シュプラッハカフェ マルタ校/インターンシップ体験談

2018.03.14 ブログ

グローバル展開する大手語学学校「シュプラッハカフェ」のマルタ校より学生体験談が届きました!Chihiroさんは、もともとシュプラッハカフェの学生さん。そして今度はインターンとして学校に戻ってきました。今は、学校スタッフとして学生さんのサポートを行っているとこと!

お名前:Chihiroさん 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんにちは!

8年間の小学校教諭経験を経て、長年の夢だった留学を決意。

昨年シュプラッハカフェを卒業し、今年インターン生としてまたシュプラッハカフェ・マルタへ戻ってきました。Chihiroです。

午前は、レッスンを受け、毎日(平日)13:00-18:00までオフィスにて皆さまのサポートに従事しています。

滞在はスタンダードアパートです。いつでもお声がけくださいませ。

マルタ生活は最高です。英語学習、文化、出逢い何をとっても様々な機会に恵まれた魅力的な国です。

実りあるマルタ滞在を一緒に創り上げていきましょう。

2018年2月3日~2018年9月15日までの滞在を予定しています。(ビザの関係で前後する可能性があります)

どうぞ宜しくお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シュプラッハカフェ・マルタ校割引キャンペーンのお知らせ

対象期間:お問い合わせ下さい

キャンペーン内容:5週間のお申し込み毎に追加1週間の授業料と滞在費用が無料!

(毎6週目の授業料とアパート費用が無料となります)

※ピークシーズンSeason C期間とホームステイ滞在は除きます。

6週目がSeason Cにかぶる場合、その6週目は無料となりません。 6週目がSeasonA又はBの場合その週の滞在費用が無料となります。

※他のプロモーションとの併用はできません。

セントジュリアン(Saint Julians)都市情報

マルタ共和国の首都バレッタの北西部にある町。マルタのリゾート地の中心として栄えており、周辺には高級ホテルが立ち並んでいます。
また、ビーチが近いため、マリンスポーツも盛んで、海に近いエリアで留学したい方に最適です。マルタには鉄道は通っていませんが、ヴァレッタまではバスで移動することができます。その他の観光エリアにも、ほぼバスで移動でき、日帰りで観光できる便利なエリアです。
そして、このエリアの一番の魅力は、レストランやカフェが充実していて、海岸線沿いに遊歩道が整備されていることです。バルータ湾、スピラノ湾の小さな入り江を取り囲むようにしてレストランやカフェが建ち並んでいます。
繁華街でにぎやかなエリアですが治安がとても良いので夜遅くても、安心して散歩を楽しめます。

 

マルタ留学のお勧めポイント

●実は格安!学費・滞在費・生活費・航空券・保険等すべて併せても1ヶ月40万ほどのご予算で留学が可能!

●大人の休日留学に最適!リゾート地であるマルタ。綺麗な海ときれいな街並みに囲まれバカンスを楽しみながらも一味違った体験ができる!

●ヨーロッパの学生が多いため英語環境をキープ!北米に比べ断然アジア人が少ないのが特徴。特にヨーロッパの学生が多いためお友達作りにも最適!

●親子留学にお勧め!マルタの語学学校はジュニアプログラムや親子留学にも力を入れているため親子のための滞在先やプログラムなどが充実している!

 

マルタ留学にご興味をお持ちの方は是非キャリアエクスチェンジまでお問い合わせ下さい!

 

ハワイ・グアムでのJ-1インターンシッププログラム

2018.03.01 ブログ

キャリアエクスチェンジのハワイ・グアムJ-1有給インターンシッププログラムとは、米国国務省が認定するアメリカJ-1ビザを取得して、アメリカ国内で18ヶ月(ホスピタリティの業種では12ヶ月)までの有給インターンシップができるプログラムです。

アメリカのJビザ/J-1ビザとは。。。。

アメリカでは、アメリカ国務省が承認している国際交流(エクスチェンジ)プログラムのために交換留学生や研究者、インターンシップ生を対象として発行されるのがJビザです。教育、芸術、科学の分野における人材、知識、技術の交流を促進するためのビザとなり、学術団体の奨学金プログラムによる高校生や大学生の交換留学、日米の大学間の研究者の派遣・出張・研修、アメリカ人家庭に住込みでチャイルドケアを行うオペアなどもこのJビザのプログラムのひとつです。

そして、期間限定・目的限定のアメリカインターンシップにも、このJビザが発行されます。
これからキャリアを積んでいく外国人に対して、アメリカで報酬を得ながらビジネススキルを習得し、同時にアメリカ人との国際交流を図ることを最大の目的として、大学生・新卒の方にはIntern、社会人の方にはTraineeというカテゴリーでJ-1ビザの取得が可能となります。
このJ-1ビザを取得して参加するハワイ・グアムJ-1有給インターンシッププログラムでは、インターンシップ先が、専門学校・短大・大学・大学や社会で身に付けた能力や技術を最大限に生かすことのできる業種・職種であることが条件となります。これまでの学歴・職歴とある程度関連性のある業種・職種でのインターンシップに制限されるため、日本で全く経験の無い職務や、学校で専攻したことがない分野の職務に就くことはできません。
J-1ビザでのインターンシップの場合は、期間は最長18ヶ月間まで、ただし旅行・ホテル・飲食業などのホスピタリティ業種の場合、最長12ヶ月までとなります。

詳しくは・・・キャリアエクスチェンジの
アメリカJ-1有給インターンシッププログラムのページをご参照ください。

キャリアエクスチェンジでは、このJ-1ビザを取得してのアメリカ・ハワイ及びグアムの有給インターンシッププログラムを格安で提供しています。観光業が盛んなハワイ・グアムでは、ホテル・旅行会社・ツアー会社などホスピタリティ関連職種の企業で受入れ先が多数あり、特にグアムでのインターンシップでは、所定の報酬の他に滞在先なども提供されることがあるため、アメリカの他地域でのインターンシップに比べ経済的な有給インターンシップを経験することが可できます。

ハワイ・グアムでの有給インターンシップ

 プログラムのおすすめポイント

    • 働く経験を積みつつ、ハワイ・グアムに長期滞在ができる
    • 月$1000-$2000の報酬が得られるので経済的
    • これまでのキャリアを活かして、更なるキャリアアップにつながる
    • アメリカでの実就労経験を、帰国後の転職でアピールできる

インターン生報酬金額(目安)

飲食・ホテルなどサービス業 時給$9~
事務職 月給$1300~$1500
営業職 月給$1300~
専門職 月給$1800~

ハワイ・グアムをはじめ、キャリアエクスチェンジごご提案するインターンシップの

★求人情報はここをクリックして一覧をご覧いただけます★

キャリアエクスチェンジ独自の現地ネットワークをフルに活用し、皆様一人一人のご希望にできるだけ添えるような企業をご案内いたします。

»ハワイでの受入企業の特徴

ハワイ州の人口の約40%がアジア系移民、また、日本からの観光客は毎年150万人にもなり、日本人が暮らしやすい環境が整っていますが、リゾート地で島国ということもあって滞在費用・生活費はアメリカ本土よりも高い傾向にあります。
ハワイではやはり観光業がメインビジネス、旅行業、及び飲食関連での受入れが多く、主に日本人観光客向けの観光関連の業種での求人が80%を占めています。そのため英語力はそれほど重視されておらず、むしろ日本語でのカスタマーサービスができる人材を求める傾向にあります。NPO団体の規定に則りハワイでインターンシップの受入企業となれる要件を満たす企業の数は少ないため、希望地をハワイに限定してしまうと選択肢があまり多くなくなってしまうのがが現状、ただし旅行業では未経験者を受入の可能性もあります。

♦ハワイ受入先例:出版社/写真会社/旅行会社/不動産会社/レストラン/小売店 など

 

»グアムでの受入企業の特徴

日本からの観光客は毎年100万人にも上り、グアムへの観光客の80%を占めるといわれています。海外ウェディングでも人気の渡航先としてハワイにつぎ2番目、毎年9,500組あまりの日本人がグアムで挙式しています。そのためグアムでは受入先企業はほぼ100%が観光関連業種になります。ただ、ハワイと異なりグアムには米国資本の大手企業が多く社内のスタッフの多くはアメリカ人、また、ハワイと比較して日本人移民の数も多くないため、想像以上に英語環境での就業環境となります。英語環境を求めるのであれば、ハワイよりも最適な場所といえるでしょう。

グアムではアパートなどの滞在先を自分で探すのが困難な地域でもあるため、受入企業が滞在先を企業が無料で提供してくれること殆どで、グアムは経済的なアメリカJ-1インターンシップ体験ができるエリアでもあるのです。

♦グアム受入先例:ホテル/旅行会社/レストラン/ など

♦S.A.さん グアム外資系ホテルJ-1有給インターン体験談

ハワイ・グアムのJ-1有給インターンシップ参加要件の目安

<社会人の方(J-1 Trainee)> 

 研修可期間:18ヶ月まで *旅行・ホスピタリティ関連業種は12ヶ月まで

対象者
・日本などアメリカ以外の短大・大学・大学院を卒業後に1年以上の職務経歴のある方
・または高卒で5年以上のインターンを行う分野での一貫した職歴がある方
年 齢   20-35歳位まで
英語力条件  目安TOEIC650点以上、当社英語レベルチェックに合格した方
学歴条件   高校卒業以上
職歴条件  高校・専門卒-職歴5年以上、短大以上卒-職歴1年以上
その他条件 学歴・職歴に関連する企業でのインターンシップであること、職歴5年未満の場合は学歴の専攻との関連性も必要となります
参加回数 制限なし。但し、
1)前回の参加から2年以上経過している場合で、前回の研修と異なる分野であること
2)関連分野での職務経験必須

ご経歴からアメリカJ-1ビザの?申請が可能かどうかを無料で審査いたします。
参加要件の無料査定を受けてみる

 

<大学生・新卒の方(J-1 Intern)> 

 研修期間: 12ヶ月まで

対象者
日本などアメリカ以外の短大・大学に在学中の学生
・または日本などアメリカ以外の短大・大学を卒業して1年以内の方
年 齢 20歳以上
英語力条件 目安TOEIC650点以上。当社英語レベルチェックに合格した方
学歴条件
・在学中-大学2年次修了していること
・新卒-卒業して1年以内であること
その他条件 専攻と直接関連がある企業でのインターンシップであること
参加回数 制限有り、1度限り

ご経歴からアメリカJ-1ビザの?申請が可能かどうかを無料で審査いたします。
参加要件の無料査定を受けてみる

 

キャリアエクスチェンジ独自の現地ネットワークをフルに活用し、皆様一人一人のご希望にできるだけ添えるような企業をご案内しています。

この分野での長年の経験と実績があることが、キャリアエクスチェンジのJ-1ビザインターンシッププログラムが他社と異なる点です。
キャリアエクスチェンジでは、アメリカJ-1有給インターンシップでこれまで200名以上送り出しているベテランコンサルタントが、皆様のこれまでのキャリアをもとに、スキルや英語力に応じて、希望するキャリアゴールに近づけるような、キャリアコンサルティングを行い、企業の選定からビザの取得、渡航までのサポートを行います。

キャリアエクスチェンジへのご相談はこちらから

2018年アイルランドワーキングホリデービザ波乱の幕開け・・・!

2018.02.20 ブログ

2018年1月15日より2018年アイルランドワーキングホリデービザの申請が開始しました。昨年は急遽申請が3回になり、3回目の申請ではキャンセル待ちが出るほど応募者が殺到しました。今までアイルランドのワーホリで不許可になった方など聞いたことがありませんでした。。。年間400名という枠がありますが、今まで定員オーバーになったことはありません。そのため、昨年の3回目の申請でキャンセル待ちが出たのは、おそらく回数を増やしたことで申請者の数も一時的に増えたのでは?と考えていました。

今年もアイルランドのワーホリビザ申請のお客様がおりましたので、昨年の反省点を活かし、今年最初の申請は1月15日開始と同時に申請しました!しかし結果は不許可。。。先着順なら許可されているはず。。。ではどのような基準で許可されているのか気になり、アイルランド大使館に問い合わせしてみました!

査証課の方曰く、今回の申請には予想以上の応募者が殺到したそうです。人数までは教えてもらえませんでしたが、相当な数の応募者が不許可になっているとのこと。前回はキャンセル待ちも多くありましたが、今回はキャンセル待ちすらほとんど出せていない状況らしい。。。
年間400名の枠は各申請期間で均等に分けている訳ではなく、後期より前期の方が応募者が多いので、前期の方が枠数を多く設けているんだとか。

SNSなどで検索してみると、前回落ちた方が今回許可されている傾向が見られました。そこで、どのような選考方法を取っているのか確認したところ、完全にランダムにピックアップしているとのことでした。前回落ちた方優先に許可を出しているのでは?と聞いてみたところ、「そこまで詳細は確認できません!完全にランダムに選んでいます。今まではほぼ全員が許可されていたので、先着順などのルールも設けていませんでした。今後は選考方法も検討していきます。」とのこと。

今後枠を増やすことも検討しているそうなのですが、実現にはかなり時間がかかりそうです。。。

今年の9月30日以降に出発を予定している方は、7月下旬の申請になります。どのように選考方法などが改善されるかはわかりませんが、時間に余裕をもって書類を準備すること!また、許可が降りるまでは学校休学手続や会社退職届などは待った方が無難ですね。

【キャリアエクスチェンジのおすすめプログラム】

アイルランド有給ホテルインターンシッププログラム

※上記HP内の写真下の赤いボタンよりPDF資料をダウンロードいただけます。

アイルランドのワーキングホリデー制度を利用して、アイルランドのリゾートホテルで有給インターンシップが経験できるプログラムです。
ホテル業界・職務経験未経験の方の受入可能、学生や新卒の方でもご参加頂けます。
インターン生はダブリンから車で3時間ほどのクレア州リスドンヴァルナエリアにある4つのホテルのいづれかで、インターンシップをしていただくことになります。
ホテルゲストの殆どがアイルランド人になりますので、英語環境でのホテルインターンシップが可能です。
※注意事項※
●本プログラム参加にはアイルランドワーキングホリデービザが必要です。ワーキングホリデービザの申請は年2回(1月・7月)のみとなります。
●ホテルはオフシーズン(11月~2月)まではオープンしていません。オンシーズン(3月~10月末まで)のみ勤務及び従業員寮の滞在が可能です。

 

Alpha College of Englishアイルランド語学学校

※上記HP内の写真下の赤いボタンよりPDF資料をダウンロードいただけます。

アルファカレッジオブイングリッシュ語学学校は、ダブリンで「しっかり学べる学校」として定評がある語学学校です。生徒の年齢層も高めで落ち着いた雰囲気。カリキュラムや講師についての評価の高い学校なのに学費はリーズナブルということから、常に人気の学校です。
また、もともとアイルランドはアジア人が少ない国ですが、その中でもアルファ語学学校は日本人をはじめアジア人がかなり少ないのが特徴です。
主にヨーロッパの学生が多いので、フランスやドイツイタリアなど非英語圏のお友達作りには最高の環境です!

 

Cork English Collegeアイルランド語学学校

※上記HP内の写真下の赤いボタンよりPDF資料をダウンロードいただけます。

家族経営ということもあり温かい雰囲気があり、先生や学校スタッフは、勉強面や生活のことまで含め様々な相談に親身になってくれます。ヨーロッパからの留学生が多く、日本人生徒率は2-5%とかなり少なく、日本人留学生がほとんどいない環境で英語学習ができるのが魅力です。

CECのあるコークは、アイルランド南部に位置し、ダブリンに次いでアイルランド第二の都市になります。ダブリンからは列車で約2時間30分。コーク市内は30分もあれば一回りできるくらいの小さな街で、安全でフレンドリーな環境という点では、他のどの都市にも負けません。アイルランド内で天候が比較的穏やかなエリアです。きらびやかな都市ではなく、こじんまりとした古き良きヨーロッパの街並みという環境で、ヨーロッパに住んでる感覚でじっくりと英語を学ぶことができます。

 

アイルランドのプログラムについてのお問い合わせは、キャリアエクスチェンジまで♪

カナダ・バンクーバーの専門学校Vanwest College

2018.02.14 ブログ

キャリアエクスチェンジは、カナダの大自然に囲まれコンパクトながらも、都市と自然が融合する美しい街、カナダ・バンクーバーの専門学校、Vanwest Collegeをご紹介します。

Vanwest Collegeは、1988年設立のカナダでも歴史ある語学学校、語学から専門留学、そして有給保証のインターンシップまでをトータルにコース化したプログラムで、英語の総合力UPを目指す方の留学先としておすすめの学校です。

北米大陸の西部に位置し、カナダブリティッシコロンビア州最大の都市、バンクーバーは大自然の近くながら都会としての魅力を併せ持った美しい街として世界的に知られており、日本や世界各国からの観光客にも人気の都市です。

 

Vanwest College バンクーバー校は、ダウンタウンの便利な場所に位置しているので、通学の際の便の良さはもちろんのこと、繁華街のロブソンストリートやバラードストリートからもすぐの観光客や買物客で賑わう場所にあり、付近にはショッピングモール、映画館、公園、レストラン、銀行、クラブなどが密集する便利なロケーション、学校に通いつつもバンクーバーならではの街並みを充分に堪能することができる環境です。

学校自体はとても落ち着いた雰囲気、校舎の建物は新しく綺麗で、白と黄色を基調とした明るい受付、学生ラウンジ、カフェテリア、PC ラウンジ、パティオなどの設備面でも学生生活に必要なものがきちんと揃えられていて申し分ない環境です。

Vanwest Collegeは、講師の質、授業の質、そして学生サポートにも定評がある語学学校です。全校生徒150名程度の中規模学校で、アットホームで居心地のよい雰囲気のキャンパスに、高速インターネットやリスニング専用室などの近代的な設備が整ったモダンな校舎が特徴、生徒とスタッフの仲も良く、中規模校ならではの、生徒一人一人に行き届いたケアが充実しています。

Vanwest Collegeでは、バンクーバーの他、静かなオカナガン湖のほとりにあって温和な気候の観光都市として知られるケローナ(Kelowna)にもキャンパスがあり、2校間を行き来できる転校システムがあります。ケローナは人気のリゾート地ですが、より留学生の少ないため集中的に英語を学べる環境でもあり、また観光地ゆえの仕事も多いため、ワーキングホリデーにもおすすめ、Vanwest Collegeの約1割の学生がこの転校システムを利用しています。

 

Vanwest College語学学校

カナダ、バンクーバーとケローナにキャンパスを有し、全校生徒は150名程度の中規模語学学校。約21カ国の留学生が通い国際色豊かですが、生徒とスタッフ間の意思疎通も行き届き、生徒一人一人のサポートが充実しているのも中規模校ならではの特徴です。学校のアクティビティーも様々に充実しており、また、毎週月~木の放課後に約1時間開講される、先生と生徒同時が自由に会話が出来る無料カンバセーションクラスも人気です。

Vanwest Collegeでは総合英語プログラムの他に、IELTSやケンブリッジ(FCE/CAE)等の試験対策プログラム、そしてケンブリッジ上級ビジネス英語(BULATS)プログラムがあります。総合英語プログラムのレベルは1から9まであり、平均約12週間で次のレベルに上がります。

Vanwest College語学学校のコース内容

●一般英語コース
Core English 週20レッスン
Intensive English 週25レッスン
Optimum English 週30レッスン

●ケンブリッジ ビジネス英語コース(BULATS)
バンクーバー校のみ
ケンブリッジ英語検定のひとつのビジネス英語能力テスト、BULATS。実際のプレゼンテーションやミーティングの場を想定したロールプレイ、メールや報告書の作成など、ビジネスのシーンで幅広い能力を鍛えていきます。将来、英語環境の職場でグローバルに活躍したい方や就職活動へ向けて資格取得を目指す方のためのプログラムです。

●IELTSテスト対策コース
IELTS Intermediate、IELTS Advanced

●大学進学準備コース

※コースによっては、開講のキャンパスに限りがある場合があります。
※詳しくは、キャリアエクスチェンジ、Vanwest College語学学校プログラムでご確認ください。

 

Vanwest College
キャリアプログラム修了証+Coopインターンシッププログラム

Vanwest Collegeでは、2016年に新たにビジネス系専門コースと有給インターンシップを組みあわせた、キャリアカレッジプログラムを開講しました。
専門学校への留学に十分な英語力を得た後、次のステップアップとしてビジネスやホスピタリティ等の専門コースで学習+有給インターンシップにて職務経験をひとつのコースにしたプログラムです。
専門学校で習ったことを実地で活かし、実務能力の向上を目指して一定期間、企業等で就業体験するというプログラムですので、専門学校での授業と企業等でのインターンシップがセットになっています。

Vanwest Collegeキャリアカレッジプログラムのコース内容

●Commerce&Marketing Co-op Diploma

 22ヶ月間=授業12ヶ月間+Co-opインターン10ヶ月間

●Business Management Co-op Diploma

 13ヶ月間=授業8ヶ月間+Co-opインターン5ヶ月間

●Professional Customer Service Co-op Certificate

 8ヶ月間=授業4ヶ月間+Co-opインターン4ヶ月間

その他のコース、詳しいコース内容は、Vanwest Collegeキャリアカレッジプログラムでご確認ください。

こちらのプログラムでは、有給Co-opインターン保証も安心のひとつ、Vanwest CollegeにはCo-op専門のコーディネーターが常勤し、有給保証のCo-opインターンシップの就業先の手配をフルサポートしてくれます。
また、Co-opを行う時期は学校ごとに決められているため、このプログラムについては開講日が以下の通りに既に決定しています。

2018年の開講日:
1月29日・3月26日・5月22日・7月16日
9月10日・11月5日・12月31日

今回ご紹介のプログラムは、ワーキングホリデービザでの渡航とは異なりますので、既にワーホリビザを使ってしまった方30歳以上の方でもカナダでの有給インターンシップへの参加が可能です。また、インターンシップをする前に、専門学校で専門知識を学ぶことにより、ワーホリとは異なった分野の企業でのインターンシップ体験も可能になります。

※その他、詳しい内容は、キャリアエクスチェンジ、Vanwest Collegeキャリアカレッジプログラムでご確認ください。

語学+キャリアカレッジプログラムのパッケージプラン

英語力はもちろん、グローバルな人材として活躍する力をつけたい方、現在の英語力をアップした上で専門コース&就労経験を積んで帰国したいという方にお勧めのプランです。
バンクーバーでの英語コース、またケローナの英語コースとキャリアカレッジプログラムなど、ご自身の英語力や進路、目的に応じて、追加料金なしで自由に組み合わせすることが可能です。
キャリアエクスチェンジでは、英語力、留学後の進路、などを勘案し、最適な受講プランのご提案で留学をサポートさせていただきます。

キャリアエクスチェンジへのお問合せはこちらから

ニューヨーク・大学付属語学留学プログラム

2018.02.07 ブログ

ニューヨーク市立大学(City University of New York、通称CUNY)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市の総合公立大学で、ニューヨーク市などが資金を提供し、6校の2年制コミュニティカレッジと11校の4年制大学によって構成されるアメリカで最も歴史のある有数の大学群です。
前身は1847年に創立のニューヨーク市の高等教育機関「フリーアカデミー」(現在のCity College of The City University of New York)、初代駐日公使として来日し日米修好通商条約を締結したタウンゼント・ハリスが創設者という歴史を有しています。
CUNYには、ニューヨーク市のマンハッタン区、ブルックリン区、クイーンズ区、ブロンクス区、スタテンアイランド区の5区全域で、11校の四年制大学と6校のコミュニティ・カレッジ、計4校の大学院大学と専門大学院があり、それぞれに独立した学術理事会を持ち入試要項やカリキュラムも独自に設定しているため、入学難易度も異なります。

今回は、そのニューヨーク市立大学(CUNY)3校の付属語学学校のプログラムをご紹介します。

>本学への入学をを目指す、全体的にレベルの高い、きっちりした授業が行われている
>>私立の大学とほぼ変わらないカリキュラムながら学費が安く経済的
>>>NYで学べるという立地の良さ、大学付属なので留学生も大学内の施設を利用可能

以下の付属語学校の学期は、学期はFALL(秋)/WINTER(冬)/SPRING(春)/SUMMER(夏)の4学期制が主で、開始時期とそれぞれに応じた登録期間が決まっています。
また、登録や入学レベル分けテストのために授業開始日の3~4週間前(学校が指定する日)までにニューヨークに到着することが必要になります。
行きたい学期にあわせた早めの手配、渡航準備が必要なため、ニューヨーク・大学付属語学留学プログラムでの留学をご希望の方は、早めにキャリアエクスチェンジへご相談ください。

ニューヨーク・大学付属語学留学プログラム【1】

ハンター大学付属語学学校・インターナショナル・イングリッシュ・ランゲージ・インスティテュート(IELI)

ニューヨーク市立大学(CUNY=City University of New York)のひとつ、4年制大学ハンターカレッジ(Hunter College)の付属語学学校、インターナショナル・イングリッシュ・ランゲージ・インスティテュート(International English Language Institute)通称“IELI”
大学付属語学学校であることから、特に大学進学準備を強く意識した授業内容が特徴、一般英語力の強化に加え、アメリカのコミュニティカレッジ(2年制大学)や4年制大学入学を目指すための受験準備校としても人気が高く、IELI(付属語学学校)の最終レベル(=レベル10)を修了した場合は、CUNY系列大学への入学申請時のTOEFLスコアの提出が免除されます。

ハンターカレッジ(Hunter College)は、1870年に設立されたハンターカレッジは、100年以上の歴史を誇る大学、ニューヨーク市立大学=CUNYのひとつであることから、経済的な授業料ながら高いレベルの教育が受けられることで評判です。大学はマンハッタンのアッパー・イースト・サイド(Upper East Side=高 級住宅地)の駅直結で、学校の立地条件も申し分ありません。

Hunter Collegeの語学学校IELIの使命は、留学生がアメリカの教育、社会、職業上の訓練を受ける為に必要な語学力の習得と、アメリカ文化に溶け込めるようにに総合的な教育を施すことにあります。IELIのプラグラムは、『実践で使える英語』に焦点をあてており、会話を中心に授業が進められます。留学生が 流暢で正確な英語を身に付け、それぞれが自身を持って英語が話せるようになることを第一の目標にカリキュラム開発がされていますが、一般英語の習得を目指す留学生だけでなく、CUNYをはじめとするアメリカの大学入学=進学目的の留学生も多く、進学希望者に対しては進路相談や大学出願サポートなどの進学サポートも充実しています。
IELI(付属語学学校)では、宿題もほぼ毎日しっかり出るなど、真剣に語学を学びたい留学生、アメリカの大学進学を目指す留学生に特におススメのプログラムです。

【授業期間
Spring I:1月第3月曜~3月第3金曜・Spring II:3月第4月曜~5月第3金曜
Summer:6月第1月曜~7月第4金曜
Fall I:9月第2月曜~10月第4金曜・Fall II:10月第5月曜~12月第3金曜
【英語レベル条件】: 初級~上級者
【年齢条件】18歳以上、高校卒業資格

ニューヨーク・大学付属語学留学プログラム【2】

CUNYラガーディアコミュニティカレッジ付属語学学校・

イングリッシュランゲージセンター(TELC)

ニューヨーク市立大学(CUNY=City University of New York)グループの2年制大学のひとつ、ラガーディアコミュニティカレッジの付属語学学校、『The English Language Center=TELC』
ニューヨークエリアで最も大きな規模を誇る大学付属の語学学校です。TELCでは、全世界約80ヵ国から年間7000人以上の留学生が学び、国際色豊かな環境の中で語学の勉強をすることができるます。TELCでの授業は、アメリカ大学・大学院進学を目指すカリキュラムによって構成されており、TELCの最終レベルを修了することで、TOEFLのスコア無しで、CUNY(ニューヨーク市立大学)グループの2年制・4年制大学への進学の道が開かれているところが、最も大きな魅力です。

ラガーディアコミュニティカレッジの付属語学学校は、マンハッタン郊外=クイーンズ地区の大学キャンパスの中にあり、生活しやすいQueens(クイーンズ)にあります。クイーンズ地区に入ったすぐの場所にあり、ニューヨークのマンハッタンからも地下鉄で15~20分ほど、マンハッタンに生活の基盤をおきつつTELCに通うこともできますしもよし、家賃が安くて生活しやすいQueens(クイーンズ)に住むことも可能です。
The English Language Center=TELCは、大学付属でありながら授業料が安く、経済的な留学をしたい人におススメのプログラムです。

【授業期間】●FALL(秋):9月第3週月曜日~11週間

      ●WINTER(冬):1月第2週月曜日~10週間

      ●SPRING(春):4月第2週月曜日~11週間

      ●SUMMER(夏):7月第2週月曜日~8週間
【英語レベル条件】18歳以上、高校卒業資格
【年齢条件】 初級~上級者

ニューヨーク・大学付属語学留学プログラム【3】

CUNYバルークカレッジ付属語学学校CEL

ニューヨーク市立大学(CUNY=City University of New York)グループの最高峰であるバルークカレッジ(Baruch College)の付属語学学校の留学生向け英語プログラムCenter of English Language(CEL)にて、集中進学英語コースまたは集中試験対策英語コースを受講する語学留学プログラムです。

留学生向け英語プログラムCenter of English Language(CEL)は1989年に、アメリカの大学・大学院に進学する留学生のために設置された集中進学英語コースまたは集中試験対策英語コースを受講する語学留学プログラム。
CELプログラムの最上級レベルを修了し、各大学の入学条件を満たした場合、TOEFLのスコアを取得することなく、バルークカレッジをはじめとしたニューヨーク市立大学(City University of New York)の各大学に入学することが可能です。

CEL教師陣の多くは、英語教育(TESOL)、言語学または関連分野において学士号、修士号、博士号等を取得しており、留学生に対する英語教育の分野で経験豊富です。
カリキュラムはアメリカ大学に進学するためのアカデミック英語に標準を絞っているため、アメリカ大学進学を目指す方には効果的な授業を受けることが可能です。またビジネススクール入学のために必要なGMAT対策英語コース、大学院入学に必要なGRE対策英語コースなど、他では開講していない特別な試験対策英語コースが受講できます。
また授業の他に、フリーワークショップ、ニューヨークツアーなどのアクティビティなどのサービスも提供していて、留学生のサポート体制も万全です。

 

1919年に設置されたこのカレッジは、1958年に卒業生であるバーナード・バルーク氏に因みBaruch Collegeと改名されました。マンハッタン中心部東23丁目にキャンパスがあります。地下鉄で乗り換えなしで通学できるアッパーイーストサイドエリアに「バルーク・ドーム」という学生寮があり、本プログラム受講生も利用することが可能です。

【授業期間
◎アカデミック英語/4学期制■春学期10週間■夏学期7週間■秋学期10週間■冬学期10週間
◎試験対策英語/8学期制各5週間

【英語レベル条件】18歳以上、高校卒業していること
【年齢条件】■アカデミック英語/不問 ■試験対策英語/アカデミック英語レベル5以上

 

ニューヨーク・大学付属語学留学プログラムでの留学をご希望の方は、早めにキャリアエクスチェンジまでお問い合わせください!

おススメのオケイコ留学・ボーカル&英会話

2018.01.30 ブログ

キャリアエクスチェンジで人気の留学、オケイコ留学からニューヨークの音楽留学プログラム、『ハーレムボーカルハウス』をご紹介します。

 

NY音楽留学・ハーレムボーカルハウス

キャリアエクスチェンジの音楽留学プログラムは、『ハーレムボーカルハウス』の協力を得て運営されています。
ハーレムボーカルハウスはNYで30年近い信頼と実績を誇るボーカル&音楽の専門学校、プライベートレッスンの教師陣は、すべて現役のプロのミュージシャン、留学生の英語力を問わずまた、あらゆる音楽ジャンル・レベルに対応したヴォーカルトレーニングや楽器のプライベート・レッスンプログラムを提供しています。プロレベルの方のみならず初心者の方でもニューヨークで活躍する現役のプロミュージシャンのプライベートレッスンが受けられるこのプログラムにはこれまで多くの留学生に参加いただいています。

<<NY音楽留学・ハーレムボーカルハウスの体験談>>

ハーレムボーカルハウスでは、レッスン開始前に必ず音楽コーディネイターが生徒ひとりひとりと日本語でカウンセリングを行い、それぞれのボーカルレベルやレッスンの要望を聞き、ぴったり合った先生のアレンジをしてくれます。経験豊かな有名日本人音楽プロデューサーとコーディネイター、各音楽ジャンルで実績のあるトップクラスの黒人ミュージシャンの講師陣とが生徒ひとりひとりをバックアップする体制がとられていますので、たとえ短期間であってもピンポイントで自分の納得のいくボーカルレッスンが受けられます。

<<ハーレムボーカルハウスで学べるレッスンの種類>>

  • ボーカル: ゴスペル(Gospel)、ジャズ(Jazz)、リズム&ブルース(R&B)、ソウル(Soul)、ポップス(Pops)、シアター(Theater) = ブロードウェイミュージカル(Broadway Musical)等
  • 楽器: ドラム、ピアノ、サックス、トランペット、ベースetc.
  • ダンス: ヒップホップダンス、タップダンス、ジャズダンスetc.

ボーカルやその他音楽のを勉強するにあたってニューヨークで本物のステージに数多く触れることは、日本では容易に経験できない勉強でもあります。ハーレムボーカルハウスでは、現地で追加可能なオプションメニューも実施しています。料金は別途、目安はUS$100前後~となります。

>ゴスペルワークショップ(Gospel) 日曜日
>ハーレムジャズ ナイトツアー(Jazz)月・木・金・土
>ヒップホップ デイツアー(HipHop) 土曜日
>ソウル(Soul) ナイトツアー 日曜日
>アポロシアター アマチュアナイト 水曜日
>ブロードウェイミュージカル(Broadway Musical)等
    ※演目・席・日程によって料金が異なります。

ある程度レベルに達した段階で、講師陣からの評価によっては、実際にニューヨークのステージで歌ったり演奏したりの実践練習を経験できるかもしれません。上級者向け特別プランとしてその他にもデモテープの作成、有名シアターのオーディションの準備などのサポートにも対応してくれるなど、生徒それぞれのレベルや音楽ジャンルに応じた夢をニューヨークで実現することができるプログラムでもあるのです。

最短1週間からのニューヨーク留学が可能、歌や楽器の練習ができる環境の学校運営寮への滞在も手配いたします。

本場ニューヨークの音楽留学
ゴスペル、ジャズ、リズム&ブルース、クラッシックソウル, ポップス
ボーカルレッスン留学:ハーレムボーカルハウス

さてさて、、、Voice Training ヴォイストレーニングの成果を効率よく上げる為には、やはり英語力あった方にこしたことはありません。講師陣との意思疎通のためだけでなく、ネイティブ並みの発音で英語の歌を歌うためには、やはり語学力の強化も必要。せっかくのボーカルトレーニングを無駄にしないよう、語学学校との組み合わせで、更なるステップアップを目指してみてはいかがでしょうか?

キャリアエクスチェンジではニューヨークで安価で気軽に英語レッスンが受けられる、プライベート英語レッスン専門スクール、ビー・フルーエント(Be Fluent)を、ニューヨークへの短期旅行者、留学生、ビジネスマンの方々にオススメしています。

 

 

ビー・フルエントNYプライベート英語レッスン

Be Fluent NYCは2人のニューヨーカーによって立ち上げられた英会話個人指導サービスの学校です。マンツーマンのプライベートレッスンを中心に、興味ある事柄や個々の個性・目的に合わせてカスタマイズしたレッスンを提供しており、日本人に不足している英会話力を上げるにはピッタリの学校です。
ベテラン講師達が生徒一人一人の英語学習歴や会話のパターンなどを見て、それぞれのレベルやペースに合わせたレッスンをカスタマイズしてくれますので、より実践的で役立つ英会話を楽しみながら勉強ができるシステムになっています。

生徒は日本人が主で、学校はとてもアットホームな雰囲気、毎レッスンが予約制になっていますので、フレキシブルにスケジュールに合わせて通うことができ、短期間に効果的に英会話力を向上したい方にも最適のプログラムです。

「短期旅行英会話」「一般英会話」「ビジネス英会話」やミュージシャン、デザイナー、ヘアスタイリスト、ドクターや建築家など専門的な英語を要する場に対応するための「特定の目的に応じた英会話」など会話中心のレッスンの他、TOEFL・TOEIC・IELTSの試験対策英語クラス、またエッセイ等、英語でのWriting力を上げる為のEditorクラスもあります。PilatesやYogaのアクティビティや、ジュエリーメイキングや編み物のワークショップなども開講されており、英語で何か習ってみたいという方にもオススメできます。

ボーカル留学・ダンス留学の語学力UPに
ビー・フルエントNYプライベート英語レッスン

 

留学・インターンシップのご相談はキャリアエクスチェンジまで→メール相談はこちら

人気のドバイ留学、ドバイ有給インターンシップ

2018.01.23 ブログ

キャリアエクスチェンジの海外留学、海外インターンシップでは、ドバイの人気が高まっています。今、注目のドバイ留学ドバイ有給インターンシップについてお知らせします。

ドバイは英語を学ぶ留学先としては、日本ではまだまだ認知度が低いですが、だからこそ今がドバイ留学に行く良い時期といえるでしょう。ドバイには日本人留学生がまだあまり多くなく、ビジネス、観光のシーンで使用されるのは殆ど英語、となれば英語環境に浸って生活ができます。また、生活面ではニューヨーク留学と同じくらいの学費・生活費がかかるものの、ドバイ留学中にはアルバイトをすることが認められており、且つ、アルバイトを見つけるのにもさほど苦労しません。アルバイトをしつつの留学が可能なことから留学費用をかなりコストダウンすることができます。

また、外国人に対する求人数もたくさんあり、就労ビザ申請のハードルが英語圏の他の国よりも低いドバイでは、海外留学から海外就職へ道がより開けているのも魅力です。社会人の方で海外就職を見据えた海外留学、海外インターンシップをお考えであれば、ドバイは最適な目的地と言えるでしょう。

 

ドバイは、アラビア半島のペルシア湾の沿岸に位置するアラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつで、経済規模ではアブダビに次ぐアラブ首長国連邦第2の都市。ドバイ首長国の首都であり、人口は約298万人、そのうち85%ほどが外国人、中東といっても多国籍で様々な文化を持つ人々が暮らしています。
1971年にイギリスの保護から独立してのち、原油依存経済からの脱却と産業の多角化への取組みなど大きな近代化のうねりを経て、21世紀に入って以降は、経済特区と大型港湾の整備により、国外資本や外国企業の進出が進み『人』と『物』の集積地として急速な発展を遂げました。港湾地区には多くのビッグプロジェクトの建設が進み、最先端のデザインの超高層ビルや豪華な巨大モール、世界有数のブランド店や外資系ホテルも立ち並ぶ世界的なリゾート観光都市であるとともに、ドバイはまた金融センターでもあり、中東における貿易・商業の最大の中心地として中東屈指の世界都市と呼ばれるまでに変貌しました。

ドバイは亜熱帯気候に属し季節は夏・冬の二季、夏季には気温が50℃近くになることもあり、雨が降らないにもかかわらず湿度が100%に達することもあるなど非常に高温多湿な夏となります。一方、11月から3月にあたる冬季にはたまに肌寒く感じることもあるほどに気温は落ち着いてきます。冬季は砂嵐が発生することもありますが、冬季の平均気温は20度前後湿度も低く非常にすごしやすく、観光業においてはハイシーズンとなっています。
イスラム教を国教とするアラブ首長国連邦にありながら、非イスラム教徒の外国人が多く住むドバイではイスラム色は薄く、飲酒、服装、娯楽、食生活などについての制約は他イスラム国と比較しても少なめ、普段の生活における宗教色は比較的押さえられた印象です。

 

●●ドバイの語学留学

英語を学ぶ留学先としてキャリアエクスチェンジが今、一番おススメをしているのがこのドバイでの語学留学です。外国人が多数を占めるドバイでは、公用語はアラビア語ですが、それ以上に英語が共通語として使われるケースが多く、特にビジネス、教育、貿易の場面ではドバイでは英語は事実状の公用語であると言えるでしょう。英語を学ぶ留学先としては日本ではまだまだ認知度が低いドバイですが、だからこそ今がドバイ留学の良いチャンスです。ドバイでは、留学生の多くがヨーロッパまたは南米の国から来ており、日本人留学生がほとんどいませんので、英語環境に浸りつつ留学生活を送ることができます。
物価面ではニューヨーク留学と同じくらいの学費・生活費がかかる土地ではありますが、学生ビザで滞在している間にパートタイムでのアルバイトができることで、経済的に余裕のある留学生活を送ることも可能になります。観光都市のドバイではレストランやホテルでの求人が多数あり、留学中のアルバイト先を見つけることもさほど難しくない環境です。

<キャリアエクスチェンジのドバイ語学留学ES Dubaiesdubai>

イングリッシュ・スタディーズ・ドバイ(es Dubai)は2015年に設立された、ドバイでは初めての留学生向けの民間英語学校です。ドバイの新たな中心エリア、高層ビルが立ち並ぶジュメイラ・レイク・タワーズ内にあり、オフィス、レストラン、ショッピングセンターなどが立ち並ぶにぎやかなエリアに位置しています。メトロの駅からも10~15分の場所でアクセスもとても便利、JBRビーチなど主要なビーチにも近く、メトロを利用すれば移動にも便利な場所です。

アットホームフレンドリーなイングリッシュ・スタディーズ・ドバイ(es Dubai)では留学生のための様々なサポートも充実しています。豊富で楽しいアクティビティも魅力の一つ、砂漠ディナー、リムジンナイト、ヘリツアーなど、ドバイならではの様々なアクティビティが用意されていますので、勉強をしながら同時にドバイ生活を楽しむこともできます。安全できれいな学生レジデンスに滞在しつつ通うこともでき、また学校ではシェアアパートなどの滞在先を探す際の相談にも気軽に応じてくれます。初めてのドバイであっても、安心して留学生活を送れるようサポートも充実した語学学校です。

ドバイに学生ビザで滞在している場合は、パートタイムでアルバイトができ、アルバイトをしながら英語を学べることで非常に経済的な留学生活が送れます。観光都市のドバイでは、レストランやホテル業界での求人数が多くアルバイトを見つけることはさほど難しくない状況ですし、また、その後に就労ビザに切り替えてドバイで就職への道も開かれています。イングリッシュ・スタディーズ・ドバイ(es-Dubai)では就職相談やアルバイト紹介などのサポートも無料で行っています。

最短2週間から、ドバイ語学留学のお問い合わせは、

イングリッシュ・スタディーズ・ドバイ(es Dubai)

留学のご相談はキャリアエクスチェンジまで→メール相談はこちら

 

●●ドバイ有給ホテルインターンシッププログラム

ドバイは金融・貿易の中心として中東屈指のグローバル都市であり、また観光都市でもあるドバイでは外国人に対する求人数も非常に多く、就労ビザ申請のハードルが英語圏の他の国よりも低いことで、ドバイでは海外留学・海外インターンシップから海外就職への道が比較的開けているということも魅力になっています。すでにある程度の英語力を備え、将来は海外就職を見据えた海外留学をお考えの方々にとって、ドバイでのインターンシップは有益なステップとなるでしょう。ニューヨークやシンガポールに並ぶ経済発展の著しいドバイで、英語力をさらに磨きつつ就業経験を得ることは、ヤングプロフェッショナルのキャリアアップにも最適なプログラムとなっています。

<キャリアエクスチェンジのドバイ有給ホテルインターンシッププログラム>

ドバイ有給ホテルインターンシッププログラムはドバイにある日本をコンセプトにして創られたホテルでの有給インターンシップです。ホテル周辺は治安も良く ホテル内にスーパーもあり便利な環境、大型ショッピングモール「イブンバトゥータモール」からは徒歩15分ほどのところにあります。
“中東の日本オアシス”として、和の空間と日本のもてなしの心を提供する中東で唯一のこのホテルでは、宿泊客の9割がビジネスマンで中~長期的に滞在する方が多いため、一般的なホテルと異なり宿泊者とのコミュニケーションは特に重要になります。宿泊客はヨーロッパ・アジア・日本人が中心、また従業員は7割が外国人という環境で、社内・社外ともに英語は必須のポジションです。
インターンシップ中は、このホテルのフロント業務をメインに担っていただくことになります。インターンシップ中は従業員寮に滞在できます。

国際都市ドバイで、英語力を活かしたインターンシップにご興味ある方に

ドバイ有給ホテルインターンシッププログラム

留学・インターンシップのご相談はキャリアエクスチェンジまで→メール相談はこちら

エンターテイメントの本場アメリカ・ダンス留学

2018.01.16 ブログ

キャリアエクスチェンジが提供するプログラムでとても人気が高いアメリカ・ダンス留学プログラム
ダンス留学と言えばまずはアメリカです。エンターテイメントの本場アメリカではバレエをはじめ、モダン、ジャズ、ヒップホップ、タップダンスなどあらゆるスタイルのダンスが学べます。

ダンスに関わる人なら、一度は本場アメリカでダンスを学んでみたいと思われるのではないでしょうか。アメリカには世界最高峰のダンサー、インストラクターが数多くいますが、アメリカ・ダンス留学では、現役の振付師として活躍する有名ダンサーのレッスンに参加できる機会もあり、ダンサーを目指す人にとっては大きな魅力です。

キャリアエクスチェンジのアメリカ・ダンス留学プログラムでは、主にニューヨーク、ロサンゼルスのダンススクールから、それぞれのご希望、スタイルに合ったダンススクールをご紹介、留学プログラムのご相談に対応しています。

キャリアエクスチェンジのダンス留学プログラム一覧はこちらからご覧ください

ダンス留学プログラムでは、ニューヨーク、ロサンゼルス共にオールジャンルのダンスが学べますが、ロサンゼルスはどちらかといえばヒップホップやストリートジャズなどのジャンルに強く、対してニューヨークはバレエ・シアターダンス・タップなど、クラシカルなダンスのジャンルに強い傾向にあります。

※ニューヨークとロサンゼルスのダンススクールの比較こちらの記事も参考に。

 

 

 

キャリアエクスチェンジのダンス留学プログラムでご紹介するダンススクールでは、最短1週間から参加できる超短期の留学の希望にもお応えしています。
アメリカへビザを取得せずに短期で行く留学の場合は90日間まで、それ以上滞在する長期留学の場合は学生ビザの取得が必要となります。

ニューヨークのダンススクールに長期に留学する場合は、ダンススクールから学生ビザサポートが受けられる場合があり、正式にダンススクールに在籍しつつダンスレッスンを受けることができます。加えて、チケット制で他のダンススタジオのレッスンを受けたりすることもできるので、ダンスに没頭できる環境が整っていると言えます。

一方、ロサンゼルスの場合は、ダンススクールにビザサポートがなく、語学学校に通うことを条件に学生ビザが発行されるため、語学学校+ダンススクールプランが必須となります。語学学校で英語のレッスンを受つつダンススクールにも通うことになりますが、ダンススクール以外に、語学学校でも世界各国から英語を学びに来た留学生とも接することができ、交友関係の広がりや様々な体験をする機会が多くなるという
メリットもあります。
また、概ね物価は西海岸(ロサンゼルス)の方が東海岸(ニューヨーク)より安く、西海岸の方が留学費用をやや抑えられるという利点もあります。

キャリアエクスチェンジのダンス留学プログラム

>>ニューヨークでオススメのダンススクール

>>ロサンゼルスでオススメのダンススクール

 

ダンススクールにダンス留学する場合には、ビザの取得のための手続きの他にも、ダンススクールによっては志願理由のエッセイやパフォーマンスのデモDVDなどの提出を条件としているなど手続きを要する場合もありますので、是非、キャリアエクスチェンジへ早めにご相談ください。

スイスのホスピタリティビジネススクールのディプロマ・学位取得プログラム

2018.01.10 ブログ

100年以上に渡り、スイスは卓越したホテルマネージメント教育で有名な地、世界的にも有名なスイスホテルスクールが数か所あります。
スイスの治安の良さと生活の質、文化や言語の多様性、そしてヨーロッパの中心というロケーションはホテルや観光業界でのキャリアに興味のある人達にとっては非常に魅力的なポイントであり、世界各国から学生が集まってきます。

キャリアエクスチェンジがご紹介するホスピタリティビジネススクールBusiness and Hotel Management School(B.H.M.S)は、スイスにおける最大の私立教育機関の一つベネディクトグループオブスクールズのメンバーで、成功を目指す学生に高等教育を施す事を使命とし、1982年に設立されました。
ルツェルンキャンパスでは年間約600名の生徒がホテル、ホスピタリティー分野の経営管理学を学んでいます。クラスの生徒数は20~30人ほど、徹底した小人数制で、ホスピタリティ業界での豊富な経験を持つ教師陣によるきめ細かな授業が受けられます。B.H.M.Sはインターナショナルスクールであり国外からの留学生が多く、スイス、EU圏内の学生は全体の15%前後、またひとつの国籍の学生が1割を上回らないように制限がされ、どこかの国の生徒が極端に多いという事にならないような配慮がなされています。

B.H.M.Sは、スイス中央部の中世の面影を残す街、ルツェルンの中心地にあり、チューリッヒや首都ベルンへも頻繁に電車が通っておりそれぞれに1時間前後、またチューリッヒやバーゼル空港へもそれぞれ1時間ほどで出られます。また鉄道を利用してミラノへは3時間半、フランクフルトへは4時間、パリへは4時間半と、ヨーロッパ内を国境を越えて行くのにも便利な立地のエリアです。

 

キャリアエクスチェンジでは海外にてプロフェッショナル学位を取得し、海外就労経験を経て海外就職を目指す方に、スイスのホスピタリティビジネススクールBusiness and Hotel Management School(B.H.M.S)のディプロマ・学位取得プログラムをオススメします。

B.H.M.Sではホテルマネージメントだけでなく、グローバルビジネスマネージメントを学べ、また全てのプログラムにおいて有給インターンシップで実務経験の機会を得られるのが大きな特徴、実務経験を積めるプログラムが注目されているスクールです。

B.H.M.Sのコース

■ ホテル&ホスピタリティマネージメント

専門学校卒業レベル~4年制学位レベル、高校卒業したばかりの方やホスピタリティ業界を目指す方向け、
最短3年でBachelor Degree(学士)の取得も可能です。

  1. Diplomaコース(1年)
  2. Higher Diplomaコース(2年)
  3. BA Degree(学士)コース(3年)

■ グローバルビジネスマネージメントコース

大学院レベル、3~4年生の大学卒業以上の方で、国際的な観光産業やサービス業での就職を目指す方に最適です。

  1. MBAコース(1年)
  2. MBAコース(2年)

■ ホスピタリティマネージメント

4年制学位以上のレベル、短大・専門学校卒業以上の学歴、または2年以上の職歴をお持ちの方で、ホスピタリティ業界にて管理職キャリアを目指す方に最適な専攻

●Postgraduate Diplomaコース(1年)

Postgraduate Diplomaは学士号(Bachelor)と修士学位(Master)の中間に位置します。

 

B.H.M.Sでは全てのプログラムにおいて有給インターンシップで実務経験の機会を得られるのが最大の特徴、約6ヶ月の専門コースを受講後にホテル、航空会社、一般企業などでの有給インターンシップを最大6ヶ月間行い、1年間のプログラムを修了するというカリキュラムになっています。しかも、スイスの他校とは異なり、このインターンシップは学校のサポートによるフルプレースメントで、インターンシップ期間は有給が保証されています。生活コストが高いスイスにおいて経済的な留学の実現が可能になります。

また、B.H.M.Sの入学にあたっては、コースレベルに応じたIELTS, TOEFL, TOEIC またはこれに相当するテスト結果の証明が必要ですが、付属語学コースから開始すればTOEFLなしで入学も可能です。
<英語力の目安>
  ■Diploma/Postgraduate Degree:IELTS5.0/TOEIC600
  ■Bacholor/Master Degree:IELTS6.0/TOEIC780

 

ホスピタリティ業界での海外就職を目指す方は、ビジネス留学をお考えの方にオススメ、スイスB.H.M.S 国際ホスピタリティマネージメント学位取得+有給インターンシップの詳細はキャリアエクスチェンジまでお問い合わせください!

NPOの先進国 アメリカでのボランティアプログラム

2017.12.27 ブログ

アメリカにおいて、チャリティ、ボランティアの精神は日本に比べても大変強く、これらにかかわる団体の活動もとても活発です。アメリカでは、NPO団体の活動が人々の生活や、政治へ直接に及ぼす影響力も大きなもので、意識しているいかんに関わらず多くの人々がチャリティに関係するる何らかの影響のもと、生活していると言えます。
アメリカが社会貢献の先進国と呼ばれる理由としては、NPO団体の数、また、寄付金額が圧倒的に多いこと、そしてトップチャリティともなるとその規模は大企業並で、NPOの社会的なステータスもまた大企業と同等に高いということもあります。実際に、アメリカ大学生の文系就職先の人気ランキングではトップ20に複数のNPOの名が入っているほどで、NPOが就職先の選択肢として定着しており、現在の日本におけるNPO団体に対する印象とはかなり異なるところがあるでしょう。
参照:Forbes誌 America’s Top Charities2017

 

キャリアエクスチェンジのロサンゼルスNPO団体ボランティアプログラムでは、アメリカ人スタッフが運営するNPO団体ボランティアワークで100%英語環境のもと、海外で働く体験できるプログラムのご紹介をしています。

キャリアエクスチェンジのロサンゼルスNPO団体ボランティアプログラムは、満足度の高い海外ボランティアプログラムとして好評のプログラム、これまで100名以上の方に参加いただき、特に20歳代~40歳代の社会人の方々に好評をいただいています。

 

ロサンゼルスボランティアプログラムのおすすめポイント

  1. 完全英語環境なので、ネイティブの英語環境の中で仕事を経験したい、
    アメリカ人と交流を持てる環境で働く経験をしたいという方には最適な環境です。
  2. 大学生はここで得られた経験を就活でアピールすることができます。
  3. ボランティアといっても肉体労働が主ではなく、NPO団体があるオフィス内の作業や受付業務、電話応対といったビジネス業務が幅広く体験できます。
  4. 100%英語環境ですが、英語力がそれほど高くなくても、受入てくれるNPO団体があります。英語力にかかわらず英語環境での海外インターンシップを経験できます。
  5. 年齢の制限がありませんので大学生から社会人、シニアの方まで、幅広い年齢層にご参加いただけます。

また、ロサンゼルスNPO団体ボランティアプログラムでは最短1カ月から自由に期間を設定してインターンシップを行っていただけます。
インターンシップ期間は4週間~12週間までで期間のアレンジが可能、
●ビザを取得せず90日間までの短期間の滞在でインターンシップを経験してみたい
●語学学校などに通学せず受入団体だけの手配をしてほしい
●学生ビザでを取得し語学学校での語学留学終了後のGrace Period
(帰国日までの60日間)を利用してアメリカでインターンシップを行いたい、
という方には最適なプログラムです。

英語力に自信がなくても、ボランティア未経験でも、初めての海外渡航でも参加可能な、
ロサンゼルスNPO団体ボランティアプログラムにチャレンジしてみたい!
という方はどなたでもお問い合わせください。

 

ロサンゼルスボランティアプログラムのNPO団体の種類

>>社会福祉系NPO団体
低所得者、ホームレス、DV被害者など社会的弱者のために運営されているNPO団体です。食事や衣類の提供、カウンセリングなどのサービスを提供しています。
★社会福祉系NPO団体求人情報★

サンタモニカ社会福祉非営利団体ボランティア

 

>>教育系NPO団体
共働きの両親を持つ子供たちの放課後支援を行っているNPO団体です。近隣のアメリカ人家庭向けにチャイルドケアプログラムや教育支援サービスを提供しています。
★教育系NPO団体求人情報★

6~18歳の子供放課後支援をする教育NPO団体ボランティア

 

>>医療サービスNPO団体
難病患者や重篤なけがを負った方々のサポートを行うNPO団体、エイズに関する正しい知識の啓蒙活動などもしています。
★医療サービスNPO団体求人情報★

世界的企業がサポートするエイズ関連NPO団体 ボランティア

 

>>環境系NPO団体
環境問題を研究し、環境問題の改善のため社会的な啓蒙運動を行うNPO団体です。
★環境系NPO団体求人情報★

エネルギー消費節約を呼びかける環境系NPO団体

ロサンゼルスNPO団体求人情報一覧はコチラからご覧いただけます。

キャリアエクスチェンジのロサンゼルスNPO団体ボランティアプログラムでは、アメリカの非営利団体の支援の現状を学べ、また地元に住むアメリカ人と交流することができるなど、留学と違った貴重な経験を得られたという参加者からのフィードバックあります。
これまで100名以上の方に参加いただき、満足度の高い海外ボランティアプログラムとして好評のプログラムです。プログラム参加者の体験談はコチラをご覧ください。