めてしまうと、留学後に後悔するなんてこともあります。。
アメリカ留学のプランニングは、アメリカ留学のプロフェッショナルであるキャリアエクスチェンジにご相談ください!

今年の夏休みは海外インターン・ボランティアに参加しよう!

2016.03.28 ブログ

大学生の皆さん、夏休みの予定は決まりましたか??
学生時代の夏休みは本当に貴重な長期休暇です。社会人になると1ヶ月という長期休暇を取ることはなかなかできません。
学生時代だからこそ利用できる長期休暇を、海外での短期インターンシップやボランティア留学に使ってみませんか?

海外インターンシップ&ボランティア求人情報一覧はこちらをクリックしてご覧ください

オフィスインターンシップ

海外短期インターンシップ&ボランティアに参加するメリット
☆ 現地の人々と触合うことができる
☆ 1日5~6時間を職場経験をして過ごすことができる
☆ 就活でアピールすることができる経験が得れる
☆ 机上ではなく現場で使っている英語を学べる

今回は国・都市別に人気の高い短期海外インターンシップ&ボランティアプログラムをご案内させていただきます。

シンガポール

多国籍な国シンガポールでは企業インターンシップがおすすめ。最大30日までのビジネスインターンシップが可能です。
プログラム詳細はこちらをクリックしてご覧ください

シンガポールインターン体験談

アメリカ・ニューヨーク

世界のビジネスの中心地ニューヨークでは企業での本格的ビジネスインターンシップがおすすめ。4週間~参加可能。
インターンシップでも英語を多用するため英語力が高い方向け。メディア・広告・イベント・PRの求人が豊富です。
プログラム詳細はこちらをクリックしてご覧ください

オフィスインターンシップ

アメリカ・ロサンゼルス

福祉サービスが充実しているロサンゼルスでは非営利団体でのボランティアがおすすめ。3週間~参加可能。
英語力があまり高くなくても100%英語環境でのインターンシップを経験できます。
アメリカ人ボランティアの皆さんと交流をもち、様々な出会いがあります。
プログラム詳細はこちらをクリックしてご覧ください

シニアケアボランティア

アメリカ・シリコンバレー

有名IT企業が集結するシリコンバレーはエンジニアを目指す方にとって最適なエリア。3週間~参加可能。
半導体、ハードウェア、ソフトウェアなど、IT関連の求人が多く大学で研究しているような方におすすめ。
プログラム詳細はこちらをクリックしてご覧ください

フィリピンインターンシップ

カナダ・バンクーバー

移民が多いバンクーバーではインターナショナルな幼稚園でのボランティアがおすすめ。3週間~参加可能。
子供と触れ合うことで自然に英会話力があがっていきます。英語力が初級でも参加可能です。
プログラム詳細はこちらをクリックしてご覧ください

カナダ幼稚園ボランティア

オーストラリア・シドニー

デイケアセンターが充実しているオーストラリアではチャイルドケアボランティアがおすすめ。1週間~参加可能。
1週間という短期であっても、留学とは異なる充実した経験ができると人気があります。
プログラム詳細はこちらをクリックしてご覧ください

海外幼稚園ボランティア

海外インターンシップ&ボランティアの申込締め切り時期は、渡航の1ヶ月前まで、となっています。しかしギリギリのお申込ですと希望する求人がすでに埋まっている場合もありますのでご希望に添えない場合もあります。渡航の3ヶ月前までにお申込みいただくことを強くお勧めしています。

海外短期インターン&ボランティア留学プログラムに興味をお持ちの方は、キャリアエクスチェンジまでお早めにお問い合わせください。

 

英語留学どの国が良い?統計を参考にしてみよう

2016.03.17 ブログ

英語を学びに英語圏への留学をしようと思っているけど、どの国がよいのか。。。悩んでいますか?
アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、カナダ、マルタと、英語圏で留学できる国は7ヵ国もあります。
その中からまた都市を選択することになるのですが、まずは国を決定しないことには都市の比較検討に進むことができませんよね。。

そんなお悩みをお持ちの方に、語学留学に関する統計結果を参考にしてみてはいかがでしょうか?
海外留学に関するマガジンを発行するイギリスのStudy Travel Magazineによる2014年度の統計結果になります。

 

平均留学期間

カナダ 13週間カナダ格安ビザ申請
アメリカ 11週間
オーストラリア 10.8週間
ニュージーランド 9週間
アイルランド 6.1週間
イギリス 4.7週間
マルタ 3.4週間

カナダは学費や生活費が安いこともあり長期留学をする留学生が多いようですね。逆にイギリスはビザの関係もあり1か月程度の短期留学が多い模様。マルタ島に関してはサマーシーズンだけの夏休み留学が多いためこのような結果になったんでしょうね。

 

平均授業料/月

*アメリカドルに換算して比較しやすいようにしています。イギリス 語学留学 インターンシップ

カナダ $1054
アメリカ $1271
オーストラリア $1272
ニュージーランド $1244
アイルランド $1146
イギリス $1610
マルタ $1065

意外なのはオセアニアの国の授業料が、アメリカとあまり変わらないということ。アメリカが高いというのはイメージだけのようです。
イギリスはぶっちぎりで授業料が高いですね。。お隣のアイルランドと比較するとびっくりするくらいです。
長期留学をする場合は、やはりカナダがオトクなようですね。

 

平均日本人比率

カナダ 2位:14.4%(1位は韓国)オーストラリア ワーキングホリデー
アメリカ 3位:8.1%(1位はサウジアラビア)
オーストラリア 2位:12.9%(1位はスイス)
ニュージーランド 1位:19.6%
アイルランド 5%未満(1位はイタリア)
イギリス 5%未満(1位はイタリア)
マルタ 5%未満(1位はイタリア)

 

気になる国籍比率ですが、都市や学校いよっても異なるので参考までに見てください。
オセアニアはやはり日本人比率高い!!ニュージーランドに限っては2割の留学生が日本人であるようです。カナダもやっぱり多いですね。
ワーキングホリデー制度があり、ワーホリビザがとりやすい国は、日本人生徒が多い傾向にあるようです。
ヨーロッパは日本人留学生比率が非常に低い。メインとなる留学生はイタリア、スペイン、フランスなどから来ているようです。

 

どうですか?留学する国を選ぶ参考になりましたか?もっと詳しく相談したい、という方は、キャリアエクスチェンジの無料カウンセリングをご利用くださいね。カウンセリング予約はこちらからどうぞ。

アメリカ大学に奨学金制度を利用して留学しよう!

2016.03.08 ブログ

アメリカ大学留学をしたい・・・でも費用を考えると無理・・・・
とあきらめているあなた!!!
本気で留学をしたければそんなこと言わずに、奨学金制度をまずは探してみましょう。サンノゼ州立大学

奨学金=返済不要の奨学金。そんなに簡単にもらえる訳ない!と思わないでください。実は結構あります。

フルブライトなど権威のある奨学金制度の多くが「世界大学ランキング50以内の名門大学」を条件としています。
例えば、ハーバード大学だったり、UCバークレーであったり、ジュリアード音楽学院であったりと、皆が知っているような大学です。
すでに名門大学への入学が許可されていて、GPAが高いのであれば、利用できる奨学金制度はたくさんありますから片っ端から応募してみましょう。

フルブライト留学奨学金情報はこちらからご覧いただけます。

しかしそうでない場合に奨学金を得る方法は・・・・・・あります。

留学生向け奨学金制度を持っている大学を狙うのです。大学付属語学留学
この場合、対象となる大学は大体「ものすごい田舎」にあることが殆どです。
マンハッタンや、サンフランシスコ市内や、ロサンゼルス中心地にある大学ではこのような制度がほぼなしです。。。。
このような大都会には奨学金など出さずとも、世界中から留学生がたくさんやってきます。
「ものすごい田舎」の大学にはなかなか留学生がやってきてはくれません。。。そのため返済不要の奨学金制度が整っているのです。

大都会ではない場合、生活費や滞在費をかなり抑えることができ、また奨学金も得ることができますから、
最終的には非常に安価に留学生活を終えることができる、というのが最大のメリットです。
また日本人がほとんどいない環境の中で生活することにより、大都会よりも英語の上達が早く見込めることも付け加えておきます。

アメリカ大学の奨学金情報はこちらから最新情報をご覧いただけます

それでもどうしても大都会の大学で奨学金を制度を利用したい方に朗報です。
ニューヨークの2つの私立カレッジでは、留学生を対象とした奨学金制度を提供しています。

● バークレーカレッジ 学校詳細はこちらをクリック!

empty-314554_1280インターナショナルビジネス、ファッションビジネスなどの分野でAssociate DegreeまたはBachelor Degreeの取得ができるカレッジです。
奨学金は各学期毎に授業料の最大25%が支給されます。
1学期の学費 $7700→$5775に!
Associate Degreeの取得には最短6学期の受講が必要なので、
学位取得までに$46200→$34650と、$11550(約135万円)の奨学金が得られます。

● ASAカレッジ 学校詳細はこちらをクリック!

ASA College5ビジネス、メディカル、犯罪学、コンピュータなどの分野でAssociate Degreeの取得ができるカレッジです。
奨学金は各学期ごとに最大50%が支給されます。
1学期の学費 $6240→$3120に!
Associate Degreeの取得には最短4学期の受講が必要なので、
学位取得までに$24960→$12480と、$12480(約143万円)の奨学金が得られます。

 

ニューヨーク・マンハッタンに奨学金で経済的に大学留学したい方はキャリアエクスチェンジまでお問い合わせください。

ドバイ留学 気になる生活費・アルバイト・海外就職

2016.03.03 ブログ

キャリアエクスチェンジではアラブ首長国連邦(UAE)・ドバイへの語学留学を、特に海外就職を目指す方におすすめしています。
人口の80%が外国人という特殊な環境は、グローバルな環境で英語を学びたい方には最適な環境です。中東のニューヨークともいわれるドバイは、世界中から投資家やビジネスマンが集結しており、ビジネス環境の中で実用的な英語を学ぶことができます。

☆ドバイ語学学校esDubaiの学校情報詳細はこちらをクリックしてご覧ください☆

dubai-1110399_1280

ドバイ留学のメリット

  • 日本人留学生がほとんどおらず英語を学ぶベストな環境
  • 人口の8割が外国人で英語も公用語、ネイティブ講師から学べる
  • 学生ビザ保持者はパートタイムのアルバイトが可能
  • 日系企業も多く進出しており海外就職のチャンスが多い

こんな魅力的な留学先なドバイですが、周りにドバイ留学をした人や、ドバイ留学の情報が全くなく不安、と感じる方も多いでしょう。今回はドバイの語学学校スタッフから仕入れた、最新のドバイの生活情報を案内します。

ドバイ留学 滞在方法

アパートの家賃がめちゃくちゃ高額とも言われているドバイ。
中心部だと1LDKのマンションの家賃がおよそ1ヶ月25万円~、それ以外でも1ヶ月18万円~となります。ニューヨークみたいですね。
語学学校の学生は格安で学生アパートに滞在できます。
語学学校の学生アパートは高層アパートで、光熱費・インターネット・学校までのバス送迎・プールやジムの利用も含まれて家賃が
個室   4週間 134,400円
2人部屋 4週間 95,104円
となり、食事は部屋にある共用キッチンで自炊をすることになります。

 es dubai5

ドバイ留学 物価

食材に関してドバイには欧米系チェーンスーパーマーケットが多数あり、基本的な食材をそろえるのには苦労しません。
牛乳 1リットル 170円
お米 1キロ 270円
ジャガイモ 1キロ 150円
鶏肉 1キロ 850円
水 1.5リットル 60円
ここまでみると、日本とあまり変わりません。
但し、日本食料品はめちゃくちゃ高いので、日本食を調理するということであればかなり高くつきます。
またビール・ワインなどは日本と比較して1.5倍くらい高く、どこでも買えるわけではありません。
外食に関しては、マックのセットが750円位、地元レストランで850円~、ふつうのレストランだと5000円~というのが目安です。
交通費は1ヶ月の定期が約7,000円、タクシーの初乗りは150円程度になります。
学生アパートに滞在する場合、1ヶ月の生活費はおおよそ50,000円~と考えてください。

dubai-867417_1280

ドバイ留学 アルバイト

語学学校の生徒の25%がアルバイトをしているそうです。ドバイではサービス業の人材不足もあり、英語でコミュニケーションが取れれば採用に問題ないそうです。
また日系企業も多いため、経験やスキルがあれば企業でのアルバイトも募集があります。
ドバイの語学学校es Dubaiでは、アルバイト紹介サポートを無料でおこなっており、希望者全員がアルバイトをできています。
時給の目安は 800円~1700円になり、パートタイムですと週20時間までアルバイトができるので、
月64,000円~136,000円をアルバイトで稼ぐことができます。
ドバイの場合、タックスフリーなので税金が差し引かれません。

 dubai-1160905_1280

ドバイ留学 就職事情

外国人が80%を占めるドバイでは、就労ビザ取得が欧米諸国と比べて比較的簡単です。
アメリカやイギリスでは折角仕事が見つかっても、移民局によるビザ審査で就労ビザを却下されることが多いですが、
ドバイの場合、仕事さえ見つけることができれば、かなりの確率で就労ビザの取得ができています。
そのため職務経験やスキルを持った社会人の方で海外就職を目指す方には最適な国です。

ドバイ

キャリアエクスチェンジでは現在2つのアラブ首長国連邦での留学プログラムをご案内しています。

ドバイ語学留学 イングリッシュスタディーズ・ドバイ

アブダビ エティハド航空キャビンアテンダント養成プログラム

ドバイ留学にご興味がある方はキャリアエクスチェンジまでこちらからお問い合わせください。