アメリカ滞在中の必須アイテムはズバリ携帯電話!

2016.08.20 ブログ

アメリカ留学・アメリカインターンシップに出発される皆さん、携帯電話のご準備はお済ですか??

留学・インターンシップでアメリカへ渡航される方が一番多いのですが、1ヶ月の短期アメリカ留学またはインターンシップであっても、アメリカで使用できる携帯電話の持参を強くオススメしております。「別費用を払ってまでアメリカで使用できる携帯は必要ない!」と思っている方、是非この記事を読んでみてください。

アメリカで使える便利な携帯電話のご案内はこちらをクリック!
ニューヨークファッション留学 GENY

【こんな風に思っていませんか?】

LINEがあれば大丈夫!
→アメリカではLINEアプリを利用しているアメリカ人はほとんどいません。

スカイプなどで無料通話できるから大丈夫!
→どこでもインターネットが繋がるわけではありません。外を歩きながらネット無料通話は電波の関係でうまく利用できません。

日本の携帯電話会社のアメリカプランに入っているから大丈夫!
→このサービスは自分にとっては発信も着信も無料なので良いのですが、アメリカにいるアメリカ人からしたら国際電話をかけなければなりません。そのため誰も電話をかけてくれなくなりますので、現地で友人を作る障害になったり、外での待ち合わせができない可能性があります。

日本の携帯電話だけをもっていって現地でものすごく困ることはないと思います。しかしインターネット通信料、国際電話通話料、ローミング料金などを考えますと、日本の携帯電話を使うことを躊躇してしまいますよね。。
いざという時のための携帯電話なのに、いざという時に使えない、なんていうこともあります。

キャリアエクスチェンジおすすめのKDDIモバイル X h20詳細はこちらをクリック

ニューヨーク 就職 キャリアエクスチェンジ

 

アメリカ携帯電話持参のメリット

アメリカに到着してすぐに使うことができる
→空港でお出迎えの方に会えないとき、飛行機が遅れて到着時間が遅れてしまったとき、すぐに電話連絡ができます

日本への国際電話が無料または格安でできる
→アメリカから毎日日本の実家に電話をすることができご家族も安心

アメリカ人や現地で知り合ったお友達ができやすい
→携帯電話番号交換は友達作りには欠かせません!また外での待ち合わせも怖くありません。

携帯電話に関する不具合やトラブルに対して日本語サポートが受けられる
→現地で調達した携帯電話の場合、全て英語で問い合わせをしなければなりません

アメリカで携帯電話を調達すると意外にコストがかかる
→保証金、回線開通手配料などなど、様々な費用がプラスされます。また通話料も月額プランだとかなり高額

長期滞在者にはアパート探し、銀行口座開設などで携帯電話番号が必須になります。
到着してすぐに様々な手配を開始できるように、携帯電話だけでも日本から用意していくと、到着後スムーズに行動ができます。

ニューヨーク短期インターンシップ

 

キャリアエクスチェンジでは、アメリカ国内通話&日本の固定電話への国際電話無制限プランがついた、月額プランが$30~$60のKDDIモバイルの携帯電話&SIMカードをお勧めしています。SIMロックフリーの機種をお持ちであれば、SIMカードのみを購入していただければOKですから、日本でお使いの携帯電話をそのまま利用できます。

キャリアエクスチェンジおすすめのKDDIモバイル X h20詳細はこちらをクリック

ビジネス英語だけを集中的に学ぶ語学留学

2016.08.16 ブログ

すでに高い英語力をお持ちの方ほど、「英語力に磨きをかけたい」「ビジネスでもっとスムーズな英語力が必須」と、語学留学を希望される傾向にあります。しかし多くの語学学校が「日常会話ができるようになる」や「TOEFL・IELTSなど英語検定試験のスコアアップを目指す」という目標を持つ留学生のためのコースを開講しているため、すでに高い英語力をお持ちの方でビジネス英語のブラッシュアップをする目的な場合は留学先の学校やコースを選択するのが難しいようです。

ビジネス留学プログラム一覧はこちらをクリック

キャリアエクスチェンジでも多くの語学学校を取り扱っています。大規模展開をしている語学学校はどこでも「ビジネス英語コース」が存在していますが、多くの学校ではビジネスコースのカリキュラムが、一般英語70%+ビジネス英語30%、で構成されており、ビジネス英語の授業は選択科目扱いされています。これではビジネス英語をメインの目的で留学したい方には物足りないでしょう。

そこで、ビジネス英語だけを学びたいという希望がある方のために、ビジネス英語だけを集中的に学べる英語コースをご案内します。

 Rennert NYC Classroom 15 RHRY

カプラン KAPLAN International インテンシブビジネス英語コース

全世界に40校以上のキャンパスを持つカプランでは、限定された校舎のみでインテンシブビジネス英語コースを開講しています。オリジナル教材による幅広いビジネスシーンでのコミュニケーションスキルを高めるための週20レッスンのビジネス英語と、選択英語コース週8レッスンから成り立っています。選択英語コースでもビジネス英語を選択することができますし、グラマーやボキャブラリーなど自分の弱点を補う授業を選択することもできます。16歳~受講可能なので、ビジネス経験がない大学生も受講可能です。

kaplan_オーストラリア授業風景

【参加条件】
中級レベル(目安:TOEFL54/IELTS5.0)

【カリキュラム】
ビジネス英語コース(週20レッスン)+選択英語コース(週8レッスン)

【開講キャンパス】
*クリックすると学校詳細をご覧いただけます
イギリス:ロンドン(レクタースクエア)校、リバプール校
オーストラリア:シドニー(シティ)校、パース校
アメリカ:ニューヨーク(ソーホー)校、サンフランシスコ校

【受講期間】
2週間~52週間まで

レナート Rennert New York プロフェッショナル英語コース

ビジネスの中心地ニューヨークを拠点とした語学学校レナート。プロフェッショナル英語コースはただのビジネス英語コースではなく、20歳後半以上でビジネス経験があるプロフェッショナルのみ受講が可能。世界中からやってくるビジネスマンたちと一緒に、実際のビジネス場面ですぐに活かせるビジネス英語を磨くことができるカリキュラムとなっています。1クラス最大5名。一般英語コースの生徒とは違うフロアに位置しているので、落ち着いた観光で学べるのも魅力です。30歳~40歳代のビジネスパーソンに人気のビジネス英語コースです。

Rennert NYC PEP Classroom 3 RHRH

【参加条件】
上中級レベル(目安:TOEFL63/IELTS5.5/TOEIC785)

【カリキュラム】
週15時間レッスン/週18時間レッスン/週30時間レッスン

【開講キャンパス】
*クリックすると学校詳細をご覧いただけます
ニューヨーク・マンハッタン校
フロリダ・マイアミビーチ校

【受講期間】
1週間~

上記の他にも、皆さんの希望に応じたビジネス留学プログラムをご提案することが可能です。海外ビジネス留学のご相談はキャリアエクスチェンジまで

無料メール相談希望の方はこちら

無料来社・電話カウンセリングの方はこちら

憧れのニューヨークのファッション業界でインターンンシップ!

2016.08.01 ブログ

New York Fashion Weekをご存知という方は、かなりのファッショニスタですね。ニューヨークのファッションウィークは「ニューヨーク・コレクション」とも呼ばれる、年に2回のファッションショーイベントです。毎年注目のデザイナーが最新コレクションを発表、ショーに出演するスーパーモデルや、ショーを観に来るセレブたちがニューヨークの街に集結します。そんなファッションの中心地ニューヨークで、ファッション業界でのインターンシップを経験してみませんか?

ニューヨーク短期ビジネスインターンシッププログラム詳細はこちら

NYファッション留学体験談

 

ニューヨークのファッション業界でのインターンでは、ファッションウィークに参加できる機会があったり、有名ブランドの担当者と知り合える機会があったり、最新ファッションの企画に参加することができたり、ニューヨークの現実のファッション業界をこの目で見て、知ることができます。

まずはニューヨーク短期インターンシップの参加条件をチェック!!
年齢: 20歳~ 
職業: 学生・社会人共に参加可能
経験ORスキル: 求人により、職務経験やスキルが必要な場合があります
英語力の目安: 日常会話以上、電話でコミュニケーションが取れるレベル

それではファッションのどんな分野でのインターンシップがあるのでしょうか?求人情報を見てみましょう!!

ファッションブランド

ファッションブランドはいわゆる「アパレルメーカー」です。この分野ではポジション内容が多岐にわたります。主にブランドの知名度を高めるブランディングやマーケティングの分野で学べることがたくさんあります。

世界的に有名なフェミニンなレディースファッションブランド
求人情報はこちらをクリック

ニューヨークで立ち上げた日本人デザイナーブランド
求人情報はこちらをクリック

ロンドンファッション留学

ファッションデザイン

デザイン会社のインターンではパターンメイキングや縫製などのスキルをお持ちであることが必須です。日本でファッション関連の専攻を学んでおり、デザインスキルをブラッシュアップしたい、という方に向いています。

有名デザイナーのデザインサンプル制作メーカー
求人情報はこちらをクリック

ハイブランドから信頼される制作メーカー
求人情報はこちらをクリック

ニューヨーク ファッション留学 就職

アパレル商社

ファッションブランドやデザイン会社にとってなくてはならないのが、記事やガーメントを扱うアパレル商社。専門的なスキルや知識がなくても受入可能ですが、クライアントがアメリカやフランスなどのアパレルブランドになるので、高い英語コミュニケーション能力は必要となります。

繊維メーカーが運営するショールーム
求人情報はこちらをクリック

ラグジュアリーブランドの生地を扱う商社
求人情報はこちらをクリック

Ai Vancouverファッション

 

ニューヨークのファッション業界の特徴としては、ファッションを一から作ってコレクションとして発表するような、いわゆる「メーカー」が多いというところがあります。そのため、ファッション製作に関連する求人が多くなりますから、マーケティングやバイイングなどの求人が少ない傾向にあります。

バイイングやマーケティングというファッション・ビジネス分野でのインターンを希望されているのであれば、西海岸のロサンゼルスのほうが求人が多くあります。ただ、ニューヨークという街で活躍しているファッショニスタの近くでその仕事ぶりを学びたい、という方はニューヨークでのファッション業界でのインターンシッププログラム参加を強くお勧めします。

ニューヨーク短期ビジネスインターンシッププログラム詳細はこちら

求人やプログラムにご興味のある方は、キャリアエクスチェンジまでお問い合わせください。

 

アメリカJ-1インターン参加には英会話力が必要!TOEICスコアはいりません

2016.07.19 ブログ

アメリカで最大18ヶ月まで働く経験が、なんと有給でできる、それがアメリカJ-1有給インターンシッププログラムです。アメリカではアルバイトができる「ワーキングホリデープログラム」がありませんので、有給で働く経験ができるプログラムとなるとJ-1ビザでのこのプログラムしかありません。しかしこのプログラムのネックは参加条件がいろいろとあること。ワーキングホリデーのように18歳から30歳までであればどなたでも参加可能という訳にはいきません。

アメリカJ1インターンシップ

 

では、どんな参加条件があるかを見てみましょう。

年齢: 20歳~35歳くらいまで
学歴: 高卒以上
職歴: 高卒の場合5年以上の職歴、それ以上の学歴があれば1年以上の職歴
英語力: 目安TOEIC650点以上、当社英語レベルチェック(スカイプインタビュー)に合格した方

英語力に関して、あいまいな表現のため、不安に思われる方も多いようです。TOEICのスコアの提出は必要ありません。しかし英語での会話力があることが必要です。

目安として、このようにご案内させていただいております。
身振り手振りを使うことができない電話で、ネイティブスピーカーと会話(聞かれたことに回答する)ができるくらい
この表現ですと分かりやすいのではないでしょうか?



自分に英語しか話せない人から電話がかかってきて普通に話ができる、という自信があるのでしたら全く問題ありません。しかし外国人の友人でもいない限り、そんなシチュエーションがなかったり、日本にいる外国人だと少し日本語が出来たり、ってことがありますので、英語しか話せないネイティブスピーカーと、電話で話す機会なんてめったにないと思います。

当社では英語レベルチェックを受けていただいて、アメリカJ-1有給インターンシッププログラムに参加できるほどの英語力に達していないと判断した場合、オンライン英会話を受講していただき英会話力をつけてからご参加いただくという方法をご案内しています。

これから留学に行くとなると時間も費用もかかりますし、アメリカJ-1有給インターンシッププログラムもプログラム費用がかかります。日本にいる間に、日常的にかつ効果的に英語力をつける、ということであれば、時間を気にせずいつでもレッスンを受けることができるオンライン英会話が最適です。


TOEICスコアは必要ないので電話で会話ができる英会話力をつける、というゴールを考えますと、キャリアエクスチェンジとしてはオンライン英会話が一番効果的だと考えます。アメリカJ-1有給インターンシッププログラムに興味をお持ちの方で、英語会話力に自信がない方は、まずはオンライ英会話を今日からでも始めてみてください!!

ロサンゼルスでは自動車が必須!購入する?レンタルする?

2016.06.25 ブログ

アメリカは車社会です。
ニューヨークやハワイ・サンフランシスコ・シアトルなど都市部の一部エリアを除いて、生活や通学通勤に車が必須というエリアがほとんどです。

特にアメリカ西海岸の人気都市であるロサンゼルスは、車がないと生活がかなり不便!留学であれば明るい時間帯に学校と滞在先の往復だけですから、車がなくても公共交通機関で何とか生活していけます。しかしアメリカ有給インターンシッププログラム参加の場合は、車がないと通勤・生活どちらもできないので車を持つことが必須となります。

車を持つメリットとしては、夜遅くなっても危なくない(公共交通機関はくらい時間になったら乗車は危険です)、安い大型スーパーに買い物にいけるので食費を節約できる、公共交通機関があるエリアに住む必要がなく家賃が安いエリアに住める、という、主に「節約」ができる点がメリットになります。

では実際ロサンゼルスに渡航した人は、どんな 自動車ライフを送っているのでしょうか。

a1180_009246

自動車は購入?レンタル?
購入 70%
レンタル 30%

車の購入をされた70%の方が男性、レンタルは100%女性でした。レンタル車はメンテナンスがきちんとしている小型車がメインなので、車に詳しくない女性は迷わずレンタルを選択されています。メンテ不足による事故を防ぎたいのであればレンタルが良いでしょう。購入の場合、帰国時に売却することができます。
 

自動車購入方法
中古車ディーラーで購入 40%
掲示板などを利用し個人から購入 60%

中古車ディーラーよりも個人からの購入のほうが割安なので人気が高いです。中古車ディーラーは少し値段は高めですが、メンテナンスをしてあるので安心ですし、自動車保険の加入や権利譲渡の手続きなどスムーズです。個人からの購入の場合、車の権利の譲渡などの手続きをきちんとしないと、後々トラブルになることもあり、信頼できる相手から購入することが肝心です。

 

a1180_000003

 

購入vsレンタルのコストは??
個人からの購入 $2000~
ディーラーでの購入 $5000~
レンタル 頭金$2000+月額レンタル料$150~$200

個人からの購入はディーラーを通していないだけ割安ですが、ディーラーで行うようなメンテナンスはされていません。レンタルは毎月のコストが安価です。1年未満の短期間の場合、レンタルをする方が多い傾向にあります。

自動車保険について
購入の場合 年間$1000~
レンタルの場合 年間$2000前後

レンタルの車両保険・賠償保険などフルカバーされる保険加入が必須となります。
購入の場合は対人対物保険のみの賠償責任保険加入だけでもいいので保険料を安く抑えることもできます。

メンテナンスのコストについて
ブレーキパッドやラジエーター・バッテリー交換などの場合 $500〜$600
エンジントラブル $500~
タイヤ交換が1か所 $200〜
メンテナンスとして3ヶ月に一度のオイルチェンジ $30~$50
スモッグチェックが必要な場合 $50〜

レンタルの場合は頭金にメンテナンス費用が含まれていますが、購入の場合は都度メンテナンスコストが発生します。

 

いかがでしたでしょうか?
自動車をレンタルするか、購入するか、いづれの場合もメリット・デメリットがあるんですね。

キャリアエクスチェンジでアメリカ有給インターンシッププログラムまたは長期ロサンゼルス留学をされるには、無料で車購入のアドバイスをさせていただくとともに、レンタル会社やディーラーのご紹介もさせていただいております。自動車免許取得などに関する、無料ハンドブックも差し上げていますので、ロサンゼルスへのプログラム参加に際しては、是非キャリアエクスチェンジをご利用ください!

LSIニューヨーク校 キャンパス情報

2016.06.24 ブログ

第6回目は、「LSIニューヨーク校」!!

※第1回目「ECニューヨーク」の記事はこちらからご覧いただけます。

※第2回目「St.Gilesニューヨーク校」の記事はこちらからご覧いただけます。

※第3回目「Rennertニューヨーク校」の記事はこちらからご覧いただけます。

※第4回目「Manhattan Language」の記事はこちらからご覧いただけます。

※第5回目「Zoniニューヨーク校」の記事はこちらからご覧いただけます。

 

LSIニューヨーク校

 

※エリア:ロウアーマンハッタンエリア、ワンワールドトレードセンターやウォール街近く

2001年9月11日アメリカ同時多発テロにより崩壊したワールドトレードセンター。そこから13年後、建設開始から6年余りの年月を経て、新たに「One World Trade Center」が建設されました。
One World Trade Centerは2003年に復活計画が決定した時点では同時多発テロの記憶が生々しく残っていたため、フリーダムタワーと名づけられましたが、覚えやすさから2009年に正式にワン・ワールドトレードセンターに改名されました。ただ、今でもフリーダムタワーと呼ぶ人は多いようです。
LSIのキャンパスからOne World Trade Center、Wall Streetまでは、それぞれ徒歩10分ほど!

 

One World Trade Center

こちらがOne World Trade Center!何だか迫力がありました。

 

LSI受付・ロビー

LSI受付&ロビーです。とーっても広い!そしてまだまだ新しいキャンパスなのでとてもきれい♪

 

LSIスタッフルーム(受付後ろ)

受付のすぐ後ろにスタッフルーム

 

LSIラウンジ

学生ラウンジ♪

 

LSI教室

教室はこんな感じです

 

LSI教室2

教室によってテーマカラーが異なります♪

 

LSI教室からの眺め

教室からの眺めです。開放感があっていいですね!

 

LSI廊下

両サイドに教室があります。すべてガラス張り!

 

LSIコンピュータラボ2

コンピューターラボ

 

LSIキッチン

キッチン!今は学生さんも使用可能ですが、今後学生数が増えてきたら制限する予定だそうです。

 

LSI・Eleanor(Register)&Kerry(Director)3

LSIのディレクターとスタッフとの3ショット♪

 

それでは、LSIニューヨーク校にご興味のある方は、キャリアエクスチェンジまでお問い合わせください!

 

 

カナダのPCTIAやLanguages Canadaとは?

2016.06.21 ブログ

カナダの語学学校やキャリアカレッジを検索すると、よく「PCTIA認定校」や「Languages Canada認定校」と書かれています。しかDollarphotoclub_49929343し、PCTIAやLanguages Canadaっていったい何者?どのような団体か知らない方も多いと思います。そこで今日は、この二つの団体についてご案内したいと思います。

カナダには、数え切れないほどの語学学校が存在します。特にトロントとバンクーバーに集中しており、学校の特徴は様々。 留学は何度も行けるものではありませんので、ほとんどの方が留学について調べるのが初めてという方だと思います。留学初心者が数え切れないほどの語学学校の中から良い学校を選びだすのは至難の業です。実際、申し込んだ学校で、次の日登校したら学校がつぶれていた!と言う被害者もいます。
せっかく人生1度きりかもしれない留学なのだから、自分に合った質のよい学校を選んでいただきたいです。

どのように質のよい学校を見極めるかと言うと、最近はインターネットの口コミなどでも調べられますが、ハイクオリティの基準としてこのPCTIAやLanguages Canadaがあげられます。

2005年にバンクーバーのコンピュータ・ビジネス専門学校「Corporate Communications Training College」が突然閉鎖と言う驚きの事態が起きました。
ある日いつものように登校すると、ドアに「当カレッジは閉鎖されました」と言う張り紙一枚が貼ってあり、キャンパス内のパソコンなどはすべて無くなり、泥棒に荒らされたかのような惨状だったそうです。
カナダのニュース番組「CTV」にも取り上げられ大きなニュースになりました。ちなみに、オーナーはタイに逃亡したという報道でした。

多くの学生が通学期間が残っており、またDiplomaやCetificateを取得するため一生懸命勉強し頑張ってきた人も、何の証明書ももらえず途方に暮れていました。
このようなトラブルに巻き込まれた留学生を守ろう!と言うのがPCTIAやLanguages Canadaなのです。

★Private Career Training Institutions Agency【PCTIA】

ブリティッシュコロンビア州の教育省が運営している非営利団体で、基準規制や学生保護を通じて、ブリティッシュコロンビア州の私立高等教育の職業訓練分野における質の高い教育をサポートしています。
PCTIAに加盟するには、基本的な教育水準を上回る品質基準をクリア・維持をしなければなりません。
2005年の学校閉鎖の際は、PCTIAにより返金手続きも取られ、またPCTIAに加盟している別の専門学校がCCTCの学生を受け入れたことで、路頭に迷うこともなく無事プログラムを修了することができました。

 

★Languages Canada

2006年にカナダ言語協議会(CLC)とカナダの私立語学学校協会(CAPLS)が統合され、Languages Canadaが生まれました。
Languages Canadaは語学学校の基準を監査しており、カナダにおける二つの公用語(英語とフランス語)の両方をカバーするカナダ最初の組織です。国際的に認知されている品質保証制度は、包括的で厳しく、すべての領域を網羅しています。
授業カリキュラム、教員資格、学生サービス、学生受入れ、マーケティング、販売促進、施設、および事務管理など、規定は厳しい。

Language Canadaでは、学校閉鎖・倒産の損害を最小限にするため、学校閉鎖の影響を受ける学生を対象に、本来受講する予定だったコースと同等金額、同等内容でカナダ国内の認定校で提供される代替コースをいつでも受講できるようになっています。

 

これから留学準備を始められる方は、これらの団体に加盟している学校を選ぶようにしましょう!
学校についてのアドバイスやご案内は、キャリアエクスチェンジまでお問い合わせください。

Zoniニューヨークキャンパス情報

2016.06.18 ブログ

第5回目は、「Zoniニューヨーク校」!!

※第1回目「ECニューヨーク」の記事はこちらからご覧いただけます。

※第2回目「St.Gilesニューヨーク校」の記事はこちらからご覧いただけます。

※第3回目「Rennertニューヨーク校」の記事はこちらからご覧いただけます。

※第4回目「Manhattan Language」の記事はこちらからご覧いただけます。

 

Zoniニューヨーク校

★エリア: ミッドタウン・エンパイアステートビル近く

エンパイアステートビルは、ニューヨークの三大名所と言われています。
ビル上部からは、マンハッタンを一望でき、南の自由の女神、東の国連本部とクライスラービル、北にはロックフェラーセンターやセントラルパークが眼下に広がる素晴らしい眺望!空気の澄んでいる日なら、はるか遠く100キロ先のニュージャージーまで見通せるそうです。
海外からの観光客だけでなく、アメリカ国内の旅行者たちも、このエンパイア・ステート・ビルに上るのを楽しみにしていると言います。自国アメリカの広さ、偉大さを体感できるスポットです。

そして、Zoniのキャンパスからエンパイアステートビルとは逆方向に1,2分歩くと、ビクトリアシークレットや、Marcy’sデパート、GAPなどのショッピングエリアがあります♪

Zoni入り口3

Zoniの入り口。奥にMarcy’sの看板が見えますね。

 

Zoni入り口

入口が見やすいようにもう一枚!

 

Zoni受付

メイン受付。エレベーターを降りたらすぐ目の前にあります!

 

Zoniカウンセラーブース

受付の右奥には、各言語のカウンセラーブースがあります。

 

Zoni日本人担当スタッフ・Jasmine(韓国人)

左側が、日本人担当(韓国人)のスタッフ、Jasmineさんです。

 

Zoni学生リラックスルーム

語学学校では見たことがない!リラックスルーム。ビーズクッションやテレビゲームが置いてあります!

 

Zoniカフェテリア2

一つ下の階にカフェテリアがあります。ここで、朝食や昼食を食べることができます!もちろんスナックや飲み物も売っています♪

 

Zoniカフェテリア

こんな感じです♪

 

Zoniアクティビティボード

アクティビティボード

 

そして、クラスルームの写真ですが・・・・なぜか撮るのを忘れてしまいました・・・・涙;;;

 

それでは、Zoniニューヨーク校にご興味のある方は、キャリアエクスチェンジまでお問い合わせください♪

 

 

Manhattan Languageキャンパス情報

2016.06.15 ブログ

第4回目は、「Manhattan Language」!!

※第1回目「ECニューヨーク」の記事はこちらからご覧いただけます。

※第2回目「St.Gilesニューヨーク校」の記事はこちらからご覧いただけます。

※第3回目「Rennertニューヨーク校」の記事はこちらからご覧いただけます。

Manhattan Language

※エリア:ダウンタウン・Charging Bull目の前

NYの観光名所になっているこのチャージングブルは、1989年12月15日、ニューヨークのウォール街に突如姿を現しました。彫刻家のArturo Di Modica氏が、株式市場の暴落で衝撃を受けた人々を励まそうと、自費でこのチャージング・ブルを製作し、皆へのクリスマスプレゼントとして勝手にニューヨーク証券取引所の前に設置したそうです。

ちなみに、Bull(雄牛)とは金融用語で相場が上昇すると考える、強気な姿勢のことだそう。雄牛が角を下から上へ突き上げるようにして攻撃することからきた表現らしいです。Di Modica氏は、皆が切望する相場の上向きをBullに託し、ウォール街にBullを取り付けたそうなのですが、当然、勝手に道端にそんなもの置いていって警察がだまっておく訳がありません。一時は警察に没収されてしまったブルですが、多くのニューヨーカーの懇願からパブリック・アートとして指定され、ニューヨーク証券取引所から2ブロック離れたボーリング・グリーンに設置され事態は収束しました。

そして、このブルに触って仕事が見つかった、とか運がよくなった、などとビジネスマンの間でうわさになり、いつしか観光名所になりました!特に鼻と肩を触るとご利益があるらしいです。Manhattan Languageはそんなチャージングブルの目の前に位置しています!

 

Charging Bull

早速ですが、こちらがチャージングブル!そして後ろに見えるレンガ造りのビルがManhattan Languageです。

 

Manhattan Language入口

こちらが、エントランス!New York Film Academyと同じビルディングです。

 

Manhattan Languageキャンパス入口

Manhattan Languageの入り口

 

Manhattan Language受付

フロントデスク。受付に日本人のインターン生がいました!

 

Manhattan Language受付&スタッフルーム

受付の後ろがスタッフルーム♪

 

Manhattan Language受付前ロビー

受付前のロビー

 

Manhattan Language卒業生が描いたスタッフの似顔絵

卒業生が描いたManhattan Languageの先生やスタッフの似顔絵!Manhattan Languageで素敵な日々を過ごされたのが伝わってきますね。そして絵がとっても上手!!!

 

Manhattan Language教室

ガラス張りの教室

 

Manhattan Language教室・廊下

廊下はこんな感じ

 

Manhattan Languageアクティビティボード

アクティビティボード

 

Manhattan Language教室からの眺め

教室からの眺め。開放感がありますねぇ♪

 

Manhattan Language教室からの眺め2

こちらの写真、よーく見ると、自由の女神が見えます!肉眼でははっきり見えましたよ。

 

Manhattan Language・Maggie3

そして、最後に、学生窓口のMaggieさん♪とっても優しいお姉さんです♪

 

Manhattan Languageにご興味のある方は、ぜひキャリアエクスチェンジまでお問い合わせください!

Rennertニューヨーク校キャンパス情報

2016.06.07 ブログ

第3回目は、「Rennertニューヨーク校」!!

※第1回目「ECニューヨーク」の記事はこちらからご覧いただけます。

※第2回目「St.Gilesニューヨーク校」の記事はこちらからご覧いただけます。

Rennertニューヨーク

※エリア:ミッドタウン・Grand Central 駅(East 42nd StreetとPark Avenue)近く

Grand Central 駅は、マンハッタン3大ターミナル”(他2つはペンシルベニア駅、ポート・オーソリティ・ターミナル)の中で最も大きな駅。駅近辺の鉄道はすべて地下を通っているため、44面67線の広大なプラットホームはすべて地下にあります。
また、グランドセントラル駅と東京駅は日米では初の姉妹駅となっています!駅舎は互いに2014年は100周年であることから、星座が描かれている美しい天井から窓に視線を下すと「100」の文字がくっきりと映し出されており、とても粋なデザインが印象的です。
またクリスマスシーズンになると大きなクリスマスツリーが飾られて、一層ムードあるグランドセントラル駅へと様変わりをする光景は圧巻です!

Rennertニューヨークは、このGrand Central 駅から徒歩5分!

Grand Central駅

Grand Central 駅!

Grand Central駅前交差点

Rennertに一番近い出口がある交差点。想像通り、イエローキャブがいっぱいでした!

Rennert目の前からの眺め

Rennertのビル目の前から見た街並み

Rennertビルエントランス

Rennertのキャンパスが入っていいるビルのエントランス!見た目は厳ついが、とても優しいセキュリティでした。

Rennert2F(一般英語コース)受付

一般英語コースの受付(2F)Student ServiceスタッフのAmyさんが写っています♪

Rennert2Fドリンクコーナー

2Fのドリンクコーナー。学生ラウンジの一角にあります。

Rennert2Fラウンジ

2F学生ラウンジ

Rennert3Fラウンジ

3F学生ラウンジ

Rennertコンピュータラボ

コンピューターラボ

Rennertアクティビティボード

アクティビティ&インフォメーションボード

Rennertエグゼクティブ教室

エグゼクティブコースの教室。一クラス平均4名ほどの少人数で、一般英語を勉強するというよりも英語でビジネスについてを語り合う(ディスカッション)クラスですね。

エグゼクティブコースに入るには、英語力や社会人経験など、多少条件はありますが、講師もビジネスの経験が豊富なプロですので、特に30代~40代のバリバリ仕事をされている方に人気です!

Rennertエグゼクティブ専用ラウンジ

エグゼクティブコース専用ラウンジ

Rennertエグゼクティブ専用キッチン

エグゼクティブコース専用キッチン&カウンター。毎週月曜日と木曜日のフリーランチやワイン&チーズパーティも行われますので、大人の留学にお勧めです。

 

Rennertエグゼクティブ専用受付

エグゼクティブクラスの受付

 

Rennertニューヨーク校にご興味がある方は、ぜひキャリアエクスチェンジまでお問い合わせください!